ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > くらしの便利情報 > 証明書の郵送申請 >【固定資産税】固定資産証明書等の郵便による申請について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 税金 > 固定資産税 >【固定資産税】固定資産証明書等の郵便による申請について

【固定資産税】固定資産証明書等の郵便による申請について

1.郵便での申請について
郵便での申請は、下記の要領でお願いします。

ア.証明書等交付申請書 ⇒このページの下から申請書ダウンロードページへ
 記入に際し、次の事項についてご注意ください。
 申請者欄へ申請者の氏名・現住所の記載
 (法人の場合は代表者印を申請者欄へ押印)
 ・昼間連絡がつく電話番号の記載(職場、携帯電話でも可)
 ・必要な証明書について(誰の・何が・何通必要かを明記すること。)

イ.委任状(※代理人による申請の場合)
 代理人が申請する場合には委任状が必要です⇒このページの下から申請書ダウンロードページへ
 
 委任状の取り扱いについては下記の「2.代理人が申請する場合について」をご覧ください。
 
ウ.本人確認資料
 申請する方の本人確認資料として官公庁が発行する顔写真付の証明書の写しを添付してください。
 【例:運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真有り)、パスポートなど】
 本人確認資料には氏名、現住所の記載が必要です。
 ただし、法人が代表者印にて申請される場合には、代表者の本人確認資料の添付は不要です。

エ.交付手数料分の定額小為替
 手数料は、原則として証明書等1通につき300円(納税義務者、税目、年度ごとにそれぞれ1通)ですが、証明する資産の件数によって異なります。評価証明書については、証明する資産が18件を超える場合、18件ごとに300円を加算します。
 名寄帳の写しについては、所有する資産が40件を超える場合、40件を超える部分について45件ごとに300円を加算します。具体的には下表を参考にしてください。

 定額小為替は郵便局でお求めください。

手数料

評価証明書

名寄帳の写し

300円

1件~18件

1件~40件

600円

19件~36件

41件~85件

900円

37件~54件

86件~130件

1,200円

55件~72件

131件~175件

※固定資産税の評価では、1筆の土地または1棟の家屋を分割して評価している場合があります。この場合、上記の件数は実際の土地の筆数、家屋の棟数とは一致しません。

※正確な件数は、毎年4月初旬にお送りしている課税明細書でご確認ください。電話でお問い合わせをいただいてもお答えいたしかねますので、件数が不明な場合は定額小為替の金額を多めに入れておいてください。
実際の手数料より多い金額の定額小為替をお送りいただいた場合は、差額を定額小為替でお返しいたします。

※単独所有の固定資産と複数人で共有する固定資産は証明書等を別々に発行します。また、共有の固定資産で、構成員、持分等の異なるものがある場合もそれぞれ別々に発行します。

平成27年4月1日(水)から、資産税課で扱う証明等の手数料を改定しました。詳しくは、このページ下にある「平成27年4月1日から証明等の手数料を改定しました」をご覧ください。

オ.返信用封筒
送り先を記入し、82円切手を貼ってください。

※返信用封筒の返信先の宛名は、必ず申請者のご住所でお願いします。交付申請書に記載された申請者以外の住所を返信用封筒に記入されてもお送りできませんのでご承知願います。
ただし、例えば法人等の場合、申請者が本店で経理部門が別住所にあるようなケースがありますが、この場合は住所が異なっても返送可能です。

カ.送り先
〒693-8530
島根県出雲市今市町70  出雲市役所 資産税課

2.代理人が申請する場合について
下記の場合には委任状が必要です。 ⇒このページの下から申請書ダウンロードページへ

  ア.個人の証明等を別世帯の人が申請する場合

  イ.法人の証明等を申請する場合(委任者の印鑑は、代表者印を押印してください)

※同一世帯の方であれば委任状は不要ですが、出雲市外の方については、同一世帯人かどうかを出雲市で判断ができないため、同一世帯であることが分かる書類の写しを添付してください。【例:住民票の謄本など】
※所有者が死亡していた場合や、年度途中で売買等で所有者が変った場合など委任状がとれない場合があります。その場合、相続関係が分かる書類や、所有権が移ったことが分かる書類を添付していただく必要があります。
また、特殊なケースの場合は、必要な書類等を添付していただければ証明書を交付できるケースもあります。
詳しくは下記の表をご確認ください。

 ●主な証明書等交付一覧(○:交付可能、×:交付不可)

※申請される際は、本人確認書類の写しは必要です。

 

申 請 人

    交付できる証明等

必要な添付書類

評価

証明

課税

証明

公課

証明

名寄帳()

1

本      人

 

2

共   有   者

 

3

同 一 世 帯 の 親 族

出雲市外の方は同一世帯であることが分かる書類(住民票の謄本など)

4

納 税 管 理 人

 

5

相   続   人

(同 一 世 帯)

出雲市外の方については相続関係が分かる書類(戸籍謄本または戸籍抄本の写しなど)

6

相   続   人

(別 世 帯)

本人との相続関係が分かる書類(戸籍謄本または戸籍抄本の写しなど)

破産管財人など法定代理人

法定代理人であることが分かる書類の写し 

 賦課期日後に固定資産を

 取得した者

×

固定資産を取得したことが分かる書類(登記済証・売買契約書など)

※取得した固定資産についてのみ交付可能

民事訴訟費用等に関する法律に
より申立てをしようとする者

×

× 

× 

訴状の写し 

10

弁護士・司法書士

× 

× 

× 

「固定資産評価証明書の交付申請書」(統一様式による申請のみ。職印必須) 

11

競売申立の添付書類

として請求するもの

× 

× 

× 

・不動産競売申立書の写し

・債権者であることの確認ができる契約書または抵当権の設定が分かる登記事項証明書の写し

※上記の2種類の書類が必要 

12

借   地   人

× 

× 

借地のみ

13

借   家   人

× 

× 

借家およびその敷地である土地

14

金  融  機  関

※1

※1

×

金銭消費貸借契約書等に証明書等の交付の委任条項がある場合

15

税   理   士

税務代理権限証書(税理士法第30条)を持参

16

不 動 産 の 競 落 人

× 

×

× 

代金納付期限通知書の写し

17

成 年 後 見 人

成年後見人であることが分かる書類の写し

18

保 佐 人・補 助 人

保佐人・補助人であることが分かる書類の写し

※申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特別の法律行為」であれば可

  ※1:約款に証明書等の交付に関する委任事項がある場合

上記のケース以外にも様々なケースがあると思われますので、証明書がとれるかどうか不明な場合は資産税課までお問い合わせください。 

 申請書・委任状の様式のダウンロードはこちらから

関連情報

このページの
お問い合せ先
財政部 資産税課
電話番号:0853-21-6820/6667
FAX番号:0853-21-6832
メールアドレス:shisanzei@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ