ページの先頭です。
ページの本文です。

神門寺

スポット概要 

 神門寺(かんどじ)は、天応元年(781年)に創建されたといわれています。
神門寺
 敷地内には、人形浄瑠璃および歌舞伎の演目のひとつとして有名な『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』の登場人物である塩冶判官高貞(えんやはんがんたかさだ)や、塩冶に『有隣塾(ゆうりんじゅく)』を開講し出雲の民間教育に尽力した儒学者・伊藤宜堂(いとうぎどう)、塩冶出身の俳人・原石鼎(はらせきてい)など塩冶地区にゆかりのある著名人の墓があります。
お墓

地域が誇るおすすめポイント

いろは寺

 三世の弘法大師が神門寺で「いろは四十七文字」を作ったという言い伝えから、「いろは寺」とも呼ばれています。

銀杏の木

 敷地内には大銀杏の木があり、秋には美しく色づきます。 
銀杏

スポットの場所 


Googlemapへのリンクはこちら   

 お問い合わせ先

塩冶コミュニティセンター
 T E L :0853-21-0248
 F A X :0853-21-3837
 E-mail:enya-cc@local.city.izumo.shimane.jp

このページの
お問い合せ先
経済観光部 観光課
電話番号:0853-21-6588
FAX番号:0853-21-6585
メールアドレス:kankou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ