ページの先頭です。
ページの本文です。

広報いずも第18号(2005年12月8日号)

広報いずも第18号(2005年12月8日号)

表紙

宍道湖がラムサール条約に登録

 11 月8 日~ 15 日に開催されたラムサール条約(注)締約国会議で、宍道湖・中海が登録され、宍道湖が「世界的に重要な湖」であることが認められました。
 中国地方では、秋吉台地下水系(山口県)とともに初めての登録地となります。
 これで、日本の登録地は33か所になりました。
 身近な宍道湖が世界的に評価されたことを期に、水鳥だけでなく、魚介類を始めとする湿地からの恩恵を受けつつ、豊かな自然を後世に伝えていく方法を考えてみましょう。

(注)ラムサール条約とは
 正式名称は『特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』。
 イランのラムサールで、この条約が採択されました。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ