ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 事業者向け > 入札・契約 > 建設関係 > 制度・事務連絡等 >令和3年度 入札制度・事務手順等の変更について(お知らせ)

令和3年度 入札制度・事務手順等の変更について(お知らせ)

1.請負代金内訳書への法定福利費の明示について
令和3年4月1日以降に契約する100万円以上の工事(建築・設備工事、水道工事を除く)について、契約時に発注者へ提出する請負代金内訳書へ法定福利費の明示が必要になります。
詳しくは、
こちらのページをご覧ください。

2.押印廃止について
令和3年4月1日から、一部を除き提出書類の押印が不要です。
様式等については、以下のホームページに掲載しています。
出雲市建設工事 基本様式集
出雲市建設コンサルタント関係 基本様式集
建設リサイクル法に関する届出の様式集
建設工事等入札参加資格の変更申請について
簡易型一般競争入札 施工実績の事前提出について
出雲市小規模修繕工事等希望者登録の申請について
簡易型一般競争入札、総合評価方式入札、共同企業体様式等

3.簡易型一般競争入札・総合評価方式入札における平均点算出資料の提出方法の変更について
これまで以下の書類における添付資料として求めていた、出雲市発注工事の2年間の成績評定通知書(写し)の提出は不要とします。(様式の提出は必要です。)
「繰り上がり入札参加確認資料」
「施工実績調書(総合評価方式)(様式第2号)」
「繰り上がり入札参加確認資料(総合評価方式)(様式第3号)」

4.経営事項審査結果通知書(写し)の提出について
令和3年4月1日から、経営事項審査結果通知書(写し)の提出は不要とします。
ただし、登録工種で受審しなかった工種がある場合は変更届とともに結果通知書を提出してください。


5.特例監理技術者制度の取り扱い
(令和3年6月1日追加)
令和3年6月1日以降に入札公告する以下の工事について、特例監理技術者(監理技術者補佐を配置する工事の監理技術者)の配置が可能です。
・建設工事の種類が土木一式工事又は建築一式工事であること
・土木一式工事にあっては、予定価格が6,000万円以上1億5,000万円未満の工事
・建築一式工事にあっては、予定価格が1億円以上2億円未満の工事
詳しくは、
こちらのページをご覧ください。


6.令和3年度 建設工事の入札参加資格の設定について
(令和3年6月1日更新)
※以下に参考資料を掲載しています。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
財政部 管財契約課
電話番号:0853-21-6534

ページの先頭へ