ここから本文です。

広報いずも テキストデータ

 このページは視覚に障がいがある方に向けた「広報いずも」のテキストデータを掲載しています。

 デイジー版(CD)声の広報が必要な方は、こちらをご覧ください(ページを移動します)。

 ページ下部に今月と前月のテキスト広報ダウンロード資料もあります。

 以下、7月19日発行 広報いずも8月号です。

 【凡例】 内容別に見出しを付けてあります。本文内は、大見出し●、中見出し◎、小見出し〇をつけています。

表紙

凛と美しく咲く 大輪の花火
○出雲神話まつり花火大会
 今年も花火のシーズンが到来しました。
 夏の夜空に凛と美しく咲く大輪の花火は、観客に感動と幸福感をもたらし、家族や友人と特別な瞬間を分かち合うことができます。
 夜風が心地よい河川敷で、迫力満点の花火を楽しんでみませんか。

出雲市市制施行20周年記念 第19回 出雲神話まつり

◎出雲盆踊り
○開催日 8月10日(土)
○16:00から オープニングイベント
○19:30から20:30まで 出雲盆踊り練り歩き
○会場 くにびき中央通り
○同時開催イベント 中心商店街夏祭り

◎花火大会
○開催日 8月17日(土)
○18:00から ステージイベント
○20:00から20:40まで 花火打上
○会場 大津神立河川敷公園

◎最新情報はSNSをチェック!
 インスタグラム、エックス(旧ツイッター)、フェイスブックのアカウント「出雲神話まつり」で検索してください。
 花火大会当日の開催または中止などの確認は、NTTテレドーム専用番号[電話]050-3665-9604までお願いします。

◎おたずね/出雲神話まつり振興会事務局 [電話]21ー8420

出雲市市制施行20周年記念 第46回 一畑薬師マラソン大会 出場者募集

 目のお薬師さんとして有名な一畑薬師周辺を走るマラソン大会を開催します。
 今年は、昨年起きた災害の影響のため、「代替コース」で開催します。 会場では、宍道湖産しじみ汁の無料サービスもあります。
 あなたもぜひ出場してみませんか。
〇とき 10月27日(日) 11:00から 一畑薬師山上スタート
○参加対象 満16歳以上(高校生であれば15歳も可)
○参加料 参加料3,000円(高校生は2,000円)
○種目 男女別5km(年齢別にクラス分けあり)
○定員 500名
○申込期間 8月1日(木)から9月10日(火)まで
○申込方法 インターネットでのみ申込を受け付けます。ホームページは「ランネット」で検索してください。URLは https://runnet.jp/です。
○募集要項 大会実行委員会事務局、市役所(文化スポーツ課)、各行政センター(地域振興課・市民サービス課)で配布しています。
○ご注意
(1)参加申込後における返金はしません。
(2)定員になり次第、募集を締め切ります。
○おたずね/一畑薬師マラソン大会実行委員会事務局 [電話]63-3699 [ファックス]62-1012 [所在地]〒691-0001 平田町2960-1 平田スポーツ公園内

令和6年度 出雲市職員採用試験 【後期試験】

 令和7年4月1日採用予定の職員採用試験を次のとおり行います。
 詳しくはホームページをご確認ください。

 

●一般職

◎申込受付期限/8月22日(木)まで

◎第1次試験/9月22日(日)

◎試験の種類 試験区分 採用予定人員 生年月日(令和7年4月1日現在の満年齢) 経験・免許・資格等(いずれも学歴は問いません)の順にお伝えします。 
○高校卒業程度試験 行政 若干名 平成15年4月2日から平成19年4月1日生まれ(満18歳から満21歳まで) 経験・免許・資格等は問いません。
○高校卒業程度試験 行政(身体障がい者対象) 若干名 昭和60年4月2日から平成19年4月1日生まれ(満18歳から満39歳まで) 身体障害者手帳の交付を受け、その障がいの程度が1級から6級までの人(令和6年9月22日までに交付される見込みの人を含む。)、活字印刷文による出題に対応できる人(今回の試験では、採用後に就く業務の内容が主に活字による書類を対象としたものになるため、点字による試験問題は用意しておりませんので、ご了承ください。)
○高校卒業程度試験 土木技師 若干名 平成17年4月2日から平成19年4月1日生まれ(満18歳から満19歳まで) 経験・免許・資格等は問いません。
○高校卒業程度試験 建築技師 若干名 平成17年4月2日から平成19年4月1日生まれ(満18歳から満19歳まで) 経験・免許・資格等は問いません。

◎採用予定人員は、変更する場合があります。

◎受験案内は、市役所本庁 人事課で配付しています。また、市のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 採用試験 後期」で検索してください。

◎おたずね/人事課 [電話]21-6797

 

●消防吏員

◎申込受付期限/8月22日(木)まで

◎第1次試験/9月22日(日)

◎試験の種類 試験区分 採用予定人員 生年月日(令和7年4月1日現在の満年齢) 経験・免許・資格等(学歴は問いません)の順にお伝えします。
○高校卒業程度試験 消防吏員 4名程度 平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれ(満18歳から満27歳まで)※ただし、救急救命士の資格を有する人は平成6年4月2日以降生まれ(満30歳)まで 経験・免許・資格等は問いません。

◎受験案内・申込書類は、消防本部 消防総務課で配付しています。また、出雲市消防本部のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 消防」で検索してください。

◎おたずね/消防総務課 [電話]21-2119

子宮頸がんを知っていますか?HPVワクチンで子宮頸がんを予防しましょう

 子宮頸がんは、若い年齢層で発症する割合が比較的高いがんで、患者は20歳代から増え始めます。子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因と考えられており、女性の多くが一生に一度は感染するといわれています。
○子宮頸がんにかかる女性 年間約1.1万人
○子宮頸がんで亡くなる人 年間約2,900人
○治療で子宮を失ってしまう人 年間約1,000人

 

●子宮頸がんで苦しまないために、できることが2つあります。

◎HPVワクチン
 HPVの感染を予防します。
 公費(無料)での接種期限は2025年3月まで! ※キャッチアップ接種対象者と高校1年生の接種期限です。中学3年生以下は接種期限が異なります。
○HPVワクチン接種の対象者(無料で接種ができる方)
(1)定期接種 小学校6年生から高校1年生相当の女性
(2)キャッチアップ接種 平成9年4月2日から平成20年4月1日生まれの女性
○接種期限にご注意ください
 接種期限を過ぎると、接種費用は自己負担(3回の接種で約10万円)となります。 接種完了までに約6か月の期間が必要です。 接種を希望される方は、遅くとも9月末までに接種を開始してください。
 ホームページは「出雲市 子宮頸がんワクチン」で検索してください。

◎子宮頸がん検診
 がんを早期発見し治療します。
 20歳以上の方は、定期的に受診を。

◎おたずね/健康増進課 [電話]21-6829

8020運動

 いつまでも 自分の歯で おいしく食べられるように 8020をめざしましょう

◎「8020運動」とは
 80歳で20本以上の自分の歯を保とうという運動です。
 歯は生涯の大切なパートナーです。いつまでもおいしく食事をしたり、楽しく会話をしたりするためには、日ごろからお口のケアを行い、多くの歯を残すことが大切です。
 島根県・島根県歯科医師会では、毎年「8020よい歯のコンクール」が実施されており、昨年度は、島根県で145名、出雲市では5名の方が8020を達成されました。

◎8020を達成された方のお話
(1)かかりつけの歯科医院に定期的に(半年に1回以上)行く。
(2)歯みがきを1日3回丁寧にする。
(3)歯間ブラシ、キシリトールガム、フッ素入りの歯みがき粉を利用している。
(4)好き嫌いなく、何でもよく食べる。
(5)固いものを食べるようにしている。 皆さんもこれらの秘訣を参考にして、自分の歯を守る習慣を身につけましょう。

◎効果的なブラッシングのポイント
○歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持つ
○磨きにくいところを丁寧に磨く
○歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目にあてる
○磨き残しを少なくするため、磨く順番を決める
○1日1回は、糸ようじ(デンタルフロス)や歯間ブラシを使う

◎令和6年度8020よい歯のコンクールについて
○令和6年度の8020よい歯のコンクール対象者
(1)昭和19年12月31日以前に生まれた方(今年満80歳以上になる方)で、十分機能している自分の歯が20本以上残っている方。
(2)今までに8020よい歯のコンクールの表彰を受けておられない方。
○応募方法/島根県歯科医師会会員の歯科医院へ8020よい歯のコンクール口腔内診査(無料)を申し込むことにより応募とします。
○応募および口腔内診査期間/9月6日(金)まで
○表彰/最優秀賞:1名、優秀賞:4名程度、優良賞:歯が20本以上残っている参加者全員

◎おたずね/健康増進課 [電話]21-6976

健康コーナー あなたの地区の健康づくり推進員が健康づくり活動の輪を広げています

 出雲市では、地域に根ざした健康づくり活動を推進するために、平成20年10月からコミュニティセンター単位に3名程度、出雲市全体で約130名の健康づくり推進員を委嘱しています。
 食のボランティアや地区のさまざまな組織、地区担当保健師と一緒に健康づくりをすすめ、活動の輪を広げています。

◎活動の紹介
 地域ぐるみの健康づくり活動をしています
○測定による健康チェック
○定期的な運動教室
○展示による啓発

◎今年度の健康づくり重点目標
 健康づくり推進員とともに楽しみながら取り組みましょう!
(1)自分に合った運動を知り継続しましょう。
○家庭で「ちょいトレ」
 買い物に行ったときは遠くに車を止めて歩く 家事をしながらストレッチ
○職場で「ちょいトレ」
 エレベーターより階段を使う 自転車で通勤する
(2)メディアとの適切な付き合い方を考えましょう。
○スマホやタブレット、パソコンの長時間の使用にご注意を!
 長時間使用することで目や首、肩に負担がかかります。スマートフォンでは利用時間の上限や使わない時間などの設定もできるので活用しましょう。
○夜間のメディア利用にご注意を!
 夜のメディア利用は睡眠に悪影響を与えるといわれています。 特に子どもは睡眠不足による発達・発育への影響が大きいので、質の良い睡眠のために家族みんなで気をつけましょう。

◎おたずね/健康増進課 [電話]21-6976

出雲市不妊治療費助成制度のご案内

 出雲市では、不妊治療を行っている夫婦の経済的な負担を軽減するため、医療保険適用の不妊検査および治療にかかる医療費について、費用の一部を助成します。
○助成額 1年間につき上限15万円
○助成期間 年数制限はありませんが、申請は1年ごとに必要です。
 上記制度のほか、不育症治療を行っている夫婦への助成制度もあります。
 詳しくは、市のホームページをご覧いただくか、健康増進課まで お問い合わせください。
 ホームページはそれぞれ「出雲市 不妊治療費助成制度」、「出雲市 不育症治療費助成制度」で検索してください。
○おたずね/健康増進課 [電話]21-6981

パスポートの申請・交付について

 窓口での手続内容をお知らせします。申請から交付までに日数を要するため、ゆとりをもって申請してください。 
 また、窓口の混雑により待ち時間が長くなる場合がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。

◎申請・交付場所 市役所本庁 市民課
〇月曜日から金曜日までの8:30から17:15まで(申請・交付) 
○第2日曜日と第4土曜日の8:45から12:00まで(交付のみ・予約制) 
 土日での交付は事前に電話予約が必要です。 
 予約枠に限りがありますので、お早めにご予約ください。
 祝日、年末年始(12/29から1/3まで)は業務を行いません。

◎申請について
 出雲市で申請できるのは、日本国籍を有し、出雲市内に住民票(または居所)がある方です。 
 パスポートの申請から交付までにかかる日数は、土日・祝日を除き7日間程度です。

◎必要書類 注意事項の順にお伝えします。
○一般旅券発給申請書
 10年用と5年用のどちらかを選んでください。
 18歳未満(未成年)の方は5年用のみ申請できます。
○戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)※発行日から6か月以内のもの
 家族で同時に申請する場合で戸籍が同一の場合は1通で受付できます。
○写真(縦4.5cm×横3.5cm)※6か月以内に撮影されたもの
 次の写真は受付できません。
 目に髪やメガネのフレームがかかっているもの、サングラスやカラーコンタクトを着用しているもの、ヘアバンドの装飾により頭部が隠れているもの、写真に傷や汚れがあるもの
○本人確認書類(原本のみ、コピー不可)
 1つで確認できるもの:運転免許証、マイナンバーカード等
 2つ必要とするもの:健康保険証、年金証書、学生証(写真付き)、在学証明書等
○前回発給を受けたパスポート
 有効期間が残っている場合は、必ず提出が必要です。

◎その他の注意点
〇有効なパスポートの切替:残存有効期間が1年未満になった場合や、査証欄に余白がなくなった場合、パスポート の記載事項に変更が生じた場合(氏の変更等)には、いつでも新しいパスポートに切り替えることができます。
○居所申請の場合は、住民票と居所を証明できる書類が必要です。(代理による申請はできません。)

◎交付について
○必要なもの
 引換証(申請時にお渡しします)
 手数料(収入印紙と島根県証紙で納付) 
 返納すべきパスポートがある場合はそのパスポート
○注意点
 年齢に関係なく、必ず申請者本人がお越しください。(代理による受け取りはできません。) 
 パスポートの発行日から6か月以内に受領しないと失効します。(失効してしまうと、次回申請時の手数料が高くなります。)

◎おたずね/市民課 [電話]︎21ー2315

手話奉仕員養成講座≪入門編≫

 聴覚障がいについての知識と、日常会話に必要な手話表現などの技術を学び、手話奉仕員として活動しませんか。
○期間/9月7日から令和7年3月22日※毎週土曜日・全24回・時間は10:00から12:00まで
○会場/出雲市社会福祉センター
○対象者/市内在住で、終了後に手話奉仕員として活動できる方。原則、全講座に参加でき、9月7日(土)の開講式に必ず参加できる方。インターネットに接続できるスマートフォンをお持ちの方(通信料は自己負担)。※入門編修了者を対象に、基礎編を次年度に開講予定です。
○定員/20名(先着順)
○受講料/無料。ただし、テキスト・クラウド代 6,050円程度が必要。  
○申込締切/8月21日(水)まで
○申込・問合せ先/出雲市社会福祉協議会 地域福祉課 [電話]23-3781 [ファックス]20-7733 [メール]fukushi@izumoshakyo.jp※メールでの申込・問合せの際は、件名に講座名を明記してください。
○おたずね/福祉推進課  [電話]21-6959 [ファックス] 21-6598

手話のミニ講座(初心者編)を開催します

 初心者向けのミニ講座を開催します。初心者編では、あいさつと自己紹介の手話を中心に行います。
 今年度は各コースのテーマに沿った手話もご紹介しますので、これまでの回に参加された方の参加も大歓迎です。 
 「手話ってどういうもの?」「手話は初心者だけど、少しやってみたい」と思っている方、以前参加したけど忘れてしまった方など、どなたでもご参加ください。
○Cコース
○日程/8月25日(日)の10:00から11:00まで
○テーマ/災害
○申込期限/8月16日(金)まで
○会場/市役所本庁1階 くにびき大ホール(今市町70番地)
○定員/各コース20人(ただし、応募者が5人に満たない場合は開催しませんので、あらかじめご了承ください。)  
○参加費/無料    
○対象者/出雲市にお住まいの方(中学生以上)  
○申込方法/電話、ファックス、メール、窓口受付のいずれか
○申込み・おたずね/福祉推進課 [電話]21ー6959 [ファックス]21ー6598 [メール]fukushi@city.izumo.shimane.jp

手話をやってみよう!

 今月は、「警察署」です。ぜひやってみてください!
(1)右手の親指と人差し指で半円を作って額にあてる。
(2)右手の5指を折り曲げ、指を下に向けて軽く下ろす。
 「出雲市YouTube やさしい手話」で検索してください。
○おたずね/福祉推進課 [電話]21-6959 [ファックス]21-6598

第57回 出雲市同和教育講演会 へこたれへん~人はきっとつながれる~

 入場無料。事前申込不要。手話通訳、要約筆記あり。
 同和問題をはじめ、さまざまな人権問題を一人一人が自分自身の問題としてとらえ、誰もが暮らしやすい社会にするために、何ができるか一緒に考えてみませんか。
○日時 8月24日(土)の14:00から16:00まで(13:00開場)
○会場 出雲市民会館 大ホール
○講師 松村智広(まつむら さとひろ)さん(みえ人権教育・啓発研究会 代表)
○講師プロフィール
 1957年、三重県伊賀市生まれ。大学卒業後、三重県伊賀市立中学校教員となる。
 その後、三重県人権センター調査研究員、(公財)反差別・人権研究所みえ(ヒューリアみえ)主任研究員、三重県教育委員会人権教育課長、伊賀市立中学校長を務め、2018年に定年退職。2021年まで、伊賀市隣保館長を務め、現在、みえ人権教育・啓発研究会 代表。
○おたずね/人権同和政策課 [電話]22-7506 [ファックス]22-7502 [メール]jinken@city.izumo.shimane.jp

ひとり親家庭への支援制度のご紹介

 ひとり親家庭の方が利用できる各種制度を紹介します。制度によっては、所得要件や事前に相談が必要なものもあります。まずは、お気軽にご相談ください。

◎母子父子自立支援員による相談
 各種制度の情報提供をするとともに、くらし・子育て・就労・養育費取得などさまざまな悩みごとの相談相手となり、問題解決のお手伝いをします。
 相談時間は平日8:30~17:00(受付16:30まで)です。
 事前に相談日時の予約をお願いします。
○おたずね 市役所本庁 子ども政策課
 市のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 ひとり親家庭のために」で検索してください。

◎母子父子寡婦福祉資金貸付制度
 子どもが修学するための資金や、母または父が技能を習得するための資金など、各種資金の貸付を行います。
○おたずね 市役所本庁 子ども政策課
 市のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 ひとり親家庭のために」で検索してください。

◎母子家庭等自立支援給付金事業
 母または父の就業を促進するため、資格が取得できる講座を受講する場合や養成機関で修業する場合に給付金を支給します。
○おたずね 市役所本庁 子ども政策課
 市のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 ひとり親家庭のために」で検索してください。

◎日常生活支援事業
 一時的に生活援助、保育サービスが必要な場合、家庭生活支援員を派遣します。
○おたずね 市役所本庁 子ども政策課
 市のホームページにも掲載しています。ホームページは「出雲市 ひとり親家庭のために」で検索してください。

◎児童扶養手当
 父母の離婚などにより、母または父と生計をともにしていない児童を養育している家庭の生活の安定と自立を助けるために支給します。
※所得・児童数で手当額が決まります。
○おたずね 市役所本庁 子ども政策課または各行政センター

◎福祉医療費助成制度
 ひとり親家庭の母(父)とその児童または両親のいない児童の医療費を助成します。(所得制限があります。)
○おたずね 市役所本庁 福祉推進課または各行政センター

◎就学援助制度
 経済的理由で小学校・中学校への就学が困難な児童・生徒の保護者に対し、学用品費や校外活動費などを援助します。
○おたずね 市役所本庁 教育政策課または各小・中学校

◎おたずね
○市役所本庁 子ども政策課 [電話]︎21-6218  [ファックス]21-6413 
○市役所本庁 福祉推進課 [電話]︎21-6959  [ファックス]21-6598
○市役所本庁 教育政策課 [電話]︎21-6190  [ファックス]21-6192
○平田行政センター  市民サービス課 [電話]︎63-5567  [ファックス]63-5533
○佐田行政センター  市民サービス課 [電話]︎84-0111  [ファックス]84-0579  
○多伎行政センター  市民サービス課 [電話]︎86-3111  [ファックス]86-3561
○湖陵行政センター  市民サービス課 [電話]︎43-1215  [ファックス]43-1433
○大社行政センター  市民サービス課 [電話]︎53-3116  [ファックス]53-4493
○斐川行政センター  市民サービス課 [電話]︎73-9110  [ファックス]73-9119

令和6年10月分(12月支給分)から児童手当制度が変わります

 国が定める「こども未来戦略」に基づき、ライフステージを通じた子育てに係る経済的支援の強化策の一環として、児童手当制度が改正・拡充されることとなりました。
※6月28日時点の情報を掲載しています。最新の情報は市のホームページで随時お知らせします。市のホームページは「出雲市 児童手当」で検索してください。

◎改正のポイント
○受給資格者の所得制限がなくなります。
 これまで所得超過により児童手当を受給していない方や、特例給付の受給者も児童手当を受給できます。 改正前と同様に、対象児童を監護(養育)する者のうち、生計中心者が受給資格者となります。
○0歳から18歳になる年度末(高校生年代)までの児童が支給対象になります。 これまでは、0歳から15歳になる年度末(中学生年代)までが支給対象でした。
○第3子以降の手当月額が30,000円になります。(月額10,000円たす加算20,000円) これまでは、0歳から高校生年代までの子をカウントし、3人目以降で0歳から12歳になる年度末までのお子さんの手当月額は15,000円でした。
○「第3子以降」のカウント方法が変わります。 加算対象となるのは、0歳から22歳になる年度末(大学生年代)までの子の人数をカウントし、3人目以降で0歳から高校生年代までのお子さんです。
※18歳年度末~22歳年度末までの子については、受給資格者が監護相当の経済的負担をしている場合に限ります。
○例えば、21歳の大学生、17歳の高校生、14歳の中学生がいるご家庭の場合、9月分までは14歳の中学生のみが支給対象なので、手当月額は10,000円です。
 10月からは、17歳の高校生も支給対象になるので、手当月額は10,000円かける2人の20,000円に加え、21歳の大学生も含めて第3子となる中学生に対し20,000円が加算されるため、合計の手当月額は40,000円になります。
○手当の支給時期が年6回になります。
 12月以降は、偶数月にその月の前2か月分の手当を支給します。(例:10と11月分は12月に支給。その次は2月に支給)

◎児童手当の制度改正に伴う手続について
○新しい制度での児童手当を受け取るために、手続が必要な場合と不要な場合があります。
○対象年齢のお子さん(平成18年(2006)4月2日以降生まれ)がいらっしゃる世帯には案内文書を7月末に郵送します。
○詳しい制度内容や手続方法については、案内文書をご覧いただくか、市のホームページでご確認ください。
○公務員の方は、勤務先で手続についてご確認ください。
○生計中心者が市外にお住まいの方は、その市区町村で手続についてご確認ください。

◎おたずね/子ども政策課 [電話]21-6963

定額減税補足給付金(調整給付金)のご案内

 令和6年度税制改正に伴い、令和6年分所得税と令和6年度住民税(市県民税)所得割について、定額による特別控除(定額減税)が実施されることになりました(納税義務者と扶養親族1人につき4万円)。 この額を控除しきれないと見込まれる方に対し、控除不足額に相当する額の給付金を支給します。

◎対象となる方
 次の(1)から(3)までの全てに該当する方
(1)令和6年度住民税が出雲市から課税されている方
(2)令和6年度住民税所得割および令和6年分推計所得税の少なくとも一方が定額減税の対象となっている方
(3)納税義務者と扶養親族1人につき4万円(所得税3万円、住民税1万円)の定額減税額が控除しきれない方
 減税前の税額から定額減税しきれない額を、1万円単位で調整給付金として支給します。

◎手続き
 対象となる方に、8月上旬以降にお知らせ文書を送付します。 
○公金受取口座を指定されている方
 指定の口座に振り込みます。(手続不要) 
○公金受取口座を指定されていない方
 送付された文書に必要事項を記入のうえ、返送してください。 
 受付期間/10月31日(木)まで(返送の場合、当日消印有効) 
 申請先/出雲市役所本庁2階 市民税課「定額減税補足給付金」窓口

◎支給時期
○公金受取口座を指定されている方
 お知らせ文書に記載します。
○公金受取口座を指定されていない方
 市が返送文書を受理した日から、おおむね3週間後に支給します。

◎国のホームページは「新たな経済に向けた給付金・定額減税一体措置」で、市のホームページは「出雲市 定額減税補足給付金」で検索してください。

◎おたずね/市民税課(定額減税補足給付金窓口) [電話]21−6761 [ファックス]21−6832 [メール]shiminzei@city.izumo.shimane.jp

低所得世帯支援給付金のご案内(新たに住民税非課税世帯または住民税均等割のみ課税世帯となった世帯への給付)

 エネルギー・食料品等の価格が高騰している状況から、特に家計への影響が大きい低所得世帯の生活を支援するため、給付金を支給します。
 詳しくは、市のホームページに掲載しています。ホームページは「出雲市 低所得世帯支援給付金」で検索してください。

◎対象世帯及び支給額
(1)低所得世帯への給付
○支給額 1世帯あたり10万円
○対象世帯 令和6年6月3日に出雲市に住民登録があり、世帯全員の定額減税前の令和6年度住民税所得割が課税されていない世帯
※住民税が課税されている親族等の被扶養者のみで構成された世帯は除きます。
※令和5年度または6年度において、7万円または10万円の給付金の支給対象となった世帯を除きます。
(2)低所得者子育て世帯への加算
○支給額 児童1人あたり5万円
○対象児童 (1)の世帯に扶養されている平成18年4月2日以降生まれの児童 
○その他 令和6年6月4日以降に生まれた児童および令和6年6月3日時点で寮に寄宿するなど別世帯の児童も支給対象となります。給付金の受給には申請が必要です。申請方法は市のホームページをご覧ください。

◎手続き
 対象世帯に対し、7月中旬以降に「確認書」を送付します。必要事項を記入のうえ、返送してください。 
○受付期間 10月31日(木)まで(返送の場合、当日消印有効) 
○申請先 出雲市役所本庁1階 福祉推進課「低所得世帯支援給付金」窓口

◎支給時期 市が確認書を受理した日から、おおむね3週間後に支給します。

◎おたずね/福祉推進課(低所得世帯支援給付金窓口) [電話]21−6761 [ファックス]21−6598 [メール]fukushi@city.izumo.shimane.jp

出雲市中小企業者等物価高騰対策省エネ支援補助金の第3次公募について~省エネ・省電力設備への更新等を支援します!~ 

 電力・ガス等の価格高騰対策として、島根県が実施するエネルギーコスト削減対策緊急支援事業補助金を受けた事業者に対し、県補助金の確定額に上乗せで補助することで、中小企業者等が行うエネルギーコストの削減に資する取組を支援する「出雲市中小企業者等物価高騰対策省エネ支援補助金」の第3次公募(令和6年度公募)を受付中です。
◎制度概要
○補助対象者・補助率等 市内に事業所または店舗を持ち、市税の滞納がない中小企業者等のうち、次のいずれかの該当者が対象です。
(1)島根県ものづくり産業エネルギーコスト削減対策緊急支援事業補助金の受給者
ア.県の補助率が1/2 以内の事業者
イ.県の補助率が2/3 以内の事業者      
(2)島根県飲食・商業・サービス業等エネルギーコスト削減対策緊急支援事業補助金の受給者
ア.県の補助率が1/2 以内の事業者     
イ.県の補助率が2/3 以内の事業者 ※県補助対象経費の額により、補助率に例外があります。詳しくは、市のホームページをご覧ください。
○申請方法等
 補助要件の島根県補助金の補助金額確定通知書を受領後、本市に対し、申請書に必要書類を添えて申請してください。
※手続の流れ、制度の詳細、必要書類等は、市のホームページをご覧ください。ホームページは「出雲市 省エネ補助金」で検索してください。

◎申請期限 令和7年2月28日(金)まで(必着)

◎おたずね/商工振興課 [電話]21-6572   

出雲縁結び空港 出雲静岡線キャッシュバックキャンペーンを実施中!

 島根県または鳥取県在住者が静岡線をご利用の場合、片道あたり5,000円(往復10,000円)をキャッシュバックします。
 夏の静岡旅行にぜひご利用ください!
○対象期間 8月31日(土)搭乗分まで
※予算の上限に達した場合は補助を終了します。その際は、協議会ホームページでお知らせします。
○補助額 片道あたり5,000円(往復10,000円)
※1名につき10,000円が上限
○詳しくは、21世紀出雲空港整備利用促進協議会ホームページをご覧ください。
 ホームページは「21世紀出雲空港整備利用促進協議会」で検索してください。
○おたずね/21世紀出雲空港整備利用促進協議会事務局(交通政策課内) [電話]21-6819

介護保険通信 令和6年度の介護保険料をお知らせしています

 第1号被保険者(65歳以上の人)の令和6年度の介護保険料を決定しました。
 7月中旬に被保険者の皆さんへお送りする「介護保険料賦課決定通知書(本徴収)」をご確認ください。

◎介護保険料の納め方
 原則として年金からの引き去りで納めていただきます。
 年金額等に応じて納め方が異なります。

◎あなたの年金額は?
 年額18万円(月額1万5千円)以上 特別徴収(年金の定期払い(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ引き去りされます。)
 年額18万円(月額1万5千円)未満 普通徴収(偶数月に、口座振替または納付書で納めます。)
※特別徴収と普通徴収を併用する場合があります。

◎こんなときは普通徴収になります
○特別徴収の人の保険料額が本算定後、変更になったとき
 増額の場合は特別徴収と普通徴収の併用徴収となります。
 減額となった場合、翌年の8月までは普通徴収となります。
○他の市区町村から転入した人
 前住所地で年金から引き去りされていた人も、当分の間、普通徴収となります。
○年金担保融資を受けたとき、または年金の現況届の提出が遅れたときなど
 年金からの引き去りができなくなるため、当分の間、普通徴収となります。
○65歳になった人
 65歳到達後、約6から8か月間は普通徴収となります。

◎仮徴収と本徴収
○仮徴収
 4月(第1期)、6月(第2期)、8月(第3期)
 前年度の保険料額をもとに計算した仮の年間保険料額の半額を3回に分けて納めます。
○本徴収
 10月(第4期)、12月(第5期)、2月(第6期)
 令和5年中の収入等をもとに確定した年間保険料額から仮徴収分を差し引いた残りの額を3回に分けて納めます。

◎保険料を納めないでいると
○1年以上滞納すると、
 利用者がいったんサービス費用の全額を負担し、その後、申請により費用の保険給付分(7~9割)が支給されます。
○1年6か月以上滞納すると、
 利用者がいったんサービス費用の全額を負担し、その後申請しても費用の保険給付分(7~9割)は支給されず、滞納保険料に充てられることがあります。
○2年以上滞納すると、
 利用者がいったんサービス費用の全額を負担し、その後申請しても費用の保険給付分(7~9割)は支給されず、滞納保険料に充てられることがあります。さらに、利用者の負担割合が3割または4割に引き上げられます。

◎困ったときはご相談を!
○災害等の特別な事情により、一時的に保険料が納められなくなったときは、保険料の減免や猶予を受けられる場合があります。高齢者福祉課までご相談ください。
○期限までに保険料の納付が困難な場合は、収納課([電話]︎21-6647)へご相談ください。

◎65歳以上の人の介護保険料の決め方
 保険料段階、年額、条件の順にお伝えします。
○第1段階 21,409円 生活保護を受けている、または、本人及び世帯全員が住民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額とその他の合計所得金額の合計が80万円以下
○第2段階 33,804円 本人及び世帯全員が住民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額とその他の合計所得金額の合計が80万円を超え120万円以下
○第3段階 51,457円 本人及び世帯全員が住民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額とその他の合計所得金額の合計が120万円を超える
○第4段階 67,608円 世帯の中に住民税が課税されている人がいるが、本人は住民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額とその他の合計所得金額の合計が80万円以下
○第5段階 75,120円 世帯の中に住民税が課税されている人がいるが、本人は住民税非課税で、本人の前年の課税年金収入額とその他の合計所得金額の合計が80万円を超える
○第6段階 90,144円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が120万円未満
○第7段階 97,656円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満
○第8段階 112,680円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満
○第9段階 127,704円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が290万円以上400万円未満
○第10段階 142,728円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が400万円以上640万円未満
○第11段階 165,264円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が640万円以上700万円未満
○第12段階 172,776円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が700万円以上800万円未満
○第13段階 180,288円 本人に住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得金額が800万円以上
 年間保険料を計算した結果、年額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。
 「合計所得金額」とは、収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額のことです。なお、長期譲渡所得や短期譲渡所得がある場合には、それにかかる特別控除額を差し引いた金額を用います。
 「その他の合計所得金額」は、合計所得金額から公的年金等に係る雑所得を差し引いた金額のことです。 
 第1から5段階までの「その他の合計所得金額」に給与所得が含まれている場合は、給与所得から10万円を控除した金額を用います。

◎おたずね/高齢者福祉課 [電話]21-6212 

老老介護支援事業について

 市では、在宅で高齢者が高齢者を介護している世帯への支援を行うため、次の支給要件を全て満たす世帯に「老老介護生活支援サービス券」(以下「サービス券」といいます。)を支給しています。

◎支給要件
(1)世帯全員が65歳以上(※世帯状況は実態で判断します。)
(2)世帯全員が住民税非課税 
(3)世帯の中に要介護1以上の方がいる ※入院や施設入所中の場合は対象となりません。

◎支給するサービス券の額
 1か月あたり3,000円分(500円券×6枚) ※年間あたり36,000円分が上限です。
※支給要件に該当する期間に応じた枚数を決定し、一括支給します。

◎サービス券の利用について
 サービス券は、市が指定しているサービス提供事業者で、下記のサービスを利用された場合、その支払に充てることができます。

◎対象サービス(いずれも介護保険の給付では対象とならないサービス)
 サービス サービスの内容の例の順にお伝えします。
○家屋等修繕 障子・襖はりなどの屋内外の簡単な修繕、電球取替えなど
○家事支援 食料品の買物、居室の清掃、草取り、庭木の剪定、洗濯など
○病院等介助 病院の通院や買物の付き添いなど
※物品の購入や家屋修繕の材料費、タクシー代等には利用できません。

◎申請方法
 市から対象と思われる世帯には、7月中旬以降、順次、申請書を送付します。サービス券を希望される方は、申請書に必要事項を記入のうえ、提出してください。申請後、市が支給要件に基づいて審査し、支給の可否を決定したうえで、結果通知書・サービス利用券を送付します。

◎おたずね/高齢者福祉課 [電話]21-6967

わくわく出雲生活実現支援事業 ~東京圏からの移住者向け移住支援金~

 東京23区(5年以上在住者または5年以上通勤者)から出雲市へ移住し、移住支援金の対象法人として登録された中小企業等に就業した方に、移住支援金(世帯:100万円、単身:60万円)を支給します。
※18歳未満の世帯員と移住する場合は、18歳未満の子1人につき100万円を加算します。
 公益財団法人ふるさと島根定住財団のしまね移住ポータルサイト「くらしまねっと」に移住支援金対象として掲載された求人に応募して就職決定し、かつ東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)から出雲市に移住した方が、申請されることで、移住支援金を支給します。
※東京圏のうち、条件不利地域は対象外。条件不利地域の詳細は、縁結び定住課へおたずねください。

◎就業に関する要件 「くらしまねっと」に掲載された移住支援金の対象求人に新規に就業された方

◎移住に関する要件 次の(1)と(2)の両方に該当する方
(1)移住元の要件(次の要件の全てに該当すること)
○出雲市へ住民票を移す直前10年間のうち、通算5年以上、東京23区に在住または東京圏から東京23区内に通勤していたこと。
○出雲市へ住民票を移す直前に連続して1年以上、東京23区に在住または東京圏から東京23区内に通勤していたこと。(ただし、東京23区内への通勤の期間については、住民票を移す3か月前までを当該1年の起算点とすることができる。)
(2)移住先の要件(次の要件の全てに該当すること)
○移住支援金の申請時において、出雲市に転入後1年以内であること。
○出雲市に、移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思があること。
 移住支援金の対象要件は、この他にも起業やテレワーク等に関する要件があります。  
 まずは、下記までおたずねください。

◎おたずね/縁結び定住課 [電話]21-6629 [メール]teijyu@city.izumo.shimane.jp

『日本の心のふるさと出雲』 応援寄附のPRにご協力をお願いします!

◎令和5年度は約40,000件、約15億7,500万円のご寄附をいただきました。
 出雲の魅力発信にもつながる「日本の心のふるさと出雲」応援寄附について、市外にお住まいの皆さまにご紹介いただきますようご協力をお願いします。
 ご寄附をいただいた市外在住の皆さまに、魅力ある出雲の返礼品をお届けします。(出雲市在住の人が寄附をされても返礼品を送ることはできません。)返礼品は約840品の中からお選びいただけます。
 ふるさと寄附の申込について、詳しくは、市のホームページをご覧いただくか、縁結び定住課までおたずねください。

◎寄附金は、さまざまな事業で活用させていただきます。
 令和5年度は皆さまからのご寄附を活用し、下記事業などを実施しました。(一部抜粋)
○出雲シティセールス事業(プロスポーツ化支援)
 女子プロサッカーリーグ2部昇格を果たしたディオッサ出雲FCの支援を行いました。
○文化財保護事業
 国、県及び市が指定する文化財の保存管理や活用の取組を行いました。

◎おたずね/縁結び定住課 [電話]︎21-6274 [メール]izumo-brand@city.izumo.shimane.jp

「ゼロカーボンチャレンジ2024夏」参加者募集中! みんなの力でストップ!地球温暖化

 出雲エコなび。ホームページは「出雲エコなび」で検索してください。
 チャレンジ期間中に5日以上、省エネなどのチャレンジ項目の中からできることを実践していただきます。(チャレンジ項目例:使っていない部屋の電気を消す、マイバッグで買い物をする 等) 実践後に結果を報告していただいた方には、エコグッズをプレゼントします。また、項目・日数に応じてポイントを獲得でき、100ポイント以上獲得された方の中から抽選で、地元産品の詰め合わせをプレゼントします。
○対象 出雲市にお住まいの方 または 出雲市内の事業所や学校に通勤通学されている方
○チャレンジ期間 7月19日(金)から8月31日(土)まで
○報告期間 9月13日(金)まで
○参加方法やチャレンジ項目など詳しくは、ホームぺージ「出雲エコなび」をご覧ください。
 出雲市は、2050年までに「二酸化炭素(CO₂)排出実質ゼロ」(ゼロカーボン)をめざし、ゼロカーボンシティ宣言を行っています。
 CO₂排出実質ゼロとは、人の生活からのCO₂排出量と、森林などによるCO₂吸収量とを等しくすることです。

「エコ川柳」を募集します!

 「中学生以下の部」を新設しました!
○募集内容 環境保全や省エネなど、エコをテーマとした自作川柳で、未発表のもの。(1人3句まで)
○応募資格 出雲市にお住まいの方 または 出雲市内の事業所や学校に通勤通学されている方
○部門 一般の部、中学生以下の部
○応募方法 必要事項(作品、部門、氏名、ペンネーム(公表用)、年齢、郵便番号、住所、電話番号)を明記のうえ、ホームページ「出雲エコなび」お問い合わせフォーム、電子メール、ファックス、郵送のいずれかでご応募ください。
○応募締切 11月11日(月)まで(当日消印有効)
○受賞区分 「一般の部」「中学生以下の部」ともに、大賞、優秀賞、入賞 数点を選考します。受賞者には副賞を贈呈します。
○注意事項や応募方法など詳しくは、ホームぺージ「出雲エコなび」をご覧ください。
○応募先・おたずね/出雲市地球温暖化対策協議会(環境政策課内) [所在地]〒693-8530 出雲市今市町70番地 [メール]kankyou-seisaku@city.izumo.shimane.jp [ファックス]21-6597

不法投棄(ごみのポイ捨て)は犯罪です!

 出雲市では、事業者や地域の代表者、教育関係者などと「出雲市ポイ捨て禁止推進協議会」を設置しており、ポイ捨て禁止啓発キャンペーンを行っています。また、島根県や地域との連携による不法投棄防止合同パトロールなどの取組も行っています。
 不法投棄は犯罪です。見つけたら警察[電話]24-0110または環境政策課へご連絡ください。
 不法投棄をされないために草刈や柵の設置、定期的な見回りなどを行い、不法投棄をされにくい環境をつくりましょう。
○おたずね/環境政策課 [電話]︎21-6989

8月は「道路ふれあい月間」

○渡ります 元気な命が 歩いてます(令和6年度 道路ふれあい月間推進標語 入選作品(国土交通省))
 8月は、「道路ふれあい月間」です。みんなで道路や河川の役割や大切さを再確認し、次のことに気をつけ、身近な財産を地域全体で守っていきましょう。

◎道路に関する情報提供
 道路を安全で快適に利用できるよう、市では道路パトロールを行い、維持管理に努めています。
 「道路が陥没している」「水路が破損している」「街路灯が消えている」「カーブミラーが壊れている」などの異常を発見された場合、また、歩道や道路上で不法な立看板や放置自転車などを発見された場合は、情報提供をお願いします。

◎地域で取り組む活動
 地域でのボランティア清掃活動に対し、助成金を交付することができる「道路・河川ふれあい愛護活動支援制度」を設けています。助成金の交付には要件がありますので、ご相談ください。

◎樹木管理にご協力ください
 山林等の樹木が、道路上に倒れたり枝などが張り出したりすると、通行の支障となり、歩行者や車両を巻き込む事故につながる恐れがあります。
 道路へ倒れる危険性のある樹木や枯れ木については、定期的に巡回し、所有者において伐採などの適切な管理をお願いします。

◎道路に関する情報はホームページで「出雲市 道路の記事」で検索してください。

◎道路・河川の維持管理についてのおたずね
本庁 道路河川維持課 [電話]︎21-6213/[電話]︎21-6564
平田分室 [電話]︎63-5537
佐田分室 [電話]︎84-0116
斐川分室 [電話]︎73-9130

農地を守りましょう

 “農地”を守ることは、食料の安定供給を図るだけでなく、水を溜める湛水機能があるなど、私たちの生活を守ることにつながります。
 農地を守ることを目的として制定された農地法は、所有者等に対し、農地の適切かつ効率的な利用を義務付け、また、無秩序な開発を防止するため、次のとおり農地の転用を規制しています。
 農地の転用には、自分の所有する農地を駐車場として使用するなど転用する場合(農地法第4条)や、農地の権利移動(売買等)を伴って転用する場合(農地法第5条)等があり、いずれも農業委員会の許可が必要になります。(農業委員会の許可がなければ、法務局で登記できません。)
 許可なく転用された場合や転用許可に係る事業計画どおりに転用していない場合等は、農地法に違反することになり、元の農地に戻すこと(原状回復)等が命令されたり、3年以下の懲役または300万円以下の罰金(法人の場合は1億円以下の罰金)が科せられたりすることもあります。
 また、雑草が生い茂り、周辺の方に迷惑をかけるようなケースが見受けられます。農地の管理は、土地の所有者等に課せられた責務ですので、適切な管理をお願いします。
 農地に関する相談・転用に関する手続や疑問、違反転用に関することなどは、農業委員会にご相談ください。
○おたずね/農業委員会事務局 [電話]21-6762

出雲市 小・中学生プログラミング教室

 子どもから大人まで楽しくプログラミングを学べるツール「スモウルビー」を使ってプログラミングを学び、オリジナルのゲームを作ってみませんか?
○日時 9月7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)の9:00から12:00まで(全4回)
○会場 株式会社日本ハイソフト 研修センター(出雲市西新町1丁目2547-3)
○参加費 無料
○定員 15名程度(先着順)
○申込期限 8月30日(金)まで
○対象 出雲市内の小学5年生から中学3年生まで(全4回に継続して参加できる方)
○申込 ホームページでの事前申込みが必要です。
 スケジュールや申込方法など詳しくは、市のホームページをご確認ください。
 ホームページは「出雲市小中学生プログラミング教室」で検索してください。
○おたずね/産業政策課 [電話]24−7620 メール koyou@city.izumo.shimane.jp

出雲市の情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況をお知らせします

●情報公開制度の運用状況(令和5年4月1日から令和6年3月31日まで)
◎実施機関別公開請求件数及び公開等の決定状況
 実施機関 請求件数 対象公文書数 決定等の状況は、全部公開 部分公開 非公開 文書不存在の順にお伝えします。
○市長 40 98 21 77 0 3
○議会 2 3 1 2 0 0
○教育委員会 4 12 7 5 0 1 
○消防本部 3 3 0 2 1 0
○水道事業 2 6 0 6 0 0
○下水道事業 5 2 0 2 0 3
○合計 56 124 29 94 1 7
※決定等の状況が「文書不存在」の場合、対象公文書数に含みません。
※令和5年度は、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び病院事業への公開請求はありませんでした。

◎審査請求件数 0件

 

●個人情報保護制度の運用状況(令和5年4月1日から令和6年3月31日まで)
◎実施機関別自己の個人情報の開示請求件数及び開示等の決定状況
 実施機関 請求件数 対象公文書数 決定等の状況は、全部開示 部分開示 非開示 文書不存在の順にお伝えします。
○市長 24 69 57 12 0 2
○合計 24 69 57 12 0 2
※決定等の状況が「文書不存在」の場合、対象公文書数に含みません。 
※令和5年度は、議会、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、消防本部、水道事業、下水道事業及び病院事業への開示請求はありませんでした。

◎自己の個人情報の訂正等の請求及び利用停止等の請求件数 0件

◎審査請求件数 0件

 

●おたずね/総務課 [電話]21-6756

生涯学習講座 受講者募集

 学びは豊かな人生の第一歩!あなたの生涯学習を応援します!

 

●放送大学島根学習センター公開講演~細胞の中の社会 ~タンパク質の生産と輸送~
 細胞は、その領域によって違った機能を持っており、必要とされるタンパク質も異なっています。
 今回の講演では、タンパク質の合成過程と、それらが選別され、その機能部位へと正確に運ばれる「メンブレントラフィック」という細胞内システムについて学びます。
○日時/8月31日(土)の14:00から15:30まで
○会場/市役所本庁 くにびき大ホール
○受講料/無料
○講師/放送大学島根学習センター 尾崎浩一(おざき こういち)氏
○定員/50名
○応募締切/8月14日(水)まで
○共催/放送大学島根学習センター
○しまね電子申請から応募の場合、「出雲市しまね電子申請サービス」サイト内の検索キーワードで「細胞の中の社会」で検索し、必要事項を入力のうえお申込みください。

 

●防災の日に考える!今から始める防災対策講座~自助力を高めよう~
 令和6年能登半島地震の復興支援を行った方から現地の様子や、被災者が避難所で困っていたことをうかがいます。また、日常からできる備蓄などの防災対策や、実際に必要な防災グッズや備蓄品を紹介します。
 さらに、災害の発生により、通信がつながりにくい状況になった場合に活用される災害用伝言ダイヤルを紹介します。
○日時/ 9月1日(日)の14:00から16:00まで
○会場/市役所本庁 くにびき大ホール
○受講料/無料
○講師/島根県立大学出雲キャンパス 看護栄養学部看護学科 講師 渡邉克俊(わたなべ かつとし)氏、出雲市総合ボランティアセンター運営委員会 運営委員長 石橋健一(いしばし けんいち)氏
○定員/70名
○応募締切/8月19日(月)まで
○しまね電子申請から応募の場合、「出雲市しまね電子申請サービス」サイト内の検索キーワードで「防災対策講座」で検索し、必要事項を入力のうえお申込みください。

 

●トキの生態と生息環境を学ぶ!出雲のトキ見学ツアー
 令和4年8月に、出雲市はトキの放鳥候補地に認定されました。この講座では、トキの生態と生息環境を学び、環境保全意識を深めます。
 また、実際にトキ学習コーナーのトキ近似種、出雲市トキ公開施設のトキを見学し、トキについて楽しく学びます。
○日時/9月17日(火)の13:30から15:30まで
○会場/朱鷺会館/トキ学習コーナー、トキ公開施設
○受講料/無料
○講師/農業振興課 職員
○定員/20名
○応募締切/9月3日(火)まで
○しまね電子申請から応募の場合、「出雲市しまね電子申請サービス」サイト内の検索キーワードで「トキ見学ツアー」で検索し、必要事項を入力のうえお申込みください。

 

●申込み・おたずね
 すべての講座は事前に申込みが必要です。受講希望の方は電話、ファックス、メール、しまね電子申請サービスのいずれかで(1)講座名、(2)氏名(ふりがな)、(3)住所、(4)連絡先を明記のうえお申し込みください。メールの件名は「生涯学習講座申込」としてください。
 受講は抽選で決定します。定員に満たない場合は締切後も先着順で受け付けます。
 通訳、要約筆記や介助その他、何らかの配慮が必要な方は、お申込時にお伝えください。
 ホームページは「出雲市生涯学習講座情報」で検索してください。
○市民活動支援課 [所在地]〒693-8530 出雲市今市町70番地 [電話]21-6528 [ファックス]21-6299 [メール]gakushu@city.izumo.shimane.jp

イクボス宣言登録企業を募集しています~仕事と私生活が両立できる職場環境づくりをめざして~

 企業・団体が抱えている課題 人手不足、生産性向上、離職率低下 課題解決の鍵は「イクボス」
 出雲市では、市内企業や事業所へワーク・ライフ・バランスの機運を波及させるため、令和4年度にイクボス宣言企業登録制度を創設しました。
 この制度は、「働きやすい職場環境づくり」や「休暇の取得促進」などに取り組んでいく企業や事業所を登録するもので、市ではその取組をホームページ等で市民の皆さまへ広報します。
 イクボス宣言を行い、組織や体制を見直すことで、業績の向上やより良い職場環境の形成につながることが期待されますので、これからイクボスになろうとしている経営者や管理職の方、実践済みの方からの申込みをお待ちしています!

◎イクボスとは?
 職場でともに働く部下やスタッフのワーク・ライフ・バランス(仕事と私生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績や結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことです。
 「育児をしているボス」や「育児をしている従業員を応援するボス」ではありません。
 このようなイクボスになることを、上司自らが会社の内外に宣言することを「イクボス宣言」と言います。

◎イクボスの取組により期待される効果
 たとえば!
○人材確保に有利
 イクボス宣言をし、実行することで、働きやすい職場環境であることを広くPRすることができ、入社希望者の増加が見込まれます。
○業務の効率化
 従業員の定時退社やノー残業をめざしていくなかで、これまでの体制や業務内容を見直すきっかけとなり、業務の効率化が図られます。
○仕事に通じる考え方や能力の向上
 育児や家事、介護等をしていくなかで、仕事に通じる考え方や時間管理能力等の習得が見込まれ、従業員のスキルアップにつながります。

◎出雲市イクボス宣言登録企業になると
 「出雲市イクボス宣言登録企業」のロゴマークをご使用いただけます。
 企業PRにご活用ください!
 そのほか、イクボスバッジをお渡しします。

◎市のホームページに掲載して紹介します。
 ホームページは「出雲市イクボス宣言登録企業紹介」で検索してください。

◎ジョブ・ナビⅠZUMOのイクボス宣言登録企業コーナーに掲載します。
 ホームページは「ジョブナビIZUMO イクボス」で検索してください。
※出雲地区雇用推進協議会への加入が必要です。

◎申込方法について詳しくは、市のホームページをご覧ください。
 ホームページは「出雲市 イクボス宣言 企業登録」で検索してください。

◎おたずね/市民活動支援課 [電話]21-6952

8月22日は「ジオパークの日」

 2009年8月22日、日本に初めて世界ジオパークが誕生したことを記念して制定されました。8月22日の週はジオパークウィークです。

◎ジオパークって何?
 ジオパークは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」を組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味しています。ジオパークでは、私たちの暮らしている地域の「地質・地形(ジオ)」とそこに生きている「生態系(エコ)」、そしてそれらと人の「生活・歴史・文化・産業(ヒト)」との関わりを学び、楽しむことができます。
 自分たちが暮らす地域と、ジオ・エコ・ヒトがどのようにつながっているか、この機会に考えてみませんか。

◎島根半島・宍道湖中海ジオパークの魅力を一部ご紹介します!
○出雲日御碕灯台と柱状節理
 出雲日御碕灯台は、流紋岩の岩盤の上に建っています。出雲日御碕灯台の周辺には、溶岩の冷却時にできた4から7角柱の柱状節理が広がっています。
○立久恵峡
 約1,500万年前に形成された溶岩からなる安山岩や火砕岩が浸食されてできた渓谷です。
 その景色の美しさから、国の名勝天然記念物及び島根県指定県立自然公園に指定されています。

◎8/31(土) 立久恵峡で自然体験イベント開催!参加者募集中!
○立久恵峡散策
○川遊び、アユのつかみどり・調理体験 ほか
○最新情報はホームページをチェック!

◎ホームページは「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」で検索してください。

◎島根半島・宍道湖中海(国引き)ジオパーク推進協議会
松江市役所 ジオパーク推進室 [電話]︎0852-55-5399
出雲市役所 政策企画課プロジェクト推進室 [電話]21-6079

地産地消コーナー オー!まいがな出雲!

 地元でとれる食材のおいしさを再発見してもらい、積極的に消費してもらいたい!地元食材や生産者に親しみをもってもらい、地域への愛着を深めてもらいたい!との思いで、いろいろな情報をお届けします。

◎今月の食材  アスパラガス
 出雲市の特産品として生産が盛んなアスパラガスは、鮮やかな緑色が食卓に彩りをそえます。
 アスパラガスは市内各地で栽培されており、1年に2回、春と夏に旬を迎えます。収穫時期までは栄養成分を株に蓄えさせるため、栽培方法として、茎を伸ばして光合成をさせるのが特徴です。
 アスパラガスはアミノ酸の一種であるアスパラギン酸を多く含んでいるほか、ビタミン類やミネラル類、食物繊維も含んでいます。アスパラギン酸は、乳酸の分解を促進し、エネルギーに変換するため、疲労回復に効果があります。また、穂先に含まれるルチンには、血管を丈夫にする効果があり、高血圧や動脈硬化の予防につながります。
 ゆでてサラダや和え物にしてもいいですし、炒め物や揚げ物にすると脂溶性ビタミンを効率良く吸収することができるので、おすすめです!
 保存する際は、根元を湿らせたキッチンペーパーで包み、密閉容器に入れて、立てて冷蔵するのが美味しさを保つコツです。ぜひ試してみてください!

◎アスパラとエリンギのバター炒め
○調理時間/約10分
○材料 4人分
グリーンアスパラガス 6本
エリンギ 4本
有塩バター 20g
酒 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
黒こしょう 少々
食塩 少々
○作り方
(1)アスパラガスの硬い部分をピーラーで剥ぎ取り、長さ3cmの斜め切りにして、熱湯に食塩を加えて1分ゆでる。
(2)エリンギは長さ3cmの短冊切りにする。
(3)酒としょうゆを混ぜ合わせておく。
(4)フライパンにバターを入れて中火で熱し、エリンギを炒める。エリンギがしんなりとしたら、アスパラガスと、酒としょうゆを混ぜ合わせたものを加えてさっと炒め合わせる。
(5)器に盛り、黒こしょうをかける
○1人分の栄養価
エネルギー 59キロカロリー
塩分量 0.7グラム

◎今月の担当 健康増進課 [電話]21-6976

出雲ブランド商品紹介

 市では、出雲の認知度やイメージを高めることができる商品を「出雲ブランド商品」として認定しています。
 企業の想いとともに商品の魅力をお伝えします。

◎大社町に本店を構える(株)アツタの「出雲結」をご紹介します。
○「出雲結(いずもゆい)」はどのような商品ですか?
 「出雲で創られた婚約指輪、結婚指輪が出雲とおふたりのご縁を結ぶ。」をメインコンセプトとしてブランディングしている婚約・結婚指輪です。
 「縁結びの地 出雲」という地域性と結婚指輪をリンクさせた商品は、宝飾業界では類を見ません。地域の名を冠したブランドは出雲結以外にはなく、出雲で生まれ育った会社だからこそ、出雲の名を使用し、「出雲=縁結び」のイメージと共に、コンセプトを語る商品となっています。
○商品を製作する際にどのような点に気をつけていますか?
 ブランド名に出雲という地域の名前をお借りしている以上、商品や私たちの行動がネガティブな印象にならないよう気をつけています。
○利用者(購入者)からの反応はどうですか?
 県外にお住まいの出雲や山陰出身の方に「地元とのつながりを感じる」と仰っていただけるのはとても嬉しいです。
○出雲ブランドを活用したPR活動・効果について
 行政から出雲ブランド商品として認定されていることが、同業他社との差別化であり、店頭で働くスタッフにとっても、ひとつの誇りとなっています。私たちとしても自信をもって、「出雲」を発信できるようになりました。

◎出雲ブランド商品ホームページは「出雲ブランド」で検索してください。

◎おたずね/商工振興課 [電話]21-6541

えがおになあれ

 子どもたちが明るく元気に育つのを見ると、未来に希望を感じます。
 毎日を心豊かに過ごし、子どもも大人も「えがおになあれ」…そんな願いを込めて、このコーナーを設けました。(出雲市要保護児童対策地域協議会)

◎出雲市不登校対策指針 ~未然防止の取組~
 出雲市教育委員会は、未来を担う全ての児童生徒たちのために、令和6年2月に「出雲市不登校対策指針」を策定しました。指針では、不登校対策の基本的な考え方を示すとともに、対策を5つの柱にまとめており、「未然防止の取組」を柱の1つとしています。
 今回はその取組の一部をご紹介します。
(1)居場所づくり・絆づくり
 児童生徒の「居場所づくり・絆づくり」のため、学級での活動、児童生徒会活動、学校行事などの特別活動を通して、集団の中で自分がどれだけ大切な存在であるかということを自覚し、自己有用感を高めていきます。
(2)だんだんタイム(よりよい人間関係づくり・対話力育成プログラム)
 児童生徒のソーシャルスキルやコミュニケーション能力の向上を図るため、市内全校で「だんだんタイム」の実施を推進しています。だんだんタイムとは、4人程度のグループで、さまざまな話題について児童・生徒が話し合う活動です。
(3)教育相談体制の充実
 困難さを抱える児童生徒を早期のうちに把握するとともに、継続的な関わりができるようにするため、心理の専門家であるスクールカウンセラーを全小・中学校に配置しています。児童生徒に対する相談のほか、保護者への相談にも対応します。ご相談がある場合は、遠慮なく学校へご連絡ください。
○最後に
 児童生徒の困り感や小さなサインを見逃さないために、対話はとても大切です。児童生徒にとって、いつでも誰かが話を聞いてくれる、気にかけてくれているという環境は、自己肯定感や安心感を高め、やる気にもつながります。
 児童生徒が安心できる環境づくりのために、学校と家庭が力を合わせていくことが大切です。

◎執筆 出雲市教育委員会 児童生徒支援課

◎おたずね/子ども政策課 [電話]21-6604 [ファックス]21-6413 [メール]soudan@city.izumo.shimane.jp

こころ豊かな未来に向かって 出雲総合芸術文化祭

バラエティに富んだ、数々の舞台芸術や伝統芸能などの優れた芸術文化に触れる機会を、年間を通じて提供します。

 

●絵師も動物も、人気モノ勢揃い 「動物たちの浮世絵展」
○とき/9月1日(日)まで
○ところ/出雲文化伝承館
○開館時間/9:00から17:00まで(入館は16:30まで)
○休館日/月曜日(8月12日は開館)
○観覧料/一般700円、高校生以下無料
○おたずね・ご予約/[電話]21-2460

◎関連イベント

◎講演会 浮世絵“アニマル”よもやま話
○とき/7月28日(日)の13:30から15:00まで(13:00開場)
○講師/島根県立美術館専門学芸員 大森拓土(おおもり たくと)氏
○定員/50名(要事前申込)
○会場/当館縁結び交流館
○参加費/無料

◎クイズに答えて、動物博士になろう!
○とき/8月3日(土)、8月10日(土)各11:00から40分程度
○対象/小学生
○会場/当館展示室
○その他/観覧料が必要です。(小学生は無料)

◎「動物たちの浮世絵展」スタンプラリー
 館内に隠れている動物たちを探して、ゴールをめざそう!
 先着100名に動物たちの浮世絵ポストカードをプレゼントします。
○提供/E.M.I.ネットワーク

◎茶室「松籟亭(しょうらいてい)」コラボ菓子&抹茶
 月岡芳年(つきおか よしとし)《新形三十六怪撰(しんけいさんじゅうろっかいせん) 茂林寺(もりんじ)の文福茶釜》にちなんだ「たぬきケーキ」でお抹茶を飲んでみませんか?1日限定10セットです!
○1セット800円

 

●川瀬一絵写真展「へんなお茶会」
 写真家・川瀬一絵(かわせ かずえ)(出雲市小津町出身、横浜市在住)が、身近な生活をつづることと、他の地域に身体を運び確かめてきたことの両極から、故郷のいまをとらえます。
○とき/9月1日(日)まで
○ところ/平田本陣記念館
○開館時間/9:00から17:00まで(入館は16:30まで)
○休館日/火曜日(8月13日は開館)
○入場料/無料
○おたずね・申込み/[電話]62-5090

◎関連イベント

◎ワークショップ 写真の原理に触れてみよう
○とき/8月10日(土)の13:30から16:30まで
○定員/5名(要事前予約、10歳以上)
○参加費/2,000円

◎スライド写真上映会
○とき/8月11日(日・祝日)19:00から20:00まで ※当日はナイトミュージアムのため21:00まで開館
○参加費/無料 ※予約不要

◎アーティストトークとお茶会
○とき/8月12日(月・休日)14:30から16:00まで
○参加費/500円(お茶とお菓子付き) ※予約不要

 

●田儀花馬保存会50周年記念写真展
 毎年10月19日に行われる多伎藝神社例祭を彩る花馬の写真を中心に展示します。
 昔からの写真が展示され、花馬の歴史を知ることができます。
○とき/8月11日(日・祝日)から15日(木)までの9:00から16:00まで
○ところ/多伎文化伝習館
○入場料/無料
○おたずね/[電話]86-2611(土日祝除く)

 

●DRUM TAO(どらむ たお)2024「FUTURE」出雲公演
 世界観客動員数1,000万人!伝統楽器である和太鼓を中心に圧倒的パフォーマンスで表現する「ザ日本エンターテイメント」が出雲で初公演です。
チケット好評発売中!
○とき/9月28日(土) 13:30開演(12:30開場)  
○ところ/スサノオホール(佐田町1747-4)
○出演/DRUM TAO、さだ須佐太鼓
○料金/【全席指定】S席6,500円(当日7,000円)、A席5,500円
○プレイガイド/NPO法人スサノオの風
○おたずね/NPO法人スサノオの風 [電話]84-0833(月曜休館)

 

●第16回LPレコード音楽サロン(参加者募集)
 オーディオショップのご協力により、臨場感あふれる音響でお楽しみください。
○とき/8月24日(土)の14:00から15:30まで
○ところ/大社文化プレイスうらら館 ごえんホール
○鑑賞曲/モーツァルト 交響曲第35番ニ長調「ハフナー」k.385、マーラー 交響曲第1番ニ長調「巨人」
○参加費/500円
○定員/先着50名 ※7月24日(水)から受付開始
○申込方法/電話でお申し込みください。
○おたずね・申込み/[電話]53-6500(月曜休館)

 

●第22回いずも音楽コンクール(参加者募集)
○とき/11月16日(土)と17日(日)の 9:00から17:00まで(予定)
○ところ/大社文化プレイスうらら館 だんだんホール
○参加資格/県内の小中学生(弦楽器の部は幼児の参加も可)
○開催部門/ピアノの部、歌唱の部、弦楽器の部
○参加料/【独唱・独奏】2,000円、【重唱・連弾】1人につき1,000円
○申込期限/10月2日(水)必着
○ホームページは「いずも音楽コンクール申込書ダウンロード」で検索してください。
○おたずね・申込み/いずも音楽コンクール実行委員会事務局(出雲市民会館内)[電話]21-7580

 

●第23回いずも新春コンサート(出演者募集)
○とき/令和7年1月5日(日)の14:00から16:00まで
○ところ/ビッグハート出雲 白のホール
○出演資格/出雲地域在住者またはゆかりのある方で、音楽芸術を専門に学んだまたは学んでいる方
○種目/洋楽・邦楽の中から声楽、器楽のソロまたは重唱・奏(五重唱・奏まで)
○参加料/10,000円(重唱・奏は1人5,000円) ※参加料分のチケットをお渡しします。
○申込期限/9月17日(火)必着
○おたずね・申込み/いずも新春コンサート実行委員会事務局(出雲市民会館内) [電話]21-7580

 

●Dazzling~ダンスとアート~(参加者・アート出展者募集)
 ダンスとアートのイベント「Dazzling」の参加者・出展者を募集します。
 詳細や昨年の様子は右記の二次元コードにてご確認ください。
○とき/10月6日(日)
○ところ/ビッグハート出雲 白のホール・アートギャラリー
○募集対象
(1)ダンスコンテスト
(2)フリースタイル1 on 1ダンスバトル
(3)絵画、写真、彫刻、書道、アートクラフトなどの作品展示
○エントリー/8月10日(土)から(予定)
○参加料・観覧料/ひとり2,000円 ※複数エントリー可。アートの観覧は無料。
○インスタグラムは「@dazzling_izumo」のアカウントを検索してください。
○おたずね・申込み/(公財)出雲市芸術文化振興財団(出雲市民会館内) [電話]21-7580

出雲弥生の森博物館情報(8月)

●夏季企画展 治乱興亡 戦国時代の出雲西部
 出土陶磁器や古文書・棟札を通して、戦国時代の出雲西部の領主層のありように迫ります。
○開催期間/9月2日(月)まで

◎ギャラリートーク(無料、申込不要)
○開催日時/8月17日(土)の10時から

 

●夏季企画展関連講演会(受講料無料、定員各80名、オンライン配信あり)

◎ 8月3日(土)の14:00から16:00まで
○「謎だらけ!新出の戦国史料と古文書調査 -塩冶興久(えんや おきひさ)・尼子持久(あまご もちひさ)をめぐって-」
講師/春日瞳(かすが ひとみ)氏(雲南市役所)
○「見えてきた!出土陶磁器から探る 戦国の古志・塩冶地域」
講師/高橋周(たかはし しゅう)(出雲弥生の森博物館)

◎9月1日(日)の14:00から16:00まで
○「古志氏・塩冶氏の山城」
講師/高屋茂男(たかや しげお)氏(島根県立八雲立つ風土記の丘)

 

●ギャラリー展 「いつまでも戦後でありたい2024-旧海軍大社基地滑走路跡を掘る-」
○開催期間/10月14日(月・祝日)まで

 

●速報展 「越堂たたら跡ガイダンス施設オープン記念展示」
○開催期間/9月23日(月・休日)まで

 

●体験教室 古代の鬼瓦をつくろう!
○日時/8月4日(日)の10:00から11:30まで
○定員/20名
○参加費/無料
○対象/一般 (小学4年生以下は保護者同伴)
○申込/電話、メール、ファックスでお申込みください。

 

●体験教室 むかしの字を読んでみよう!
○日時/8月18日(日)の10:00から11:30まで
○定員/30名
○参加費/無料
○対象/小学4年生から高校生まで(小学生は保護者同伴)
○申込/電話、メール、ファックスでお申込みください。

 

●出雲弥生の森博物館 [所在地]〒693-0011 出雲市大津町2760 [電話]25-1841 [ファックス]21-6617 [メールアドレス]yayoi@city.izumo.lg.jp
○開館時間 9:00から17:00まで(入館は16:30まで)
○休館日 火曜日(祝日の場合は翌平日)及び年末年始
○入館料及び観覧料 無料

荒神谷博物館情報(8月)

●荒神谷遺跡銅剣発見40周年記念 特別展 「埋める~古代の祈り~」(観覧無料)
 山口県明地遺跡から出土した分銅形土製品には顔の表現があります。大きさは21cmと国内最大のもので、願掛けして割った後、地中に埋められていました。
 よく見ると目は笑っていますが、口は「への字」に曲がっており、なんとも複雑な表情をしています。ぜひこの機会に、この顔に会いにお越しください。
○開催期間/9月16日(月・祝日)まで

◎ギャラリートーク
○日時/8月18日(日)の11:30から

 

●荒神谷遺跡銅剣発見40周年記念 ホール展 荒神谷発掘ドキュメントパネル展(観覧無料)
○日時/8月10日(土)から9月23日まで(月・休日)
 今年は荒神谷遺跡から358本の銅剣が発見されて40年になります。「あの感動」を再び、真夏の発掘の様子や慎重な取り上げ作業、発見当時からの主な出来事など、写真を通して振り返ります。

 

●特別講演会 第224回(申込が必要です)
○日時/8月17日(土)の13:30から15:00まで
○講師/東森晋(ひがしもり すすむ)氏(島根県立古代出雲歴史博物館)
○資料代/300円
○演題/荒神谷発見!ー出雲の弥生文化ー
○会場/荒神谷博物館 交流学習室(オンライン対応も可能です。)

 

●風土記談義(事前に出雲学研究所の会員登録が必要です)
○日時/8月18日(日)の10:00から11:30まで
○講師/平野芳英(ひらの よしひで)、杉岡直子(すぎおか なおこ)(NPO法人出雲学研究所)
○受講料/300円
○会場/荒神谷博物館 交流学習室

 

●荒神谷博物館 [所在地]〒699-0503 出雲市斐川町神庭873-8 [電話]72-9044 [ファックス]72-7695
○開館時間 9時から17時まで(入館は16時30分まで)
○休室日 8月6日、20日、27日(いずれも火曜日)。 ※8月13日(火)は開館します。
 ホームページは「荒神谷博物館フェイスブック」で検索してください。

出雲科学館情報(7月)

●出雲市市制施行20周年記念 企画展 世界の甲虫展2024~華麗なる甲虫たち~(観覧無料)
 日本や世界各地に生息している甲虫の標本を展示します。
 甲虫たちを観察してみると、とてもきれいな翅を持った甲虫や上手に化けている甲虫などを見つけることができます。
 そんな華麗な姿の甲虫たちをピックアップして紹介します。

 

●「生き虫ハウス」甲虫に触れてみよう
○開催日/8月3日(土)から10日(土)まで
○受付時間/(1)10:00から11:00まで、(2)13:00から14:00まで、(3)15:00から16:00まで
○体験時間/5分交代制

 

●外国産の甲虫と記念撮影
○開催日/8月11日(日・祝日)から18日(日)まで
○受付時間/(1)10:30から11:00まで、(2)13:30から14:00まで、(3)15:00から15:30まで
○カメラのご用意をお願いします。

 

●おもしろ!ビックリ!サイエンスショー(観覧無料)

◎第1弾「風丸(かぜまる)はかせとマル子さんの風のヒミツ大研究!」
身近な道具を使って、楽しみながら風のヒミツを明らかにしてみましょう。
○開催日/8月3日(土)、4日(日)
○開催時間/(1)11:00から、(2)13:30から、(3)15:30から
○所要時間/30分
○講師/木色泰樹(きいろ やすき)氏、木色琴音(きいろ ことね)氏(出雲市立中部小学校)

◎第2弾「回転 BABABA BAN大ショー」
回転から生まれるいろいろな現象を楽しみましょう。
○開催日/8月10日(土)から12日(月・休日)まで
○開催時間/(1)11:00から、(2)14:00から、(3)15:20から
○所要時間/30分
○講師/回転博士(かいてんはかせ)(出雲市立今市小学校)

◎第3弾「光のサイエンスショー」
いろいろな光を使って、おもしろビックリ大実験!
○開催日/8月17日(土)、18日(日)
○開催時間/(1)11:00から、(2)13:30から、(3)15:30から
○所要時間/60分
○講師/山崎詩郎(やまさき しろう)氏(東京工業大学)

 

●チャレンジ!教室
 全て参加無料です。
 整理券が必要な教室は、開館時刻(9時30分)からその日に行われる教室の整理券を受付カウンターで配付します。1人につきご本人分を含む2人分まで、代理人受取可能です。ただし、保護者同伴が必要な方は代理人になれません。教室回数や定員など状況によっては変更となる場合があります。
 時間内入退室が自由にできる教室もあります。ただし、状況によってはしばらくお待ちいただく場合もあります。

◎手作り発射台でボールを飛ばそう!(実験)
○開催日 7月29日(月)から8月2日(金)まで
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 20分
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は3人までにつき保護者が1人同伴してください。

◎ペットボトル顕微鏡をつくろう!(ものづくり)
○開催日 8月1日(木)から5日(月)まで
○開催時間 (1)10:30から、(2)13:30から、(3)15:30から
○所要時間 50分
○募集人数 各回先着24人まで
 整理券が必要です。小学3年生以下は2人までにつき保護者が1人同伴してください。

◎めざせてっぺん! のぼり虫をつくろう(木工)
○開催日 8月3日(土)から7日(水)まで
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 40分
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は1人につき保護者が1人同伴してください。

◎スーパーボールロケットをとばそう(ものづくり)
○開催日 8月6日(火)から10日(土)まで
○開催時間 (1)10:00から、(2)11:20から、(3)13:30から、(4)15:30から
○所要時間 40分
○募集人数 各回先着24人まで
 整理券が必要です。小学3年生以下は2人までにつき保護者が1人同伴してください。

◎高く飛ばそう 紙トンボ(ものづくり)
○開催日 8月8日(木)から12日(月・休日)まで
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 30分
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は2人までにつき保護者が1人同伴してください。

◎さがせ!チリメンモンスター®(実験)
○開催日 8月11日(日・祝日)から15日(木)まで
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 30分
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は保護者が同伴してください。

◎かんたんカラクリ工作!クランク機構ってなに?(ものづくり)
○開催日 8月13日(火)から18日(日)まで
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 25分
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は2人までにつき保護者が1人同伴してください。

◎かんなで削ろう! マイ箸づくり(木工)
○開催日 8月16日(金)から18日(日)まで
○開催時間 (1)10:30から、(2)13:30から、(3)15:30から
○所要時間 60分
○募集人数 各回先着16人まで
 整理券が必要です。小学3年生以下は1人につき保護者が1人同伴してください。

◎天体観望会 夏の星座・月(自然・環境)
○開催日 8月17日(土)
○開催時間 19:30から21:00まで
※曇天・雨天時はプラネタリウム上映(30分程度)(1)19:30から、(2)20:00から
○協力 出雲天文同好会
 時間内の出入り自由です。中学生以下は保護者が同伴してください。

◎磁石で工作 こつこつキツツキをつくろう(ものづくり)
○開催日 8月24日(土)、25日(日)、31日(土)、9月1日(日)、7日(土)、8日(日)
○開催時間 (1)9:30から12:00まで、(2)13:30から16:00まで
○所要時間 20分
時間内の出入り自由です。小学3年生以下は保護者が同伴してください。

◎ストリングアートに挑戦 糸できれいな模様をつくろう(ものづくり)
○開催日 8月31日(土)、9月1日(日)、14日(土)から16日(月・祝日)まで
○開催時間 (1)10:30から、(2)13:30から、(3)15:30から
○所要時間 50分
○募集人数 各回先着24人まで
 時間内の出入り自由です。小学3年生以下は2人までにつき保護者が1人同伴してください。

 

●なるほど!教室
 全て事前に申込みが必要です。電話、ハガキ、科学館ホームページ、ファックス、科学館受付カウンターのいずれかでご応募ください。

◎夏休み 家族で自由に木工作(木工)
○開催日 10日(土)、11日(日・祝日)
○開催時間 10:00から16:00まで(12:00から13:30までは昼休憩)
○募集人数 各日8組(1組5名程度)
○対象 小学生以上(中学生未満は保護者が同伴してください。)
○申込締切 7月28日(日)まで
○参加費 無料
※応募の際、希望日を第2希望まで明記してください。
※作りたいものを家族で考えて、必要な材料をお持ちください。

◎木工創作教室(木工)
○開催日 8月14日(水)、9月4日日(水)
○開催時間 10:00から15:30まで(12:00から13:30までは昼休憩)
○募集人数 各日10人
○対象 中学生から大人まで(中学生未満は入室できません)
○申込締切 8月分は7月28日(日)まで、9月分は8月18日(日)まで
○参加費 工作室400円、木工室500円
※木工室(機械室)は木工中級講座(旧応用講座)を修了され、使用許可証をお持ちの方のみ使用できます。応募の際には、使用される部屋(工作室または木工室)を明記してください。    8月14日(水)

◎TEPIA(てぴあ)先端技術館プレゼンツ 君も今日からプログラマー~自分のつくりたいものをカタチにできる人になろう~(実験)
○開催日 9月7日(土)
○開催時間 10:00から15:30まで(12:00から13:00までは昼休憩)
○募集人数 12人
○対象 中学生(キーボード操作ができる方)
○申込締切 8月25日(日)まで
○参加費 無料

◎TEPIA(てぴあ)先端技術館プレゼンツ プログラミング体験広場(実験)
○開催日 9月7日(土)、8日(日)
○開催時間 (1)10:00から11:40まで、(2)12:40から14:20まで、(3)14:30から16:10まで
○募集人数 各回24人
○対象 小学1年生から中学3年生まで(小学3年生以下は1人につき保護者が1人同伴してください。)
○申込締切 8月25日(日)まで
○参加費 無料
※応募の際、希望日時を第2希望まで明記してください。

 

●出雲科学館 [所在地]〒693-0001 出雲市今市町1900-2  [電話]25-1500 [ファックス]24-8383
○入館料 無料
○開館時間 9:30から17:30まで
○7月の休館日 8月26日(月)
○開催方法が変更になる場合があります。出雲科学館のホームページでお知らせします。
ホームページは「出雲科学館」で検索してください。

生涯学習施設イベント情報

●風の子楽習館(8月)

◎自由参加のイベントは次のとおりです。なお、1回に参加できる人数の制限があります。

◎一般体験学習
○内容 ものづくり体験
○所要時間 1回約30分
○参加費 50円から(予約不要)
○開催日 イベント開催時を除く土日祝日(団体予約がある場合は参加できません。電話でお確かめください。)なお、夏休み期間中(休館日と8月23日、24日を除く毎日)は、平日も一般体験を行います。夏休み工作体験日は、(5)13:15からと(6)14:00からの回のみ実施します。
○開催時間 1日10回 (1)9:15から、(2)10:00から、(3)10:45から、(4)11:30から、(5)13:15から、(6)14:00から、(7)14:45から、(8)15:30から、(9)16:15から、(10)17:00から

◎電話での事前申込(先着順)が必要なイベントは次の2つです。 受付は申込期間初日の10:00から開始します。子どもの体験を主な目的とするため、大人のみの参加はお断りする場合があります。

◎~自然の川で~ヤマメのつかみ取りを楽しもう!
 多伎町奥田儀の宮本川の上流で昔行われていた櫻井家のたたら製鉄の歴史を知り、そのきれいな自然の川でヤマメのつかみ取りに挑戦しよう!ヤマメは炭火を使って塩焼きで食べるよ!
○開催日 7月24日(土)10:00から13:00まで
○募集人数 50人程度(5歳以上。小学生以下は保護者が同伴してください。)
○申込期間 8月8日(木)から8月12日(月・休日)まで(申込初日の10:00から電話で予約を受付けます。先着順です。)
○参加費 1人あたり1,500円

◎初心者向け アジ釣り体験(2回開催)
 田儀港でサビキによるアジ釣り体験をします。たくさん釣っちゃおう!
 原則、釣具は貸出(有料)のものを使用していただきます。
 2回に分けて開催します。ご希望の開催日にお申し込みください。
○開催日 9月7日(土)、14日(土)
○開催時間 16:00から18:3まで
○募集人数 各6組程度(小学生と保護者)
○申込期間 8月22日(木)から8月26日(月)まで(申込初日の10:00から電話で予約を受付けます。先着順です。)
○参加費 1人あたり300円、用具代は1セットあたり1,000円

◎夏休み工作体験
 小学生を対象にした夏休みの特別工作体験を実施します。
 工作内容や体験時間など詳しくは、風の子楽習館ホームページでご確認ください。なお、受け入れ人数には限りがあります。
 受け入れ可能な日時については、電話(86-3644)でご確認ください。
○開催日 7月26日(金)、27日(土)、8月2日(金)、3日(土)、9日(金)、10日(土)、16日(金)、17日(土)
○開催時間 午前コースは9:15から12:00まで、午後コースは14:45から17:30まで(途中休憩あり。終了時間は工作内容によって前後します。)
○申込期間 7月12日(金)10:00から(受け入れ定数に達し次第受付を終了します。電話で受付けます。先着順です。)

◎風の子楽習館 [所在地]〒699-0904 出雲市多伎町口田儀458-1 [電話] 86-3644 
○休館日 火曜日
○ホームページは「風の子楽習館」で検索してください。

 

●浜遊自然館(8月)
 申込みは講座開催日1か月前から受け付けます。

◎夏休み工作 レザーで小物を作ろう
 レザーを使ってちょっとおしゃれな小物を作ります。
○開催日 8月4日(日)9:00から
○対象 小学3年生以下は保護者が同伴してください。
○参加費 1,000円

◎夏休み企画 湊原海岸でキス釣りを楽しもう
 自然館周辺の海岸でキス釣りを楽しみます。
○開催日 8月11日(日・祝日)6:00から
○対象 小学3年生以下は保護者が同伴してください。
○参加費 1,000円(道具、えさ代含む)

◎夏休み工作 風船ホバークラフトとふしぎなコマをつくろう
 風船の空気の力を利用したホバークラフトを作ります。また、回すといろんな色が見えてくるコマを作ります。
○開催日 8月18日(日)9:30から
○対象 小学3年生以下は保護者が同伴してください
○参加費 300円

◎おしゃれで可愛い雑貨づくり
 アクリル絵具やスポンジを使って小物雑貨を作ります。
○開催日 8月25日(日)9:30から
○対象 一般
○参加費 1,000円

◎浜遊自然館 [所在地]〒699-0741 出雲市大社町中荒木2484 [電話・ファックス] 53-5080
○休館日 月曜日・火曜日(祝日の場合は翌日)

 

●アクティーひかわ(8月)

◎ピラティス教室
 衰えがちな体幹の筋肉(深層部)に働きかけるエクササイズです。
○開催日 8月1日(木)、22日(木)の13:30から14:30まで
○参加費 1,000円

◎ひかわdeにほんご教室
 日本語を習いたい外国人のための教室です。楽しくご指導します。
○開催日 8月3日(土)、10日(土)、24日(土)の14:00から15:30まで、8月8日(木)、22日(木)の19:00から20:30まで
○参加費 無料

◎アクティーひかわ [所在地]〒699-0624 出雲市斐川町上直江2469 [電話] 72-7411
○休館日 アクティーひかわは12月29日(日)から1月3日(金)まで、アクティーひかわ体育館は年中無休

 

●斐川環境学習センター(8月)
 各教室とも、準備の都合上2日前までにご連絡ください。定員になり次第締め切ります。

◎裂き織り体験(定員4人、受講は3回まで)
○開催日 8月3日(土)9:30から10:30まで
○参加費 600円

◎アートフラワー教室(布で花を作ります)
○開催日 8月4日(日)13:30から15:30まで
○参加費 400円(材料費別途)

◎感動する写真を撮ろう!「初心者のカメラ講座」
○開催日 8月11日(日・祝日)10:00から12:00まで
○参加費 400円

◎初めての水彩画
○開催日 8月11(日・祝日)、18日(日)の10:00から12:00まで
○参加費 1,500円

◎野の花教室
○開催日 8月21日(水)13:30から15:30まで
○参加費 1,900円

◎布細工同好会(パッチワークなど)
○開催日 8月23日(金)13:30から16:30まで
○参加費 400円

◎始めよう!花のある暮らし 花作り講座
○開催日 8月24日(土)9:30から11:30まで
○参加費 400円

◎布ぞうり作り教室
○開催日 8月24日(土)13:30から16:30まで
○参加費 700円

◎斐川環境学習センター(アース館) [所在地]〒699-0612 斐川町出西1943 [電話]72-5242
○休館日 毎週月曜日と木曜日、8月13日(火)から15日(木)までは盆休み

お知らせ

●Jアラートの全国一斉情報伝達試験
 地震・津波や武力攻撃などの発生時に備え、Jアラートの伝達試験を行います。
 8月28日(水)11時に、防災行政無線からテスト放送が流れますので、ご承知ください。
○おたずね 防災安全課 [電話]21-6825

 

●児童扶養手当の現況届受付
 児童扶養手当の受給資格がある人は、年に一度、現況届の提出が必要です。
 提出されない場合、手当が受けられなくなりますので、必ず提出してください。
○提出期間/8月1日(木)から30日(金)まで(閉庁日を除く)
○土日窓口/8月24日(土)と25日(日)の9時から12時まで(本庁のみ)
※対象者には必要な書類を送付しています。
○来庁予約が必要です(本庁のみ)。詳しくは、市のホームページをご覧ください。ホームページは「出雲市 児童扶養手当」で検索してください。
○おたずね・提出先/子ども政策課 [電話]21-6218、各行政センター市民サービス課

 

●特別児童扶養手当・障がい児福祉手当・特別障がい者手当について

◎特別児童扶養手当
○対象/心身に中度から重度の障がいがある20歳未満の児童を養育している人
○月額/1級55,350円、2級36,860円 ※児童が施設入所中の場合は受給できません。
 認定審査・所得制限があります。
 物価の変動等により、月額が改定されることがあります。

◎障がい児福祉手当
○対象/20歳未満で重度の障がいがあるため、日常生活で常時の介護を必要とする児童
○月額/15,690円 ※児童が施設入所中の場合は受給できません。
 認定審査・所得制限があります。
 物価の変動等により、月額が改定されることがあります。

◎特別障がい者手当
○対象/20歳以上で著しく重度の障がいがあるため、日常生活で常時特別の介護を必要とする人
○月額/28,840円 ※施設入所中、もしくは3か月以上継続して入院中の場合は受給できません。
 認定審査・所得制限があります。
 物価の変動等により、月額が改定されることがあります。

◎おたずね・提出先/福祉推進課 [電話]21-6959、[ファックス]21-6598、各行政センター市民サービス課

 

●特別児童扶養手当・特別障がい者手当等の現況届受付
 特別児童扶養手当・特別障がい者手当・障がい児福祉手当・経過的福祉手当を受給している人は、年に一度、現況届の提出が必要です。
 提出されない場合、手当が受けられなくなりますので、必ず提出してください。
○提出期限/9月11日(水)まで
※対象者には7月末に必要な書類を送付します。
 窓口の混雑が予想されますので、可能な限り郵送での提出をお願いします。(提出書類に不備があった場合、確認のためにお電話します。)
○おたずね・提出先/福祉推進課 [電話]21-6959、[ファックス]21-6598、各行政センター市民サービス課

 

●福祉医療費医療証の更新申請
 福祉医療証をお持ちの人は、9月30日が有効期限です。
○提出期間/8月1日(木)から30日(金)まで(閉庁日を除く)
※対象者には7月末に更新申請書を送付します。
 前年度の所得状況により福祉医療が非該当となった人も、7月から新年度の所得状況で判定しますので、対象となる可能性があります。
 精神障がい者保健福祉手帳の有効期限が7月末から9月末までの人は、先に同手帳の更新手続きを行ってください。
 窓口の混雑が予想されますので、可能な限り郵送での提出をお願いします。(提出書類に不備があった場合、確認のためにお電話します。)
○おたずね・提出先/福祉推進課 [電話]21-6959、[ファックス]21-6598、各行政センター市民サービス課

 

●戦没者追悼と平和祈念

◎出雲市戦没者追悼・平和祈念式典
○とき/8月4日(日)の10時30分から11時50分まで
○ところ/出雲市民会館
 出雲市の戦没者の方々を追悼し、恒久平和への誓いを新たにするため、式典を開催します。講演や、児童の作文発表等も予定しています。

◎8月15日は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です
 当日は、政府主催の「全国戦没者追悼式」が日本武道館(東京)で行われます。
 市民・事業者の皆さんも、8月15日(木)正午から1分間の黙とうをお願いします。

◎おたずね/福祉推進課[電話]21-6694

 

●農業振興地域整備計画の変更案の縦覧
 出雲農業振興地域整備計画の農用地利用計画を変更しますので、その理由書及び計画図書を縦覧します。
 なお、出雲市民に限り、9月2日(月)まで意見書の提出ができます。
○縦覧期間(予定)/8月1日(木)から9月2日(月)まで
○おたずね/農業振興課 [電話]21-6582

 

●農用地区域からの除外申出
 農業振興地域の農用地区域の農地を宅地等に転用するためには、あらかじめ農用地区域から除外する必要があります。
 該当する方は、必要書類を添えて申し出てください。
○申込期間/8月1日(木)から30日(金)まで(次回の受付は令和7年2月)
○おたずね/農業振興課 [電話]21-6582

 

●スプレー缶・カセットボンベ・ライターは、中身を使い切って「破砕ごみ」で出してください
 使い切っていない場合、発火の恐れがあります。

◎スプレー缶・カセットボンベ
○風通しの良い屋外で、シューッという音が聞こえなくなるまでボタンを押し続ける。
○塗料や殺虫剤のスプレー缶の中身は、布や新聞紙に染み込ませて燃えるごみで捨てる。
※スプレー缶等に穴を開ける必要はありません。

◎ライター
○火がつかなくなるまで、ガスを使い切る。

◎おたずね/環境施設課 [電話]21-6988

 

●令和6年 御箸感謝お焚き上げ祭~お箸発祥の地 出雲で開催~
 出雲市では、「お箸発祥の地 出雲」を市内外にPRし、観光客の誘客、認知度向上をめざしています。
 普段使って傷んだお箸、故人が生前使っていたお箸、成長して使わなくなった子どものお箸など、家庭に眠っている傷んだお箸のお焚き上げが行われます。
○とき/8月4日(日)18時から20時まで
○ところ/万九千神社
○おたずね/神話の國 箸詣の会事務局((有)ひらの屋) [電話]63-4649
○担当課/観光課

 

●休日・夜間診療のお知らせ
 休日や、平日の夜間にかかりつけ医が留守、または近くに医師がいないときは、「出雲休日・夜間診療所」([所在地]塩冶善行町1番地 [電話]22−5543)をご利用ください。

◎休日診療
○診療日/日曜日、祝日
○診療科目/内科、小児科 
○受付時間/9:00から11:00まで、13:30から16:00まで
※休日は院外処方です。

◎平日夜間診療
○診療日/月曜日から金曜日まで(祝日を除く)
○診療科目/小児科のみ
○受付時間/19:30から21:30まで

◎担当課/医療介護連携課

 

●7月8日(月)発売! サマージャンボ(1等5億円と前後賞各1億円合わせて7億円)、サマージャンボミニ同時発売! ネットでも買える!
 この宝くじの収益金は市町村の明るく住みよいまちづくりに使われます。
○いずれも1枚300円
○発売期間/7/8(月)から8/8(木)まで
○ホームページは「宝くじ公式サイト」で検索してください。
○おたずね/公益社団法人 島根県市町村振興協会

募集

●平田図書館「英語のおはなし会」
 国際交流員による英語の絵本の読み聞かせ
○とき/9月6日(金)の16時から16時20分まで
○対象/幼児から小学校低学年まで
○定員/15人
○申込締切/9月5日(木)まで
○おたずね・申込み先/平田図書館 [電話]63-4010

 

●ひかわ図書館「ポルトガル語のおはなし会」
 国際交流員によるポルトガル語の絵本の読み聞かせ
○とき/8月8日(木)16時から16時20分まで
○対象/幼児から小学校低学年まで
○当日受付、定員15人
○おたずね/ひかわ図書館 [電話]73-3990

 

●2024☆ひかわ図書館まつり フリーマーケット出店者募集
○とき/10月20日(日)10時から14時まで
○定員/先着30人程度
○申込期間/8月1日(木)から31日(土)まで
○おたずね・申込み先/ひかわ図書館まつり実行委員会 [電話]080-6330-2015
○担当課/出雲中央図書館

 

●宍道湖絵画コンクール
 「将来こんな宍道湖になっていたらいいな」をイメージした絵画を募集します。
 詳しくは、宍道湖水環境改善協議会のホームページをご確認ください。ホームページは「令和6年度宍道湖絵画コンクール」で検索してください。
○対象/松江市および出雲市内に在住の小学生
○応募期限/9月27日(金)まで
○おたずね・申込み先/宍道湖水環境改善協議会(環境政策課) [電話]21-6989

 

●ポイ捨て禁止ポスターコンクール
 「きれいなまち いずも」を明るく呼びかけるポイ捨て禁止啓発ポスターを募集します。募集要項は、市のホームページからダウンロードできます。
○対象/市内に居住または市内の小学校、中学校、高校に通学する児童生徒
○応募期間/7月22日(月)から9月30日(月)まで ※当日消印有効
○おたずね・申込み先/出雲市ポイ捨て禁止推進協議会(環境政策課内) [電話]21-6987

 

●防火ポスターコンクール
 「火災を防ぐこと」をテーマとした防火ポスターを募集します。
 詳しくは、消防本部のホームページをご確認ください。
○募集区分/小学1から3年生の部、小学4から6年生の部、中学生の部
○対象/市内に居住または市内の小中学校に通学する児童生徒
○応募期間/8月1日(木)から9月20日(金)まで ※当日消印有効
○おたずね・申込み先/消防本部予防課 [電話]21-6921

 

●第13回古民家フォト甲子園
 市内の未来を担う学生に、身近な地域の風景や古民家の魅力を感じてもらい、地域の活性化につなげることを目的とした作品コンクールです。
 応募方法等は、古民家フォト甲子園の公式ホームページをご覧ください。
○申込期限/9月11日(水)まで
○おたずね・申込み先/一般社団法人 全国古民家再生協会 [電話]25-8899
○担当課/空き家対策室

 

●第32回「しまね景観賞」
 魅力ある島根の景観づくりに貢献している建造物や活動を部門ごとに募集します。
○募集部門
(1)まち・みどり・活動部門
(2)土木施設部門
(3)公共建築物部門
(4)民間建築物部門
(5)屋外広告物・その他部門
○応募期限/8月30日(金)まで ※当日消印有効
○おたずね・申込み先/島根県都市計画課 [電話]0852-22-6773
○担当課/建築住宅課

 

●料理始めます!男の料理講座(初級編)
 切る・煮る・炒めるなどの料理の基本を、料理教室講師が指導します。メニューは、ごはん・みそ汁・回鍋肉・コンニャクの煮物です。
○とき/9月21日(土)の10時から13時まで
○ところ/平田ふれんどりーハウス
○対象/料理を学びたい男性
○定員/8人
○食材代/800円
○申込期限/9月4日(水)まで
○おたずね・問合せ先/平田ふれんどりーハウス [電話]63-3728
○担当課 市民活動支援課

 

●人生が変わる~初めての断捨離講座~
 モノとの向き合い方を通じて、自分らしい選択・決断・行動を重ねる生き方について学びます。
○とき/9月28日(土)10時から12時まで
○ところ/くすのきプラーザ
○対象/テーマに関心のある方
○定員/20人 ※応募多数の場合は抽選
○参加費/無料
○申込期限/9月14日(土)まで
○おたずね・申込み先/くすのきプラーザ [電話]22-2055
○担当課/市民活動支援課

 

●GO島根! ⅠTエンジニア転職フェア
県外のⅠTエンジニアの方を対象としたUⅠターン転職フェアです。県内の多数のⅠT企業が集結するため、効率的な転職活動ができるチャンスです。
○とき/(1)9月7日(土)の13時から16時まで、(2)9月28日(土)の13時から17時まで
○ところ/(1)新宿NSビル(東京)、(2)オンライン
○参加無料、申し込みが必要
○おたずね・申込み先/一畑電気鉄道(株) [電話]0852-26-1324
○担当課/産業政策課

 

●女性のための再就職応援セミナー
 ブランクがある、子育てをしている、などで就職に悩んでいる女性を応援するセミナーを開催します。
○とき/8月23日(金)10時から12時まで
○ところ/労働会館(松江市)
○対象/再就職を希望する女性
○定員/16人程度
○参加無料、申し込みが必要
○申込期限/8月21日(水)
○おたずね・申込み先/就職サポートセンター島根(レディース仕事センター松江)([電話]0852-61-6117
○担当課/産業政策課

 

●ポリテクセンター島根 公共職業訓練の受講生募集

◎「機械・CADオペレーション科」、「住宅リフォーム技術科」
○説明・見学会/8月27日(火)、9月4日(水)
○訓練期間/10月2日(水)から令和7年3月28日(金)まで
○受講料/無料(別途テキスト代等必要)
○申込期限/9月9日(月)まで
○申込み先/最寄りのハローワーク
○ポリテクセンター島根 [電話]0852-31-2309
○担当課/産業政策課

 

●東部高等技術校 公共職業訓練の受講生募集

◎「パソコン基礎科(出雲)2」「PC・介護初任者科(大田)」
○訓練期間/9月3日(火)から11月29日(金)まで
○受講料/無料(別途テキスト代等必要)
○申込期限/8月8日(木)まで
○申込み先/最寄りのハローワーク
○問合せ先/東部高等技術校 [電話]28-2734
○担当課 産業政策課

 

●介護職のための健康づくり講座
○内容/「腰痛予防で長く元気に安全に」
○講師/藤井寛幸(ふじい ひろゆき)氏(株式会社CANVAS(キャンバス))
○とき/8月31日(土)の10時から12時まで
○ところ/いきいきプラザ島根
○対象/次の介護の資格保有者(介護福祉士、准介護福祉士、実務者研修、初任者研修、旧ホームヘルパー1級・2級、旧介護職員基礎研修、生活援助従事者研修、介護に関する入門的研修)
○参加無料、申し込みが必要
○申込期限/8月26日(月)まで
○おたずね・申込み先/社会福祉法人 島根県社会福祉協議会(島根県福祉人材センター) [電話]0852-32-5957
○担当課/産業政策課

 

●介護補助スタッフ育成講習
福祉施設のお仕事に必要とされる基本的な知識や技術を学んでみませんか。
○とき/8月28日(水)から30日(金)までの10時から16時まで
○ところ/朱鷺会館
○対象/60歳以上でシルバー人材センターでの就業を希望される方または関心のある方
○定員/15人
○受講料/無料
○申込期限/8月14日(水)まで
○おたずね・申込み先/出雲市シルバー人材センター [電話]24-1787
○担当課/高齢者福祉課

 

●都市公社霊園使用者募集
○所在地/平田町(平田愛宕山プール西側)
○募集区画/16区画(先着順)
○申込資格/都市公社霊園管理規制による
○使用料/8万5千円から22万円まで
○募集要項/都市公社のホームページをご覧ください。ホームページは「出雲市 都市公社霊園使用者」で検索してください。
○申込期限/令和7年3月31日(月)まで
○おたずね・申込み先/出雲市都市公社 [電話]63-5570
○担当課/平田行政センター地域振興課

 

●ボランティア先生による教室

◎初心者のためのスマホ教室1期・2期
○とき・内容
1期「スマホを初めて持つ方に」 8月11日(日)の13時30分から15時まで
2期「アプリってナニ?」 8月25日(日)の13時30分から15時まで
○定員/10人
○資料代/各期500円
○申込期限/各期の1週間前まで
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎はじめての終活教室1期・2期
○とき・内容
1期「これから終活を始める方に」 8月18日(日)の13時30分から15時まで
2期「生前整理の必要性とやり方」 9月1日(日)の13時30分から15時まで
○定員/10人
○資料代/各期500円
○申込期限/各期の1週間前
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎笑顔が生まれるシナプソロジー教室3期
○とき/8月21日(水)、28日(水)、9月18日(水)、25日(水)のいずれも10時から11時まで
○定員/8人
○申込期限/8月16日(金)まで
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎無料ソフトでかんたん動画編集教室
○とき/9月3日(火)と10日(火)のいずれも14時から15時30分まで
○対象/動画を安価で簡単に、見やすく編集したい方など
○定員/10人
○申込期限/8月27日(火)まで
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎丁寧な算数思考教室5期
○とき/9月3日(火)から24日(火)までの毎週火曜日のいずれも18時から19時まで
○対象/小学3年生から中学2年生まで
○定員/5人
○資料代/各回500円
○申込期限/8月27日(火)まで
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎CAD体験教室6期
○とき/9月14日(土)、21日(土)、28日(土)のいずれも13時から16時まで
○定員/6人
○資料代/2,000円
○申込期限/9月7日(土)まで
○受講料/無料
※場所などの詳細は、出雲市総合ボランティアセンターにお問い合わせください。

◎おたずね・申込み先 出雲市総合ボランティアセンター [電話]21-5400

◎担当課 市民活動支援課

 

●講演会「子どものてんかん」
 発作時の対応や心理的な支援等、てんかんに対する正しい知識を学びます。
○講師/束本和紀(つかもと かずき)氏(島根県立中央病院小児科)
○とき/8月21日(水)の13時30分から15時30分まで
○ところ/出雲保健所
○対象/家族、教職員、施設職員、その他関心のある方
○参加無料
○申込期間/8月14日(水)まで
○おたずね・申込み先/公益社団法人 日本てんかん協会島根県支部事務局 [電話]0852-23-5320
○担当課 福祉推進課

 

●戦没者遺児による慰霊友好親善事業の参加者募集
 先の大戦で父等を亡くされた戦没者の遺児を対象として、戦没された旧戦域を訪れ慰霊追悼を行うとともに、同地域の住民と友好親善を図ることを目的としています。
 実施地域や日程などの詳細は、一般財団法人 島根県遺族連合会へおたずねください。
○おたずね・申込み先/一般財団法人 島根県遺族連合会 [電話]0852-21-4025
○担当課/福祉推進課

 

●市長とふれあいミーティング
○とき/8月22日(木)の10時から12時まで
○ところ/市役所本庁 会議室
○申込期限/8月13日(火)まで
○対象/市内に居住または勤務先があるグループ等(面会者は2から5人程度)
○時間/1グループ30分以内
○広報課まで電話で申し込みが必要です。
※「市長とふれあいミーティング」は市民の皆さんとの意見交換の場であり、陳情・要望・苦情等の直接交渉の場ではありませんので、ご理解ください。また、開催日の1週間前までに、提案概要をご提出ください。
○おたずね/広報課 [電話]21-8578

相談

●全国ギャンブル依存症家族の会 島根
 ギャンブル等の問題でお困りの家族が相談できる場です。
○とき/8月4日(日)の10時から12時まで
○ところ/いきいきプラザ島根
○申込は不要です
○参加料/1,000円
○おたずね・申込み先/全国ギャンブル依存症家族の会島根 加藤 [電話]090-4061-8194
○担当課/福祉推進課

 

●土地家屋調査士による無料登記相談会
 固定資産税課税明細書の見方がわからない、土地の境界がわからないなど、不動産に関する困りごとがあればご相談ください。
○とき/8月3日(土)の13時から16時まで
○ところ/古志コミュニティセンター
○参加無料、申込は不要です
○問合せ先/島根県土地家屋調査士会出雲支部 藤原 [電話]090-4894-4290
○担当課/総務課

 

●令和5年度「社会を明るくする運動標語」入選作品
○つくりたい  笑顔あふれる  やさしい町
○斐川東中学校 須田栞那(すだ かんな)

 

●令和5年度「社会を明るくする運動標語」入選作品
○あいさつで  守れる笑顔  ふせげるキケン
○湖陵小学校 石飛紗那(いしとび さな)

8月の相談一覧

●相談名 主な相談内容(担当者) 相談日時 開催場所 おたずねの順にお伝えしま

◎女性相談
○女性相談 女性に関する問題(女性相談員)
月曜日から金曜日の8:30から17:00まで(祝日は除く) 出雲児童相談所 出雲児童相談所女性相談窓口[電話]21-8789 
月曜日から金曜日の8:30から17:00まで(祝日は除く) 出雲市役所本庁4階市民活動支援課 市民活動支援課[電話]22-2085(面接相談は予約が必要です)
○女性弁護士相談 DV、離婚など女性に関する法律相談(弁護士)(予約が必要です)
8月22日(木)13:30から16:00まで 出雲市役所本庁4階市民活動支援課 市民活動支援課[電話]22-2085

◎子ども・若者相談 不登校・ひきこもり・ニート・家庭内問題など
月曜日から金曜日の8:30から17:00まで(祝日は除く) 出雲こどもホーム内の子ども・若者支援センター 出雲市子ども・若者支援センターフリーダイヤル[電話]0120-84-7867

◎人権相談 人権、差別問題、家庭内問題(人権擁護委員)
8月1日(木)14:00から16:00まで 出雲市役所本庁5階502会議室 人権同和政策課[電話]22-7506
8月1日(木)14:00から16:00まで 湖陵コミュニティセンター 湖陵行政センター[電話]43-1212
8月5日(月)10:00から12:00まで 多伎行政センター1階 多伎行政センター[電話]86-3111
8月7日(水)10:00から12:00まで 大社行政センター1階 大社行政センター[電話]53-4444
8月21日(水)10:00から12:00まで 須佐コミュニティセンター 佐田行政センター[電話]84-0111
8月21日(水)13:30から15:30まで 斐川行政センター1階 斐川行政センター[電話]73-9000

◎消費者相談 消費生活とくらしに関すること(消費生活相談員)
月曜日から金曜日の8:30から17:15まで(祝日は除く) 出雲市役所本庁2階生活・消費相談センター 生活・消費相談センター[電話]21-6682(土・日・祝日は消費者ホットラインへお問い合わせください。[電話](局番なし)188)

◎行政相談 国・県・市の業務に関する苦情・意見・要望など(行政相談委員)
8月5日(月)10:00から12:00まで 多伎行政センター1階 生活・消費相談センター[電話]21-6682
8月7日(水)13:30から15:30まで 平田行政センター2階 生活・消費相談センター[電話]21-6682
8月13日(火)10:00から15:00まで(12:00から13:00までを除く) 出雲市役所本庁3階相談室 生活・消費相談センター[電話]21-6682    
8月21日(水)10:00から12:00まで 須佐コミュニティセンター 生活・消費相談センター[電話]21-6682    
8月27日(火)13:30から15:30まで 斐川行政センター1階 生活・消費相談センター[電話]21-6682    

◎司法書士相談 相続手続き、登記、債務整理など(電話がつながりにくいことがあります)
○電話無料相談
月曜日、火曜日、木曜日の12:00から15:00まで(祝日は除く) 司法書士総合相談センター[電話]0852‐60‐9211
随時(電話相談) 司法書士リーガルエイドしまね[電話]090‐9505‐5463
○面接無料相談 (予約が必要です)
8月8日(木)13:30から16:20まで 出雲市役所本庁2階 生活・消費相談センター[電話]21-6682
8月17日(土)13:30から16:30まで 出雲こどもホーム 司法書士リーガルエイドしまね[電話]090‐9505‐5463
◎行政書士無料電話相談 遺言や農地、墓地の手続き、官公署に対する各種許認可申請など
毎週月曜日の10:00から16:00まで(祝日は除く) 島根県行政書士会出雲支部[電話]080-1916-6081
◎結婚相談 結婚に関すること(相談日前日までに予約が必要です)
8月10日(土)、25日(日)の9:30から12:30まで くすのきプラーザ 出雲はぴこ会事務局[電話]080-2887-3865(ショートメール)(対応可能時間10:00から18:00まで)

◎就職・労働相談
○UⅠターン就職相談 学生・UⅠターン者の就職に関すること(学生就職サポーター・職業相談員)(予約が必要です)
月曜日から金曜日の8:30から17:00まで(祝日は除く) 出雲市役所本庁(会場は予約時にご案内します) 産業政策課[電話]24-7620
○就業相談会(移動ナースバンク) 看護職の求人・求職相談、看護情報の提供等
8月8日(木)13:00から16:00まで パルメイト出雲 島根県ナースセンター[電話]0852-27-8510
8月15日(木)13:00から16:00まで 県立中央病院 島根県ナースセンター[電話]0852-27-8510

◎外国語相談(ポルトガル語、ベトナム語、中国語、英語、タガログ語) (公財)しまね国際センター相談員による外国語相談(8月2日(金)までに予約が必要です)
8月6日(火)13:00から16:00まで 出雲市役所本庁1階相談室 文化国際室[電話]21-6576

◎ひとり親相談
○ひとり親相談 くらし、就労、子育てなど(母子・父子自立支援員)
月曜日から金曜日の8:30から17:00まで(祝日は除く) 出雲市役所本庁1階子ども政策課 子ども政策課[電話]21-6218
○ひとり親家庭就業相談 母子・父子家庭等の就業(母子家庭等就業自立支援センター相談員)(予約が必要です)
月曜日から金曜日の10:00から16:00まで(祝日は除く) 出雲市役所本庁(会場は予約時にご案内します) 子ども政策課[電話]21-6218

◎健康相談
○すこやかライフ健康相談 健康相談、食生活相談、運動相談(保健師、栄養士及び健康運動指導士)(予約が必要です)
8月8日(木)9:00から12:00まで 須佐コミュニティセンター 佐田行政センター[電話]84-0118
8月16日(金)9:00から16:00まで 平田行政センター相談室 平田行政センター[電話]63-5780
8月20日(火)9:00から12:00まで 湖陵行政センター相談室 湖陵行政センター[電話]43-1215
8月21日(水)9:00から16:00まで 大社行政センター相談室 大社行政センター[電話]53-3116
8月26日(月)9:00から12:00まで 多伎行政センター相談室 多伎行政センター[電話]86-3111
8月26日(月)9:00から16:00まで 斐川まめなが一番館 斐川まめなが一番館[電話]73-9112
8月27日(火)9:00から16:30まで 出雲市役所本庁相談室 健康増進課[電話]21-6979
○こころの健康相談 心の不調に関する相談(精神科医師、保健師等)(予約が必要です)
8月1日(木)13:00から14:30まで 出雲保健所 出雲保健所[電話]21-1653
8月19日(月)13:00から14:30まで 出雲保健所 出雲保健所[電話]21-1653            
8月6日(火)13:30から16:00まで 湖陵行政センター相談室 湖陵行政センター[電話]43-1215
8月6日(火)13:30から16:00まで 斐川まめなが一番館 斐川まめなが一番館[電話]73-9112
8月7日(水)13:30から16:00まで 平田行政センター相談室 平田行政センター[電話]63-5780
8月20日(火)13:30から16:00まで 多伎行政センター相談室 多伎行政センター[電話]86-3111
8月22日(木)13:30から16:00まで 大社行政センター相談室 大社行政センター[電話]53-3116
8月23日(金)13:30から16:00まで 佐田行政センター相談室 佐田行政センター[電話]84-0118
○お酒のお困りごと相談 お酒に関するお困りごと相談(酒害相談員、家族相談員、保健師等)(予約が必要です)
8月7日(水)9:00から11:00まで 出雲保健所 出雲保健所[電話]21-1653

 

●各種相談一覧
 掲載されていない相談事業(交通事故相談、難病相談、不動産無料相談、商工相談など)については、ホームぺ-ジからご確認ください。ホームページは「出雲市 各種相談」で検索してください。

 

●子育てや健康に関する事業
 あかちゃんのお世話教室、妊婦・乳幼児健康相談、離乳食教室、子育て支援センター事業、健診・がん検診、健康相談については、ホームページからご確認ください。ホームページは「出雲市 子育てや健康に関する事業」で検索してください。

まちのわだい

●映画 『仮面ライダーガッチャード ザ・フューチャー・デイブレイク』の撮影が出雲市で行われました!
 7月26日(金)公開の映画 『仮面ライダーガッチャード ザ・フューチャー・デイブレイク』の撮影が5月に出雲市と雲南市で行われ、映画「仮面ライダー」支援委員会(構成団体:出雲市・雲南市・島根県)で撮影支援を行いました。
 仮面ライダーガッチャードは、毎週土曜日にBSS山陰放送で放送されており、子どもたちから根強い人気があります。
 市内での撮影は、出雲ドーム・日御碕・旧大社駅等で行われました。見覚えのある風景が、ロケ地としてどのようなシーンで登場するのか、映画公開までお楽しみに!
 ロケ地紹介特設サイトはホームページで「しまね観光ナビ 仮面ライダーガッチャード」で検索してください。

 

●電気自動車を活用した持続可能なまちづくりに向けた包括連携協定を締結しました。
 6月4日、市は、日産自動車株式会社、島根日産自動車株式会社、株式会社日産サティオ島根とともに、「電気自動車を活用した持続可能なまちづくりに向けた包括連携協定」を締結しました。
 当日は、協定締結式において、ゼロカーボンシティの実現・災害対策の強化・環境に配慮した観光振興などに協力して取り組むことを確認するとともに、飯塚市長による日産アリアの試乗や、電気自動車からの給電デモンストレーションが行われました。
 飯塚市長は、「電気自動車は操作性が良く快適で、蓄電機能により災害時にも避難所での活用が期待できる。脱炭素に向けて、市民の皆さまにも電気自動車を啓発していきたい。」と述べ、連携に意欲を示しました。
 今後、3社との連携について、具体的な取組の検討を進めていきます。
 ホームページは「日産自動車ニュースルーム 出雲市」で検索してください。

 

●在名古屋ブラジル総領事館による「移動領事館」が開催されました。
 6月21日と22日、在名古屋ブラジル総領事館がパルメイト出雲で「移動領事館」を開催されました。
 移動領事館とは、パスポートやビザの発給、出生・婚姻の登録などの公的な手続を総領事館が出張して行うものです。
 出雲市には、西日本の都市の中で最も多い約3千人のブラジル人が暮らしています。このたびの移動領事館は、島根県での開催を希望する多くの声が総領事館に寄せられたことから実現しました。
 この移動領事館の開催に合わせて、ブラジル人住民が企画した多文化イベントも開催されました。

 

●出雲市公式SNSでも情報発信しています。ぜひ登録ください!
 出雲市の最新情報を配信中!
 ライン、フェイスブック、エックス(旧ツイッター)、ユーチューブで「出雲」で検索してください。

 

●人口推移(令和6年6月30日現在)
○人口 172,537人(前月比 マイナス15人)
○男性 83,959人(前月比 プラス11人)
○女性 88,578人(前月比 マイナス26人)
○世帯数 70,443世帯(前月比 プラス28世帯)

 

●8月の市税・保険料の納期限
市県民税(第2期)、国民健康保険料(第2期)、後期高齢者医療保険料(第2期)及び介護保険料(第3期)の納期限は9月2日(月)です。
期限までに忘れずに納めましょう。
安心・安全・便利な口座振替をぜひご活用ください。

 

●毎月20日発行 2024年8月号 No.305
○発行日 令和6年(2024年)7月19日(金)
○発行 出雲市
○編集 広報課[電話]0853-21-8578 [ファックス]0853-21-6509

  • 印刷する

このページを見ている人はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    健康福祉部 福祉推進課

    電話番号: 0853-21-6959 FAX番号:0853-21-6598

    メールアドレス:fukushi@city.izumo.shimane.jp