ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > いざという時に > 日頃からの備え >災害時の熱中症予防について【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >災害時の熱中症予防について【健康増進課】

災害時の熱中症予防について【健康増進課】

 近年、夏季に多くの災害が発生しています。気温や湿度が高い日には、被災住民やボランティア等の方々が熱中症にかかる危険性が高まるため、十分に対策を行うことが重要です。 さらに停電等が発生し、冷房器具が使用できない状況においては一層注意が必要です。
 熱中症は、死に至る可能性のある重篤な病気ですが、適切な予防・対処を行えば、防ぐことができます。災害時には、慣れない環境や作業で熱中症のリスクは高くなります。お互いに声をかけながら、十分に注意しましょう。

災害時の熱中症予防 ~避難生活・片付け作業時の注意点~

熱中症を予防するためには
1 暑さを避けましょう
  涼しい服装、日傘や帽子の活用、在宅避難等の場合はクーラーの積極的な活用
 のどが渇いていなくてもこまめに水分をとりましょう
3 暑さに関する情報を確認しましょう
  身の回りの気温・湿度・暑さ指数の確認、「熱中症警戒アラート」の活用
4 屋外ではマスクをはずしましょう
  屋内でも、人との距離が確保できて、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
避難生活における注意点
○被災や避難生活に伴う疲労・体調不良・栄養不足等により熱中症のリスクが高くなる可能性があります。
 避難生活では普段以上に体調管理を心掛けましょう。
高齢者、子ども、障がい者の方々は特に注意しましょう。
※やむを得ず車中泊をする場合、車両は日陰や風通しの良い場所に駐車しましょう。車用の断熱シート等も活用しましょう。
 また、乳幼児等を車の中で一人にさせないようにしましょう。夜間等寝るときはエンジン等をつけたままにすることは避けましょう。
片付け等の作業時の注意点
○作業開始前には必ず体調を確認し、体調が悪い場合は作業を行わないようにしましょう。
○できるだけ2人以上で作業を行い、作業中はお互いの体調を確認するようにしましょう。
休憩・水分補給は、一定時間毎にとるようにしましょう。
 また、休憩時には、日陰等の涼しい場所を確保しましょう。
暑い時間帯の作業は避けましょう
汗をかいた時は塩分の補給も
災害時の熱中症予防リーフレット
 災害時の熱中症予防
災害時の熱中症予防
 

詳細は下記ホームページをご参照ください

環境省熱中症予防サイト
熱中症警戒アラート(環境省)
暑さ指数(WBGT)(環境省)

関連情報

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部 健康増進課
電話番号:21-6829
FAX番号:21-6865

ページの先頭へ