ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 消費生活 >パソコンがウイルス感染したという警告画面を表示させるなどしてセキュリティ対策費用を要求する手口にご注意【生活・消費相談センター】

パソコンがウイルス感染したという警告画面を表示させるなどしてセキュリティ対策費用を要求する手口にご注意【生活・消費相談センター】

 「パソコンでインターネットを利用中、突然、警告画面が表示されて警告音が鳴り、さらに「パソコンがウイルス感染しています。」などと画面表示された。警告画面に表示された連絡先に電話すると、パソコンを遠隔操作し、セキュリティ対策費用として数万円の支払いを要求された。」などのような相談が増えています。
【アドバイス】
○事例のような警告画面は偽の表示である可能性が高いと考えられます。偽の表示と考えられる場合は画面を閉じましょう。
○「警告画面が偽かどうかの判断がつかない」「警告画面が消えない」「セキュリティソフト等を契約しインストールしてしまった」等の対処方法については、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページを参考にしたり、同機構の情報セキュリティ安心相談窓口に相談したりしましょう。
 ※こちらを参考にしてください。→見守り新鮮情報第340号(発行:独立行政法人国民生活センター)

このページの
お問い合せ先
総務部 総務課 生活・消費相談センター
電話番号:0853-21-6682
FAX番号:0853-21-6732

ページの先頭へ