ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 食育 > 毎月19日は「食育の日」 >「早寝・早起き・朝ごはん」でよい1日をスタートさせましょう

「早寝・早起き・朝ごはん」でよい1日をスタートさせましょう

1日の生活リズムは、「早寝・早起き・朝ごはん」からはじまります。朝ごはんを食べることは、眠っていた身体を目覚めさせる大切な役割があります。元気に1日を過ごすためにも、家族みんなで朝ごはんをしっかり食べましょう。


◆朝ごはんってすごい! 朝ごはんの効果

  *眠っていた脳を目覚めさせる*
    朝ごはんを食べることで、脳へのエネルギーが補給され、集中力が高まります。
  *睡眠中に下がった体温を上げる*
    体温を上げることでからだを目覚めさせ、午前中、元気に過ごすことができます。
  *胃や腸を刺激し、排便を促す*
    1日3回の食事で体内リズムを作ります。胃や腸が刺激を受けて排便を促します。

◆出雲市民の朝ごはんの摂取状況は?

 若い世代(20歳代)で朝ごはんを食べていない割合が高い状況です。また、食べている人も「主食のみ」、「主食+主菜」という栄養バランスがとれていない内容の人が多い現状です。
 
  朝ごはんの摂取状況

◆栄養バランスのとれた朝ごはんを食べましょう

    主食・主菜・副菜が揃った朝ごはんを食べましょう。忙しい朝、全部を作ることはたいへんです。前夜に準備するなど工夫しましょう。

  
栄養バランスとは・朝ごはんを食べる時のポイント
このページの
お問い合せ先
健康福祉部 健康増進課
電話番号:0853-21-6979
FAX番号:0853-21-6965
メールアドレス:kenkou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ