ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 各種申請書・様式ダウンロード > 分類 > 税金に関すること > 軽自動車・その他 >【軽自動車税】商品用軽自動車等の軽自動車税(種別割)課税免除について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 各種申請書・様式ダウンロード > 組織別(課名別) > 財政部 > 市民税課 >【軽自動車税】商品用軽自動車等の軽自動車税(種別割)課税免除について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 税金 > 軽自動車税 >【軽自動車税】商品用軽自動車等の軽自動車税(種別割)課税免除について

現在位置: トップページ > 事業者向け > 行政情報 > 各種申請・届出様式 >【軽自動車税】商品用軽自動車等の軽自動車税(種別割)課税免除について

【軽自動車税】商品用軽自動車等の軽自動車税(種別割)課税免除について

 出雲市では、平成24年度から、車両番号標がある商品であって使用しない軽自動車等について、一定の要件を満たせば、軽自動車税(種別割)の課税免除(全額免除)を受けることができる制度を実施しています。
 なお、課税免除の申請は、毎年度必要です。

1.対象者

  古物営業法第3条の古物商の許可を受け、古物営業法施行規則第2条第4号の自動車または第5号の自動二輪車を取り扱うもの(以下、「販売業者」と言います。)

2.対象となる軽自動車等(車両番号標のあるもの)

 (1)4輪以上の軽自動車
 (2)3輪の軽自動車 
 (3)2輪の軽自動車(排気量が125cc超~250cc以下)
 (4)2輪の小型自動車(排気量が250cc超)

3.車両に関する要件

  次のアからオまでの全ての要件を満たしていること

  ア 申請年度の4月1日現在において、販売業者が商品(販売を目的として取得したもの)として所有しているもの
  イ 使用の本拠地または主たる定置場が市内であって、現に、市内において保有されているもの
  ウ 在庫商品として、古物営業法第16条に規定する古物の帳簿等に記載があり、かつ、現に展示されているもので、販売を目的としたもの
  エ 申請年度の4月1日現在において、所有者及び使用者の名義が、課税免除を受けようとする販売業者であること
  オ 軽自動車税(種別割)申告書に記載されている所有形態が「商品車」であること

4.車両の用途に関する要件

  車両の用途が次のいずれかに該当する場合、課税免除の対象外です。

  ・リース車、レンタカー等貸付を目的とするもの
  ・試乗または回送のため使用するもの
  ・社用車として使用するもの
  ・代用車(代車)として使用するもの
  ・取得時の走行距離数と申請年度の4月1日現在の走行距離数の差が100km以上のもの
  ・営業用であるもの(車検証の「自家用・事業用」の欄が「事業用」となっているもの)

5.申請期間・申請場所  

  申請期間  申請年度の4月10日まで(4月10日が土・日の場合は、次の月曜日まで)

  申請場所  市役所市民税課(2F)または各行政センター市民サービス課

6.提出書類

  (1)軽自動車税(種別割)課税免除申請書(下記のダウンロード参照)
  (2)「古物許可証」の写し
  (3)「自動車検査証」または「軽自動車届出済証」の写し
  (4)「古物台帳」の写し(課税免除申請する軽自動車等にアンダーライン等でしるしをつけてください)
  (5)展示状態が分かる写真(展示状況と車両番号が確認できるもの)を1台につき1枚 と
   申請年度の4月1日現在の走行距離数が分かる写真 

7.課税免除の決定

  課税免除の申請のあったものについて審査をし、課税免除に該当するものには、「軽自動車税(種別割)課税免除決定通知書」により、課税免除に該当しないものには、「軽自動車税(種別割)課税免除却下通知書」により通知します。

8.実地調査

  課税免除の申請内容確認のため、適宜、現地調査、帳簿閲覧等を行います。

9.取り消し

  課税免除決定を受けたものについて、課税免除の要件に該当しない事実が判明したときは、課税免除を取り消し、「軽自動車税(種別割)課税免除取消通知書」により通知します。

 

 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
財政部市民税課
電話番号:0853-21-6703
FAX番号:0853-21-6832
メールアドレス:shiminzei@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ