ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >マダニに咬まれないように注意しましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 >マダニに咬まれないように注意しましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 大人の健康 >マダニに咬まれないように注意しましょう!【健康増進課】

マダニに咬まれないように注意しましょう!【健康増進課】

 ダニに咬まれたことによる感染症(ダニ媒介感染症)の患者報告数が島根県を含め、全国で増加しています。
 自宅周辺はもちろん、農作業をする人やキャンプなどで野山に出かける人は特に気を付けましょう。

ダニ媒介感染症について

 ダニ媒介感染症とは、病原体を保有するダニに咬まれることによって起こる感染症のことです。中でもマダニに咬まれることにより感染する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や「日本紅斑熱」の報告が増えています。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれたことにより感染する病気です。
主な症状は発熱、消化器症状(嘔吐・下痢)で、重症化し、死亡することもあります。
感染してから6日~2週間で発症します。

日本紅斑熱

主な症状は発熱(高熱)や頭痛、関節痛、体幹部や手足の発疹です。まれに死亡すること
もあります。感染してから2~10日で発症します。

予防について

★野山や畑、家の裏山等々に出かけるときには、次のことに注意してください。
 ◎長袖、長ズボン、帽子、手袋などを着用し、肌の露出を少なくする。
 ◎マダニに効く防虫スプレーを使用する。
 ◎帰宅後は、すぐに入浴し、マダニに吸血されていないか確認をする。 

もし、マダニ等に咬まれたら・・

★もし、マダニ等に咬まれたら・・・ 
 無理にダニを取ろうとはせず、そのまま医療機関を受診してください。
 また,咬まれた後数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱等がある場合には早めに医療機関を受診してください。

★詳しい内容は、下記をご参照ください。                     
 
厚生労働省ホームページ(ダニ媒介感染症について)
 国立感染症研究所ホームページ(マダニ対策、今できること)

このページの
お問い合せ先
健康福祉部ー健康増進課
電話番号:(0853)21-6829
FAX番号:(0853)21-6965

ページの先頭へ