ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 事業者向け > 入札・契約 > 建設関係 > 過去の入札制度・事務手順等 >令和元年度 入札制度・事務手順等の変更について(お知らせ)

令和元年度 入札制度・事務手順等の変更について(お知らせ)

1.土木一式工事、建築一式工事の格付けの基準点数について
入札制度検討委員会において下記のとおり決定しましたので、お知らせいたします。(建築一式工事のB級到達基準点数を変更しました。) 

  土木一式工事 建築一式工事
  総合点数(客観点数+発注者別評価点) 総合点数(客観点数+発注者別評価点)
A級 「900点以上で特定許可」 「900点以上で特定許可」
B級 「760点以上899点以下」
または
「900点以上で一般許可」
730点以上899点以下」
または
「900点以上で一般許可」
C級 「759点以下」 729点以下」

(1)建設業許可(特定・一般)による例外規定
 特定建設業許可を有しない場合は、点数がA級相当(900点以上)であってもB級とする。
(2)技術者数による例外規定
 該当工種の技術者数が2人の場合は、点数がA級相当であってもB級とする。
 該当工種の技術者数が1人の場合は、点数に関わらずC級とする。

2.平成31年4月1日から変更となる入札制度及び事務手順等
・平成29・30年度に限っては、解体工事業の建設業許可業種追加に伴う経過措置として、「建築一式工事」として発注する解体工事については、建築一式工事の建設業許可を有し、出雲市の登録で解体・建築一式のどちらかで登録された業者を対象として指名していましたが、平成31年度からは解体工事の入札参加登録を必須とします。

※以下に参考資料を掲載しています。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
財政部 管財契約課
電話番号:0853-21-6534

ページの先頭へ