ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険について > 各種給付制度のご案内 >70歳以上の国民健康保険加入者の医療費

70歳以上の国民健康保険加入者の医療費

70歳からは医療費の自己負担割合が変わります。
自己負担割合は2割(一定所得以上の方は3割)です。


 負担割合の判定基準

 3割負担となる世帯の判定基準は次のとおりです。

課税所得額 145万円以上
収入の額

高齢者が2人以上の世帯  520万円以上
高齢者が1人の世帯    383万円以上

総所得金額等(※1) 210万円超える場合

 ※1 昭和20年1月2日以降に生まれた70歳以上の加入者がいる世帯で、70歳以上の国保加入者全員の総所得金額(収入から給与
   所得控除、公的年金等控除、必要な経費を差し引いたもの)から基礎控除(33万円)を差し引いた金額の合計額です。

 課税所得額が基準以上で、収入の額が基準額未満の方については、申請により2割負担となります。
 (該当の方には、市からご案内いたします。)

 

 高齢受給者証対象者

○70歳になった翌月(1日生まれの場合はその月)から後期高齢者医療制度該当まで

 負担割合が記載された「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」(保険証)を誕生月の月末(1日生まれは前月末)
 までに郵送しますので、手続きは不要です。

   医療機関に受診するとき必要なもの ・・・ 国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証


このページの
お問い合せ先
健康福祉部 保険年金課
電話番号:0853-21-6982
FAX番号:0853-21-6598
メールアドレス:hoken@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ