ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種について【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 >子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種について【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 > 予防接種 >子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種について【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種について【健康増進課】

子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種について【健康増進課】

子宮頸がん予防ワクチンについて

 平成25年(2013)6月14日付けで厚生労働省から、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について、積極的な勧奨を差し控えることとなりました。これを受け、本市においても積極的な勧奨を見合わせています。
 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではないため、定期接種対象の方で接種を希望される場合は、これまで同様、無料で接種していただけます。

◇子宮頸がん予防ワクチンの有効性とリスクについては、以下のリーフレットに掲載しています。
 HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(概要版)
 HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(詳細版)
 HPVワクチンを接種したお子様及びその保護者向けリーフレット
 HPVワクチンの接種に関係する医療従事者向けリーフレット
◇子宮頸がん予防ワクチンQ&A
 Q&Aについては、厚生労働省のホームページをご確認ください。

1 子宮頸がん予防ワクチン令和2年度定期接種対象者
  小学6年生~高校1年生相当の女子(平成16年4月2日~平成21年4月1日生まれ)

2 接種方法・接種場所
  市内実施医療機関に予約し、接種します。
  子宮頸がん予防ワクチンは2種類「⑴サーバリックス(2価ワクチン)⑵ガーダシル(4価ワクチン)」あります、
  事前に実施医療機関にワクチンの種類をご確認ください。

3 接種回数・接種間隔
 ⑴サーバリックス(2価ワクチン):3回接種
  1か月の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目の接種を行います。
  ただし、この接種間隔で接種できない場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から5か月以上、
  かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて3回目を接種します。
 ⑵ガーダシル(4価ワクチン):3回接種
  2か月の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目の接種を行います。
  ただし、この接種間隔で接種できない場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種し、2回目の接種から3か月以上の
  間隔をおいて3回目を接種します。
  
4 自己負担金
  無料(公費負担)

5 持参するもの
  母子健康手帳、予診票※
  ※予診票の交付について…事前に医療機関にワクチンの種類をご確認いただき、母子健康手帳を持参のうえ、出雲市健
   康増進課窓口もしくは各行政センター窓口へお越しください。


  
このページの
お問い合せ先
健康増進課 健康企画係
電話番号:(0853)21-6829
FAX番号:(0853)21-6965

ページの先頭へ