ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 妊娠・出産 > 出産 > 手当・助成 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 育児 > 手当・助成 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 病気・ケガ > 給付 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 > 医療費助成 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > 手当・助成 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > 医療・健康 >令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

妊娠/出産

令和3年度 小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」の改正について

 本市では子育てに係る経済的負担の軽減を図ることを目的として、小・中学生を対象とした「子ども医療費助成制度」を実施しています。
 令和3年度(令和3年4月診療分)から次のとおり子ども医療費助成制度を改正します。
 令和3年3月までの制度についてはこちらをご確認ください。

1.制度内容『令和3年4月診療分から助成開始』

 小・中学生の医療費を下の表のように助成する制度です。

区分 入院 入院外(通院・薬局等)
小学生 1割負担
※限度額(2,000円/月)

1割負担
限度額(1,000円/月)
※薬局等は無料
中学生
1割負担
限度額(2,000円/月)

3割負担
(助成なし)
 

※薬局等(薬局、柔道整復施術所、はり・きゅう及びあんま・マッサージ施術所、治療用装具製作所並びに訪問看護ステーション)。
※限度額とは1ヶ月、1医療機関(医科、歯科別)あたりの本人負担額の上限。
※生活保護を受けている場合は助成対象外。

2.申請方法

◆随時申請受付中◆ 【必要な物】お子さんの健康保険証
 令和3年1月頃に各小・中学校経由で保護者宛に送付された案内文書に従って申請してください。
 子ども医療費受給資格証(健康保険証と一緒に各医療機関で使用)を交付します。
(1)小学生の場合
〔申請はお早めに〕
 《令和3年3月末までの申請分》 資格証を3月末に郵送
  
 《令和3年4月以降 の申請分》 資格証を窓口にて即日交付
  
(2)中学生の場合
 子どもが入院する際に申請してください。

3.申請窓口

・出雲市役所本庁 子ども政策課
・各行政センター 市民サービス課
※県外での受診や治療用装具の購入等、子ども医療費受給資格証を使用できなかった場合は、後日払い戻しができますので、申請窓口で手続きをしてください。なお、払い戻しの手続きについては、お問合せください。

4.助成対象となる医療費

 助成の対象は、保険診療分のみです。入院時食事療養費、差額室料、文書料、検診代、病衣代、予防接種代、保険外併用療養費(200床以上の病院を受診する際、他の医療機関からの紹介状がない場合にかかる負担金)等は助成対象外です。

5.子ども医療費受給資格証を利用できる医療機関・薬局

 県内の医療機関・調剤薬局のほか、鳥取県・広島県等の一部の医療機関・調剤薬局 。

6.福祉医療費助成制度との関係

 福祉医療助成制度の対象となる場合には福祉医療等を優先(子ども医療との併用)します。
 ※ただし、福祉医療と子ども医療費助成内容が同一の場合は福祉医療のみを使用。


●0歳児から就学前のお子さんにかかる医療費の助成
 出雲市は、乳幼児等医療費助成制度により、0歳児から就学前のお子さんへの医療費の助成を行っています。
 助成の対象は、保険診療分のみです。
 医療費の助成を受けたい保護者の方は、お子さんの健康保険証をお持ちの上、市役所子ども政策課または行政センター市民サービス課で乳幼児等医療費受給資格証交付申請の手続きを行ってください。

●就学後から20歳未満のお子さんが慢性呼吸器疾患等16疾患群により入院したときにかかる医療費の助成
 出雲市は、乳幼児等医療費助成制度により、就学後から20歳未満のお子さんが慢性呼吸器疾患等16疾患群により入院したときの医療費の助成を行っています。
 医療費の助成を受けたい保護者の方は、領収書及び医療意見書等をお持ちの上、市役所子ども政策課または行政センター市民サービス課で乳幼児等医療費助成申請の手続きを行ってください。
 手続きの詳細については、出雲市役所子ども政策課(0853-21-6963)へおたずねください。

 乳幼児等医療費助成制度の詳細については、以下の関連情報をご覧ください。

関連情報

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
出雲市役所子ども政策課
電話番号:0853-21-6963
FAX番号:0853-21-6413

ページの先頭へ