ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 子どもの健康 >腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 大人の健康 >腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 食育 >腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に気をつけましょう!【健康増進課】

令和4年9月、京都府でレアステーキと称するユッケ様の食品等を原因とした腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しました。 
大腸菌は、家畜や人の中に存在し、いくつか人に下痢などを起こすものもあり、病原性大腸菌と言われています。その中でも、ベロ毒素を生産し、出血を伴う腸炎などを引き起こすものが腸管出血性大腸菌です。

◎食中毒予防の3原則
  食中毒を予防するためには、細菌やウイルスを「付けない」「増やさない」「やっつける」の3原則を守ることが大切です。

腸管出血性大腸菌による食中毒を防ぐため、次の点に注意しましょう。

◎予防法

 ・調理前や盛り付け時などは手洗いをしっかりしましょう。
 ・肉や魚の汁が、野菜など生で食べるものに付かないようにする。
 ・調理器具は洗浄・消毒し、しっかりと乾燥させて保管しましょう。
 ・食品は冷蔵庫の温度10℃以下、冷凍庫は-15℃以下で保管しましょう。
 ・生ものは早めに調理しましょう。
 ・食肉等を調理するときは、中心部まで 十分に加熱(75℃・1分以上)する

 *家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省ホームページ) 

◎感染経路
 ・菌に汚染された飲食物を摂取する。(生レバー、ユッケ等の生肉、加熱不十分の食肉など)
 ・動物に接触して感染する。
 ・菌に汚染された井戸水やプールの水などから感染する。      

◎ 特徴
 ・感染力が強い
 ・乳幼児・高齢者がかかりやすい
 ・ヒトからヒトへの二次感染によって広がる可能性がある。
 ・潜伏期間が長い
 ※2~14日(平均3~5日)と長く、感染しても症状が出ない場合もあります。

◎食中毒かな、と思ったら

他に原因がないのに、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、発熱などの症状があったら、食中毒の可能性があります。次のことを守り、早めに受診しましょう。

下痢止めを飲まない

かえって菌やウイルスを腸内にとどまらせ、増殖させてしまいます。

水分補給だけで、食べない

十分な水分の補給がまず大切です。食べ物は、菌やウイルスにエサを与えることにもなります。

受診の際には状況をくわしく伝える

どんな症状か、家族にも同じ症状の人がいないか、どこで何を食べたかなど、お医者さんにくわしく報告しましょう。  

 詳しくは下記ホームページをご覧ください。 
 ▷厚生労働省ホームページ
 ▷島根県ホームページ


 
このページの
お問い合せ先
出雲市役所 健康増進課 健康企画係
電話番号:(0853)21-6829
FAX番号:(0853)21-6965

ページの先頭へ