ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 出雲市データ > 市内の公共施設 > 教育施設 > 給食センター > 個別情報 >出雲の学校給食の歴史(一中校区)

出雲の学校給食の歴史(一中校区)

出雲地域(第一中学校区)の学校給食の歴史について、簡単に触れてみましょう。

 旧出雲市域は県内でもっとも早く学校給食が始まった所のひとつで、昭和19年(1944)に今市国民学校(現 今市小学校)で始まりました。
 その後戦後の混乱期を経て、現在の一中校区では、昭和33(1958)年4月から今市小学校で、昭和34(1959)年12月から大津小学校で、昭和37(1962)年1月から上津小学校で、昭和38(1963)年3月から第一中学校で給食が始まりました。

 このとき各学校で単独に調理場を設けていましたが、施設の老朽化を解消するため昭和47(1972)年5月から小学校13校・中学校5校・幼稚園13園の合計約11,000食を調理する給食センター(現在の第二中の場所)が完成しました。同時に朝山小学校地内の南部調理場が小学校2校・中学校1校・幼稚園1園の給食をまかなっていました。

給食を運ぶ車

 米飯給食は、昭和48(1973)年12月からアルファ化米によって月1・2回で開始され、昭和53(1978)年度から月3回に増えました。昭和55(1980)年4月から炊飯センターに全面委託し、昭和60(1985)年5月からは週3回になり、これは今も行われています。

ご飯

 一方、南部調理場は昭和49(1974)年4月に給食センターに統合され、1センター方式になりましたが、老朽化が進んだこと、見学や料理教室ができるよう時代のニーズに合わせることなどを目的に、現在の出雲学校給食センターが平成14(2002)年6月に竣工しました。
料理教室

 現在一中校区は、令和2(2021)年8月から斐川学校給食センターで調理を行っています。

 ※詳しい年表を別添PDFに掲載しています。

(注記)
 ・アルファ化米:ご飯を急速乾燥させたもの。保存が効く。

(引用文献)
 ・出雲市議会史編集委員会『出雲市議会史』(平成13(2001)年)
 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
教育委員会 教育部 学校給食課 給食センター 斐川学校給食センター

ページの先頭へ