ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 妊娠・出産 > 出産 > 手当・助成 > 乳幼児医療 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 育児 > 手当・助成 > 乳幼児医療 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 病気・ケガ > 給付 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 > 医療費助成 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > 手当・助成 >乳幼児等医療費助成制度

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > 医療・健康 > 乳幼児医療 >乳幼児等医療費助成制度

妊娠/出産

乳幼児等医療費助成制度

~お子さんの医療費を市が助成します~ 

四角乳幼児等医療費助成制度
  乳幼児等の医療費を下の表のように助成する制度です。

四角乳幼児等医療費助成の対象
  保険診療分のみです。入院時食事療養費、差額室料、文書料、検診代、病衣代、予防接種代、保険外併用療養費(200床以上の病院を受診する際、他の医療機関からの紹介状がない場合にかかる負担金)等は助成対象外です。
 

 

区 分

0歳 ~ 小学校就学前

就学後 ~ 20歳未満

0歳 ~ 満6歳に達する年度末

満6歳に達した年度の翌年度 ~ 20歳到達月の月末

慢性呼吸器疾患等16疾患群により入院した場合のみ助成対象

資格証

む ら さ き 色

資格証の交付はありません

自己負担額

通 院

入 院

薬 局 等

通 院

入 院

薬 局 等

本人負担

無 料

無 料

無 料

対象外

1割

対象外

負担上限額

15,000円/月(医療機関)


三角薬局等:薬局(病院内の薬剤科は対象外)、柔道整復施術所、はり・きゅう及びあんまマッサージ施術所、治療用装具製作所、訪問看護ステーション

三角慢性呼吸器疾患等16疾患群(平成30年4月以降)
(1)悪性新生物、(2)慢性腎疾患、(3)慢性呼吸器疾患、(4)慢性心疾患、(5)内分泌疾患、(6)膠原病、(7)糖尿病、(8)先天性代謝異常、(9)神経・筋疾患、(10)慢性消化器疾患、(11)血液疾患、(12)免疫疾患、(13)染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群、(14)皮膚疾患、(15)骨系統疾患、(16)脈管系疾患
※詳しくは、出雲保健所(TEL21-8785)にお問い合わせください。

四角払い戻しの手続き(申請期限:医療機関から請求を受けた日から2年以内)
  次のような場合、差額の払い戻し申請ができます。
 
◇出雲市乳幼児等医療費助成制度に対応していない県内の一部医療機関を受診したとき

◇乳幼児等医療受給資格証を利用できない県外の医療機関を受診し、2割負担をしたとき

◇コルセット、膝サポーター、義手、義足などの治療用装具を購入、装着したとき

◇小児弱視等の治療のための治療用眼鏡・コンタクトレンズを作成、または購入したとき

◇慢性呼吸器疾患等16疾患群により入院したとき
 

★健康保険を適用していない(10割負担の)領収書は受付できません。加入されている保険者(健康保険組合等)へ払い戻しについてお尋ねください。

三角払い戻しの手続きに必要なもの

 以下(1)~(4)は申請される方全員に必要なものです。

(1)領収書 (受診者名、診療点数記載のもの)

(2)印鑑 (朱肉を使うもの)

(3)受給資格者口座の通帳、又は、キャッシュカード

(4)乳幼児等医療費受給資格証

(5)医師の意見及び装具装着証明書(治療用装具の場合)

(6)眼鏡等作成指示書(治療用眼鏡、コンタクトレンズの場合)

(7)保険者からの支給決定通知書(治療用装具、治療用眼鏡、コンタクトレンズ等の場合)

(8)慢性呼吸器疾患等16疾患群に係る医療意見書(慢性呼吸器疾患等16疾患群の場合)

関連情報

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
出雲市役所子ども政策課
電話番号:0853-21-6963
FAX番号:0853-21-6413

ページの先頭へ