ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市長からのメッセージ【3月26日掲載】

新型コロナウイルス感染症に関する出雲市長メッセージ
~市内感染症患者の確認を受けて~

出雲市民のみなさまへ

 3月26日、島根県から、県内で286例目(市内48例目)となる新型コロナウイルス感染症患者1名が確認され、変異株であることが発表されました。この方は、出雲市在住の40歳代の男性で、市内では約1か月半ぶりの確認となります。
 3月18日に政府は、緊急事態の解除を宣言しましたが、全国では、従来より感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株が広がっており、第4波の到来が懸念されています。
 これから、年度末を迎え、人の往来や大勢が集まる機会が増えます。市民のみなさまには、自分自身を、そして家族や大切な人を守り、地域と社会を守るために、次のことについて、再度ご確認をいただき、感染拡大防止の徹底をお願いします。

1 都道府県をまたぐ移動について
(1)首都圏などのように、都道府県が住民に対して、不要不急の外出自粛を要請している地域との往来については、慎重に判断してください。特に、発熱等の症状がある場合は、往来を控えてください。
(2)上記の場合で、やむを得ない仕事や就職活動、受験、葬儀、看病・介護などの往来については、発熱等の症状がある場合を除き、控えていただく必要はありません。

2 感染予防対策の徹底について
(1)感染予防のため、引き続き、マスクの着用、手洗い、3つの密を避けるなど基本的な感染予防対策の徹底と、加湿や十分な換気の徹底にご協力ください。
(2)歓送迎会等の時期を迎える中、飲食店の利用については、各店舗において感染症拡大防止対策を徹底してもらうこと、市民のみなさまにも、そうした店舗を利用して頂くことを前提として、「県外の人との飲食」は、ノンアルコールの場合を含め、県内でも県外でも、控えてください。
 

   令和3年(2021)3月26日
出雲市長  長岡 秀人

 

 

ダウンロード

ページの先頭へ