ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 病気・ケガ > 給付 >国民健康保険加入者が交通事故などでケガをしたとき

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険について >国民健康保険加入者が交通事故などでケガをしたとき

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険について > 各種手続のご案内 >国民健康保険加入者が交通事故などでケガをしたとき

病気/ケガ

国民健康保険加入者が交通事故などでケガをしたとき

○国民健康保険の加入者が交通事故などでケガをし、国民健康保険を使い医療を受ける場合は、市役所保険年金課あるいは行政センターの国保窓口へ届け出ましょう。
 交通事故やけんか、他人の犬に咬まれた、食中毒など、ケガや病気の原因が第三者(加害者)の行為によるものであっても、業務や通勤に伴うものでなければ国民健康保険を使用して治療を受けることができます。
 その場合は、出雲市国民健康保険への届け出が必要です。「第三者行為による傷病届」を市役所保険年金課あるいは行政センターの国保窓口へ提出してください。
 医療費は、一時的に出雲市国民健康保険が立て替え、後から第三者(加害者)に請求します。

○示談の前にまず届け出ましょう。
 加害者から治療費を受け取ったり、示談で済ませてしまうと、国民健康保険が使えません。
 示談をする前に、必ず市役所保険年金課あるいは行政センターの国保窓口へ届け出てください。


○関連情報
 第三者求償に関する詳しい説明や届出様式などは「島根県国民健康保険団体連合会」のホームページに掲載されています。
  島根県国民健康保険団体連合会ホームページ

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部 保険年金課
電話番号:0853-21-6982
FAX番号:0853-21-6598
メールアドレス:hoken@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ