ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市名誉市民について

 出雲市名誉市民は、本市の市民又は本市に縁故の深い者で、公共の福祉を増進し、若しくは産業や文化の進展に寄与し、又は自治の発展に貢献し、その功績が卓絶で市民の尊敬の的と仰がれる方に、出雲市名誉市民の称号を贈ることにしています。
 なお、合併前の旧市、町で称号を授与されている方については、新出雲市においても名誉市民として引き継いでいます。
 

  旧市町   氏 名 主な経歴 受章年月日
(○○周年)
功 績
1 出雲 加藤 辯三郎 協和発酵工業
政府審議会会長
昭和56年11月3日
(市制40周年)
協和醗酵工業(株)を始め、数多くの会社において化学製品を生産し、なかでもストレプトマイシン、アミノ酸醗酵の工業生産、ジベレリン、核酸の工業化などを手掛け、産業の進展に多大な貢献をされた。
2 出雲 遠藤 嘉右衛門(九代) 市議会議員
県議会議長
昭和56年11月3日
(市制40周年)
市議会及び県議会議員を歴任し、その間、2回にわたり県議会議長として自治振興に多大な貢献をされた。
3 出雲 福代 良知 市議会議員
県議会議長
県農業共済組合連合会会長
昭和56年11月3日
(市制40周年)
市議会及び県議会議員を歴任し、その間、県議会議長として議会運営の民主化をはかり、地方自治の進展に多大な功績を残した。
4 出雲 森山 金一 市議会議長
県議会議長
市社会福祉協議会会長
昭和61年10月12日
(市制45周年)
市議会議長、県議会議長を歴任し、民主的な議会運営を通して郷土の伸長に多大な貢献をされた。
5 出雲 布野 信忠 市議会議長
出雲市長
県農業会議議長
昭和61年10月12日
(市制45周年)
市長を12年間務め、産業基盤の整備に多大な実績を残された。県公安委員会委員長などの要職も歴任し、安全で住みよい郷土建設に尽力された。
6 出雲 成相 善十 県議会議長
参議院議員
平成4年3月31日 昭和30年から6期にわたり県議会議員を、昭和52年から2期、参議院議員を務め、その間、農林水産政務次官等を歴任し、地方自治の振興に貢献された。
7 出雲 直良 光洋 助役、収入役
出雲市長
平成4年3月31日 市収入役、助役を歴任後、昭和48年から16年間にわたり市長として、自治振興に貢献された。
8 出雲 福間 秀雄 出雲商工会議所会頭 平成8年11月3日
(市制55周年)
昭和51年から19年間にわたり出雲商工会議所会頭として、鉄道高架事業の推進など地域経済の発展に貢献された。
9 出雲 岸 明正 出雲市農業協同組合長理事
全国農業協同組合連合会副会長
平成8年11月3日
(市制55周年)
長年にわたり出雲市農業協同組合長、県農業協同組合中央会会長、全国農業協同組合連合会副会長として、農業経営の近代化、特産品の振興などに尽力された。
10 平田 大谷 彌吉 平田町会議員
平田町長
県議会議員
昭和42年7月19日 44年間にわたり町会議員、郡会議員、平田町長、県議会議員、平田市議会議員を歴任し、市の発展に尽力された。
11 平田 木佐 徳之助 平田町長
平田市長
昭和42年7月19日 19年4か月にわたり町長、市長を歴任し市の発展に尽力された。
12 平田 原 良宗 平田市議会議員
県議会議員
平田市長
平成2年9月5日 昭和30年から市議会議員を1期、県議会議員を2期務め、昭和42年から20年間市長として、河川改修や道路整備等、市勢発展と地方自治の振興に尽力された。
13 佐田 加藤 喬 医師 昭和56年11月3日
(佐田町合併25周年)
半世紀にわたり医療を通して住民の福祉と健康保持に尽力された。
14 佐田 石﨑 英一 医師
村議会議長
県医師会議長
平成13年6月10日
(佐田町合併45周年)
永年、山間へき地医療活動に精励され、町保健連絡協議会設立や、地域保健管理システムを確立し、住民の健康管理指導に貢献された。また、窪田村議会議員、佐田村議会議員を14年間務め、2度に渡る合併に尽力された。
15 多伎 藤原 信一 村(町)議会議員
多伎町長
平成4年11月3日
(町制施行30周年)
昭和30年から16年間、村(町)議員として、また、内9年間は議長として議会の円滑な運営に尽力された。昭和46年に多伎町長に就任し、その後20年間にわたり町の発展と地方自治の振興に尽くされた。
16 多伎 田中 實 多伎村長
県議会議員
平成4年11月3日
(町制施行30周年)
昭和37年に村長に就任し、昭和38年には県議会議員となり、以降16年間にわたり、農林、総務常任委員会の委員長などを歴任し、県土全体の振興に尽くされた。
17 多伎 新田 芳信 医師(久村診療所長) 平成15年12月26日 昭和37年、国民健康保険久村診療所長として着任し、以降通算42年間にわたり地域住民の健康管理に尽力された。
18 斐川 植田 元確 出東村長
県議会議員
昭和60年10月11日 14年間にわたり出東村長を務め、昭和30年の斐川村の合併に率先して推進された。また、13年間、県議会議員を務め、地方自治の振興に尽力された。
19 斐川 吉岡 豊樹 町議会議員
斐川町長
平成7年10月20日 昭和34年から約16年間にわたり町議会議員を務め、昭和42年から5年間議長として議会運営に尽力された。昭和50年、町長に就任し産業基盤の整備などに尽力された。
このページの
お問い合せ先
総合政策部 秘書課
電話番号:0853-21-6520
FAX番号:0853-21-8577
メールアドレス:hisyo@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ