ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 市政情報 > 出雲市の計画 >出雲市総合振興計画「出雲新話2030」を策定しました。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 市政情報 > 出雲市の計画 > 次期総合振興計画の策定 >出雲市総合振興計画「出雲新話2030」を策定しました。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 市政情報 > 出雲市の計画 > 総合計画等 >出雲市総合振興計画「出雲新話2030」を策定しました。

出雲市総合振興計画「出雲新話2030」を策定しました。

出雲市総合振興計画「出雲新話2030」

~「出雲力」で夢☆未来へつなげ誰もが笑顔になれるまち~


 出雲市総合振興計画は、まちづくりを進めるための基本的な方向を示す、本市の最上位の計画です。
 前出雲市総合振興計画 新たな出雲の國づくり計画「出雲未来図」では、まちづくりの将来像「げんき、やさしさ、しあわせあふれる縁結びのまち出雲」の実現のために、6つの基本方策と4つの戦略プロジェクトを掲げ、雇用創出や交流人口、定住人口の拡大等を重点的に取り組んできました。
 こうした取組により、定住人口17万人を維持し、雇用創出2,500人の目標を達成するなど、市民の約9割が住みやすいと感じるまちとして発展してきました。
 一方、急速に進む少子高齢化や、激動する国際・国内情勢の動向、頻発する大規模自然災害に対する安全安心意識・気候変動による環境意識・人生100年時代における健康意識の高まりなど、価値観やライフスタイルが多様化し、本市を取り巻く環境も大きく変化しています。
 さらに、令和2年(2020)1月以降、新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるい、市民生活や経済・文化活動に多大な影響が生じる一方で、デジタル化の進展や脱炭素の流れは、私達の生活様式にも大きな変化をもたらしました。
 このような変化に柔軟に対応するために、人口減少問題に立ち向かう「出雲市まち・ひと・しごと創生第2期総合戦略」やSDGs(持続可能な開発目標)の理念をふまえ、2030年のめざすべき将来の姿とそれを実現するための基本方策を示す、出雲市総合振興計画「出雲新話2030」を策定しました。

〈1〉計画の期間 令和4年度(2022)から令和11年度(2029) <8年間>

〈2〉基本理念  「だれもが」みんなが活躍するまちづくり
         「どこでも」地域の魅力を生かしたまちづくり
         「いつまでも」持続可能なまちづくり

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総合政策部 政策企画課
電話番号:0853-21-6614
FAX番号:0853-21-6752
メールアドレス:seisaku@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ