ページの先頭です。
ページの本文です。

ナラ枯れ被害の拡大を防止しましょう!

補助事業を有効活用し、里山の若返りを進めませんか?
 
出雲市でもコナラやミズナラが枯れる「ナラ枯れ」の被害が発生しています。
 ナラ枯れ(正式名称:ブナ科樹木萎凋病)は、ナラ類、シイ・カシ類の樹木を枯らす病原菌と、
その病原菌を媒介する昆虫による樹木の伝染病です。病原菌はナラ菌(ラファエレア菌)
と呼ばれる糸状菌(カビ)の仲間で、媒介昆虫は体長5mmほどの甲虫、カシノナガキクイムシ
(以下カシナガという)です。カシナガのメスの背中(前胸背)には、菌のうと呼ばれる貯蔵器官があり、
この菌のうにナラ菌を入れて、被害木から健全木へと運びます。
ナラ枯れについての概要は下記リンクの林野庁HPまたは「ナラ枯れ被害拡大防止チラシ(出雲市)」を
ご覧ください。
 
 本市におけるナラ枯れ被害等の発生状況については下記のとおりですが、高齢・大径化した樹木を伐採・利用
することにより、里山林を若返らせることで、ナラ枯れ被害を減少させる予防効果があります。
 
 出雲市では、下記の補助事業により市民の皆さんの活動を支援していますので、ナラ枯れ被害拡大防止にも
ぜひご活用ください。
 
   活用できる補助事業
    ・事業名   『みんなでつくる出雲の森事業』
    ・事業内容  個人または団体が、市民の山林から間伐材などを自ら運び出し、
             市内のチップ工場へ持ち込みをした場合、1トンあたり6,000円
            (市:3,000円、チップ業者:3,000円)を受取ることができます。
          
          ※事業の詳細については、関連情報からご確認ください。
      

 参考 ナラ枯れ被害について(林野庁HP)
https://www.rinya.maff.go.jp/j/hogo/higai/naragare_R2.html

関連情報

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
農林水産部 森林政策課
電話番号:0853-21-6996
FAX番号:0853-21-6592
メールアドレス:shinrin@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ