ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 高齢者福祉 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 相談窓口 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 地域福祉 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 生活困窮・生活保護 >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て >誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】

誰も自死に追い込まれることのない出雲市をめざして【健康増進課】


 出雲市の自死者数は減ってきましたが、依然として毎年20人を超えるかけがえのない命が自死によって失われています。自死は、個人の意思や選択の結果ではなく、その多くは心身の健康問題や経済的な問題、人間関係の悪化などにより、追い込まれた末の死と言われています。

 また、自死に追い込まれるという危機は、誰にでも起こる可能性があります。自分や、周囲の人の心の不調に気づいたら、早めに相談しましょう。
 
 ●周りの人の様子が「いつもと違う」と気づいたら、
 ●「どうしたの?」「疲れてない?」と声をかけ、
 ●その人の話をよく聞いてください。あなたの気づきと声かけで救われる人がいます。
 ●もし、あなた自身が悩んでいたら、一人で抱え込まず、相談しましょう
 

さまざまな相談窓口

日本の自死の現状・背景等

  • 日本の自死者数は近年減少傾向にありますが、毎年2万人を超えており、深刻な社会問題となっています。また、自死未遂者はその10倍とも言われており、毎年20万人以上の人が自ら命を絶とうとしていると考えられます。
  • さらに、ひとりの自死によって、周囲の5~6人が深刻な心理的影響を受けると言われており、毎年約10万人以上の人が自死の問題で悩んでいる現状があることがうかがえます。
  • 自死の背景には、様々な要因があります。心身の疾患など健康問題を理由としたものや、多重債務など経済的な問題が原因にあるもの、過重な労働環境による過労や人間関係、家庭内での問題などがひとつではなく複数が絡まりあっています。
  • 自死は、個人の意思や選択の結果ではなく、上記の複数の問題により、精神的に追い詰められた末の死であり、社会的な問題です。

出雲市の自死の現状

  • 市においても、自死者数は近年減少傾向にありますが、年間20人以上の方が自死により命を落としています。
  • 男性においては、働き盛りである30歳から60歳代の自死が多く、女性では、80歳以上の方が多いという現状にあります。また、男性は女性の2倍~3倍多い状況です。

しまね分かち合いの会・虹 ~自死遺族のつどい~

大切な人を自死で突然失う衝撃・誰にも話せなかったその辛さなどを語り合うつどいです。悲痛を遺族だけで分かち合っています。

関連情報

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部健康増進課
電話番号:0853-21-6976
FAX番号:0853-21-6965
メールアドレス:kenkou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ