ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 各種申請書・様式ダウンロード > 分類 > 税金に関すること >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 各種申請書・様式ダウンロード > 組織別(課名別) > 財政部 >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 各種申請書・様式ダウンロード > 組織別(課名別) > 財政部 > 市民税課 >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 届出・手続・申請 >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 税金 >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 税金 > 市民税 >令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出について

 給与支払報告書は、給与所得者にとって市県民税の申告に代わる書類であり、給与所得者の令和4年1月1日現在における住所所在の市町村長に提出することが義務付けられています。(地方税法第317条の6)
 つきましては、次の事項に留意して作成していただき、提出をお願いいたします。    
 

令和4年1月1日から指定番号が変更になります


 出雲市で事業者様に附番している5桁の指定番号について、本市の課税システムの変更に伴い、令和4年1月1日以降変更となります。新指定番号については、出雲市からお送りする令和4年度給与支払報告書(総括表)に印字していますので、ご確認ください。

特別徴収税額当初・変更通知書の印字順が受給者番号順になります。 


 出雲からお送りする特別徴収税額当初・変更通知書の納税義務者様(従業員)の印字順について、これまでかな順で印字していましたが、令和4年度以降送付する通知書については、事業者様が給与支払報告書(個人別明細書)に記載している受給者番号順で印字します。(受給者番号は事業者様が従業員に附番している番号です。)
 記載がない場合は、出雲市で管理している番号順になりますので、ご注意ください。


給与支払報告書(個人別明細書)の提出対象者 


 令和3年中に給与等の支払いを受けた全ての受給者(パート、アルバイト等も含む)です。また、令和3年中の退職者についても提出が義務付けられていますので作成のうえ提出をお願いいたします。 
                                          

提出書類と部数

◆給与支払報告書(総括表)・・・・・・提出市町村ごとに1枚
◆給与支払報告書(個人別明細書)・・・1人について1枚                        
  ※給与支払報告書(個人別明細書)は、最寄りの税務署で入手願います。下記からダウンロードすることもできます。 

※給与支払報告書(個人別明細書)の記載については、国税庁ホームページをご覧ください。
令和3年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引【国税庁ホームページ】

◆給与支払者のマイナンバー本人確認(番号確認・身元確認・代理権確認)の書類
 ※給与支払者が個人事業主の場合(12桁のマイナンバー)が該当です。
 ※窓口持参の場合は、提示のみ。

 ○本人が提出する場合 
確認項目 提示(郵送の場合はコピーを同封)してもらう書類
本人の身元確認 マイナンバーカード(表面)、運転免許証、在留カード、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特別永住者証明書、国または地方公共団体の機関が発行した顔写真つきの証明書など
本人の番号確認 マイナンバーカード(裏面)、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し

 ○代理人が提出する場合
確認項目  提示(郵送の場合はコピーを同封)してもらう書類
代理人の身元確認  マイナンバーカード(表面)、運転免許証、在留カード、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特別永住者証明書、国または地方公共団体の機関が発行した顔写真つきの証明書など
本人の番号確認  マイナンバーカード(裏面)、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し
代理権確認資料  税務代理権限証書、委任状(コピー不可)など ※委任状については、任意の様式で構いませんが、下記のダウンロードにも掲載しています。

 

提出期限
 

令和4年1月31日(月)
早めの提出にご協力ください。
 

提出先
 

出雲市役所(市民税課)
〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地
 

注意事項

出雲市提出用の総括表を必ずご使用ください。
※総括表は、下記ダウンロードに掲載しています。 
◆個人住民税を給与引き去りする人(特別徴収)と、給与引き去りしない人(普通徴収)とをはっきりと区別するため、総括表(特別徴収、普通徴収の2種類)を使用して提出してください。
※総括表は、下記ダウンロードに掲載しています。                                
◆給与支払報告書を提出した後に、退職及び転勤等により給与引き去りが出来なくなった場合は、速やかに給与所得に係る特別徴収のしおりの「給与支払報告(特別徴収)に係る給与所得者異動届出書(第18号様式)」を提出してください。未提出の場合、令和4年度当初の税額通知(令和4年5月中旬頃通知)において特別徴収の該当者となります。  
◆給与支払報告書を提出した後に、「普通徴収から特別徴収(給与引き去り)へ変更」「特別徴収(給与引き去り)から普通徴収へ変更」したい場合は、各異動届を提出してもらうことになりますが、令和4年度当初の税額通知(令和4年5月中旬頃通知)に反映させたい場合は、令和4年4月15日(金)までに提出願います。令和4年4月16日(土)以降に届いた異動届については、変更通知(令和4年6月中旬頃発送)で対応致します。
※通常、出雲市では当月に届いた異動届については、翌月の通知で対応していますが、毎年5月中旬に発送する当初通知については、事務処理の都合上、地方税法で定めている4月15日を期限としています。ご協力をお願い致します。
◆給与支払報告書を提出した後に、内容を訂正したい場合は、訂正該当者分のみ訂正後の内容で給与支払報告書を再度作成し、必ず摘要欄に「再提出」と朱書きで明記してください。また、総括表にも再提出分であることを必ず明記願います。
※総括表は、出雲市役所(市民税課)の窓口に備えているほか、下記からダウンロードすることもできます。

 

特別徴収の徹底について

 令和元年度から島根県と県内全ての市町村では、法令遵守と従業員の方の利便性のために、特別徴収を徹底しています。事業者様は、所得税の源泉徴収と同様に毎月従業員に支払う給与から個人住民税を徴収(天引き)し、納税義務者である従業員に代わって、納入していただくことが法律で義務付けられています。
 特別徴収ができない場合は、普通徴収切替理由書(出雲市様式の総括表に添付)の提出と個人明細書の摘要欄に理由(記号又は略語)を記載することになっています。(記載がない場合は、特別徴収となります

記号 略語 普通徴収切替理由
A 2名以下 受給者総人員(下記B~F該当者を除いた合計)が2名以下の事業所
B 他特徴 他の支払者から支給される給与から個人住民税が特別徴収されている方(乙欄該当者)
C 少額 毎月の給与支払額が少額であり、個人住民税を引ききれない方
D 不定期 給与が毎月支給されていない方(不定期受給)
E 専従者 専従者給与が支給されている方(個人事業主のみ対象)
F 退職者 退職された方又は5月31日までに退職予定の方(休職者を含む)

※昨年度まで、特別徴収実施のため電算システムの改修が必要な事業所(略語G)がありましたが、基準の見直しのため、令和4年度から該当ではなくなりました。

個人住民税の特別徴収について【島根県税務課ホームページ】



提出方法について
 

給与支払報告書は、特別徴収、普通徴収ごとに仕分けて下記の順にそろえて提出願います。郵送でも受け付けます。

1.給与支払報告書(総括表 特別徴収用)
2.給与支払者のマイナンバー本人確認(番号確認・身元確認・代理権確認)の書類
 ※個人事業主(12桁のマイナンバー)の場合のみ提出
3.給与支払報告書(個人別明細書)《特別徴収該当者》
4.給与支払報告書(総括表 普通徴収用)
5.給与支払報告書(個人別明細書)《普通徴収該当者》

給与支払報告書のeLTAXまたは光ディスク等による提出義務について

 基準年(前々年の2020年1月)における給与または公的年金等の源泉徴収票の税務署への提出枚数が100枚以上であるときは、eLTAXまたは光ディスク等による提出が義務付けられていますのでご協力をお願いいたします。

給与支払報告書等のeLTAX又は光ディスク等による提出義務基準が引き下げられました(eLTAXホームページ)

eLTAXまたは光ディスクによる提出について 

                
○出雲市の指定番号をお持ちの場合は給与支払報告書(総括表と個人別明細書)の指定番号欄に指定番号を入力してください。給与支払報告書の提出依頼文書を出雲市から郵送した事業所様には、指定番号が入った総括表を同封していますので、その番号を入力してください。給与支払報告書の作成を代理人(税理士等)に依頼される場合は、必ずこの指定番号をお伝え願います。
⇒出雲市では、「指定番号」「事業所名」「事業所住所」「法人番号または個人番号」「利用者ID(納税者ID)」などで事業所判別をしています。この指定番号の入力がないと事務処理に時間を要するため、ご協力をお願い致します。
 
○eLTAXにおいて利用者IDを複数取得している場合は、誤りを防ぐためどちらか一方に統一してください。
⇒出雲市では、1つの利用者(事業者)に対して、1つの利用者IDおよび1つの指定番号で管理しています。よって、1つの事業所で複数の利用者IDを取得し、別々の利用者IDで「給与支払報告書の提出」「異動届の提出」「電子納税」をされますと、出雲市の税務基幹システムがそれぞれ別の事業者として処理をしてしまい、正しい事務処理ができなくなります。

○他の支払者がある場合は、摘要欄に入力するのではなく、他の支払者の各項目(住所、氏名、支払金額、社会保険料)に入力してください。また、「青色専従者」「租税条約免除」についても該当があれば摘要欄に入力するのではなく、各項目に「1」を入力してください。
⇒出雲市おいて、eLTAXで提出された給与支払報告書については、機械的に事務処理を実施しています。摘要欄の文字が多いと事務処理が煩雑になるためです。ご協力をお願い致します。

○特別徴収できない場合は、必ず、給与支払報告書(個人別明細書)の普通徴収欄に「1」を入力し、摘要欄に「A 2名以下」「B 他特徴」「C 少額」「D 不定期」「E 専従者」「F 退職者」のいずれかの理由を入力してください。入力がない場合は、特別徴収となります。【島根県統一基準(2019年度~)】

○令和4年度以降の特別徴収税額の変更通知(特別徴収義務者用)について、受け取り方法を電子データ正本または、書面+電子データ副本を選択された場合は、eLTAXを通じてデータを送付します。
 電子データ正本を選択された場合は、文書での送付は行いませんのでご注意ください。

eLTAXの詳細については下記をクリックして
個人住民税の特別徴収について【eLTAX(エルタックス)とは】をご覧ください


【重要】光ディスク等作成による注意点


FD、MO、CD-R、DVD-R等による給与支払報告書の提出にも対応しています。ご希望の場合は、ダウンロードにある「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」を提出願います。
光ディスクは、eLTAXによる提出と違い、エラーは出雲市のシステムへのデータ移行時に判明します。光ディスクで提出される場合は、必ず下記の総務省ホームページの作成要領などを熟読の上作成願います。

(例)下記の場合、出雲市のシステムへのデータ移行することができません。
・半角で入力する項目を全角で入力されている
・数値のみを入力する項目に文字が入力されている
・数値のみを入力する項目に半角のスペースが入力されている
・1番目の項目を「315」と入力するところ、別の番号が入力されている(法定資料の種類で「315」は給与支払報告書のことです)

一方、eLTAXの場合は、給与支払報告書作成時に入力項目に該当しない数値や文字列を挿入できないため、記載作成要領に沿った形でデータを作成することが可能です。出来る限りeLTAXでの提出をお願いします。

※作成方法については、下記をご覧ください。
個人住民税の給与支払報告書及び公的年金等支払報告書の光ディスク等による調製及び市町村への提出並びに特別徴収税額通知(特別徴収義務者用)の作成等について【総務省ホームページ】


下記エクセルファイルから各様式をダウンロードできます。※記載例もあります。
「給与支払報告書(総括表) ※特別徴収と普通徴収の仕切り紙も兼ねています」「給与支払報告書(個人別明細書)」「委任状(支払者が個人事業主の場合の代理権確認資料)」「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書
 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
財政部 市民税課
電話番号:0853-21-6898
FAX番号:0853-21-6832
メールアドレス:shiminzei@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ