ページの先頭です。
ページの本文です。

馬木不動尊

スポット概要 

 馬木不動尊(まきふどうそん)は、「雲陽誌」によると、日本史に残る僧侶であった行基が、千葉県の成田、東京の目黒の不動尊とともに、一本の木で三体彫られた日本三体不動明王の一つと言われています。
 仏身157cm、総高295cmの木像一木刻で、通称「馬木のお不動さん」として、地元では親しまれています。
馬木不動尊
 江戸時代には、松江藩主松平公の祈願所として崇敬を受けており、そのゆかりの品も現存しています。 

地域が誇るおすすめポイント

春の桜

 4月の桜の時期になると、裏山も含めきれいな桜を楽しむことができます。
 馬木不動尊へ向かう途中の神戸川の土手にも桜が植えられており、春の風物詩を堪能できます。

スポットの場所 


Googlemapへのリンクはこちら   

 お問い合わせ先

朝山コミュニティセンター
 T E L :0853-48-0201
 F A X :0853-48-0244
 E-mail:asayama-cc@local.city.izumo.shimane.jp

このページの
お問い合せ先
経済観光部 観光課
電話番号:0853-21-6588
FAX番号:0853-21-6585
メールアドレス:kankou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ