ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 災害・緊急情報 > 被災されたみなさまへ > 事業者などへの支援・相談 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > 募集中 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 産業・雇用・労働・観光 > 商工業 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 産業・雇用・労働・観光 > 商工業 > 商業 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

現在位置: トップページ > 事業者向け > 企業支援 > 商工業 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

現在位置: トップページ > 事業者向け > 企業支援 > 商工業 > 商業 >「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」により被害を受けた中小企業等の事業用施設設備・備品の修繕費等の一部を補助します。

 令和3年7月上旬及び8月に発生した大雨災害により被災された皆さまに心よりお見舞い申しあげます。

 この度の災害により被災された中小企業等が事業継続していくため、事業用に使用されていた施設設備備品の修繕費等の一部を補助します。

 既に本補助金に申請を行い、補助事業が完了し、実績報告の提出行われる方はこちらをご覧ください。
 

1 制度概要

(1)名称  
  出雲市被災地域中小企業等事業継続緊急支援補助金

(2)補助対象者
 以下の要件を全て満たす事業者が対象となります。

 ア 「令和3年7月6日からの大雨」、「令和3年8月9日の台風第9号」、「令和3年8月12日からの大雨」(以下、対象災害)のいずれかの災害により被害を受けた者であること。
 イ 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に定義する者であって、原則として市内に主たる事務所、工場等を置く者であること。
 ウ 島根県税及び市税の滞納がないこと。
 エ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団又は暴力団員でなく、これらと密接な関係を有していない者であること。
【※上記要件を満たしていても、以下の業種を営む事業者等は補助の対象外となります。】
  ・みなし大企業
  ・農業、林業、漁業
  ・競輪及び競馬等の競走場、競技団、芸ぎ業
  ・場外馬券売場、場外車券売場、競輪及び競馬等予想業
  ・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する風俗営業の一部又は第5項に規定する性風俗関連特殊営業に属する事業(例:キャバレー、ぱちんこ屋、まあじやん屋、性風俗関連特殊営業など)
  ・宗教、政治・経済・文化団体が事業を実施する場合

(3)補助対象経費等
  ア 使用目的が事業遂行に必要不可欠な施設、設備、備品の修繕費用
  イ 備品購入費及びリース費用(修繕に係る経費より安価な場合のみ対象)
        ※備品購入及びリース費の契約期間が補助対象期間を超える場合は、補助対象期間分のみが補助対象となりますので、申請をされる場合は事前にご相談ください。
  【ただし、下記の経費等は補助の対象外となります。】
   ・補助の申請を行う前に、発注した経費
    
ただし、申請をする前に発注せざるを得なかった経費については、補助の対象となる場合がありますので、申請を希望される場合は下記の当該補助金の手引きをご確認ください。
   ・事業のために利用していない施設、設備、備品等への経費
   ・保険で対応した経費(ただし、保険対応額を除いた「自己負担部分」については対象)
   ・国や県の補助金又は他の市補助金の交付を受けた経費、又は受ける見込みである経費
   ・補助対象経費の発注先が三親等以内の親族、同居の親族、出資額の50%を超えるいわゆる親子会社である場合

(4)補助率等
  補助対象経費の2/3以内(千円未満切り捨て) 
  【補助金上限額】1事業あたり200万円

(5)申請期限
  令和3年10月29日(金) 午後5時15分(必着) 

2 申請手続等について

 申請を希望される方は、必ず手引き(こちらをクリック)をご覧ください。
 ★申請から補助金支払いまでの大まかな流れ(詳細は手引をご確認ください。)
交付申請】       【申請期限】令和3年10月29日(金) 午後5時15分(必着)     
  
交付決定】       申請内容が適切であった場合、交付決定を行います。
      

補助事業の実施】  申請された補助事業を実施してください。
      
▼      
実績報告】       補助事業完了後、その内容を市へ報告してください
      
補助金額の確定】  市が実績報告の内容を確認し、内容が適正であると確認できた場合、お支払いする補助金額を確定します。
       ▼      
補助金の支払】   指定された口座へ補助金を振り込みます。

 (1)申請手続(抜粋)(詳細は手引きをご確認ください
  
下記書類をご準備のうえ、郵送または持参により提出してください。
 【提出先】出雲市役所 商工振興課 商工企画係 (〒693-8530出雲市今市町70番地)
 ★提出書類一覧(●印は下記ダウンロードフォルダから取得できます。)

NO

提出区分

交付申請書類

摘要

1

必須


 
 

●交付申請書

様式第1号(※押印不要です。)

2

●別紙1

補助事業の内容

3

●別紙2 

事業経費内訳書(経費明細表)

4

 見積書(写し)

 補助対象経費の種別及び契約金額に応じて、下記のとおり見積書を提出してください。
 ※2者以上から見積を取得した場合、金額の最も安い見積が補助の対象となります。
【施設設備等修繕費を補助対象経費とする時】
 契約金額が20万円(税込)未満の場合 1者分
 契約金額が20万円(税込)以上の場合 2者以上

【備品修繕費を補助対象経費とする時】
 契約金額が10万円(税込)未満の場合 1者分
 契約金額が10万円(税込)以上の場合 2者以上

【備品購入費又はリース費を補助対象経費とする時】
 契約金額が10万円(税込)未満の場合 1者分
 契約金額が10万円(税込)以上の場合 2者以上

5

 対象災害による被災状況の詳細が分かる書類

 いずれかの対象災害に係る「被災写真」及び「被災届出証明書等」
 ※被災届出証明書については、「本市総務課」及び「各行政センター」にて取得可能です。

6

 市税等の滞納のない証明

「本市市民税課」及び「各行政センター」で取得可能です。

7

 島根県税の納税等の証明書

東部県民センター出雲事務所納税課(出雲市大津町1139)で取得可能です。

8

●暴力団排除に関する誓約書

 ー

9

 事業者所在地がわかる書類

全部事項証明書、確定申告書等のいずれかの写し

10 ●申請内容チェックシート  ー
11

状況に応じて提出

●理由書 4の見積書のうち、修繕等に緊急を要したため、1者分の見積書しか取得しておらず。2者以上の見積書が提出できない場合に提出してください。

12

●債権者登録書

補助金の振込先を登録するための書類です。本市に口座登録がある場合、提出不要です。
※ただし、登録口座がある場合でも、登録口座以外の口座に補助金の振込を希望する場合は、提出していただく必要があります。

※申請書類受付後、内容審査・確認を行う過程で、後日改めて「訂正依頼」や「上記以外の追加書類の提出依頼」、「本市職員が事業所に出向き、被害状況のヒアリング」等を実施する場合があります。

(2)
申請書等の備付施設
 (市役所)市役所(本庁4階)商工振興課
      
平田、佐田、多伎、湖陵、大社、斐川 各行政センターの市民サービス課
 (市内商工団体) 出雲商工会議所平田商工会議所出雲商工会斐川町商工会

3 申請後の手続について(概要)(詳細は手引をご確認ください。)

(1)交付決定(市が実施) 
  提出していただいた書類をもとに、市及び県で審査を行い、申請内容のとおりに補助事業を実施した場合にお支払いする補助金額をお知らせします。
  ※申請書受領後、書類審査を行い、約2週間程度で市から交付決定通知書を発送します。
  ※「申請書受領」とは、提出書類がすべて揃い、不備がない状態を指します。

(2)補助事業(申請した事業)の実施 (申請者が実施)
  
交付決定通知が届きましたら、申請内容のとおりに補助事業を実施(修繕や購入する備品等の発注、支払等)してください。

(3)補助事業の変更(必要に応じて) (申請者が実施)
  
当初申請した補助事業の内容や経費について、変更が見込まれる場合は、市に対し事前に変更承認申請を行う必要があります。
  ※ただし、変更承認申請を行う必要がない場合もあります。詳細は手引をご確認ください。

(4)実績報告 (申請者が実施)
  
補助事業が完了したときは、その日から30日を経過した日又は、事業の属する年度の末日のいずれか早い日までに実績(申請の内容のとおり補助事業を実施したこと等)を報告していただきます。
  必要書類については、こちらからダウンロードしていただけます。

(5)補助金額の確定 (市が実施)
  
市が実績報告の内容を確認し、適正に補助事業が行われたことを確認できた場合に、補助金額を確定いたします。
  その後、市から「確定通知書」を発送し、最終的にお支払いする補助金額をお知らせいたします。

(6)補助金の支払 (市が実施)
  
補助金額の確定後、指定された口座へ補助金を振り込みます。
 【振込の目安】実績報告提出後から約1か月(振込予定日は市から事前にお知らせします。

4 その他留意事項

 当該補助金をはじめとした公的補助制度を活用して取得・修繕等を行った財産(備品等)については、長期間にわたる書類の保管や財産処分の制限等が科されます。
 詳しくは手引きをご確認ください。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
経済観光部 商工振興課
電話番号:0853-21-6572
FAX番号:0853-21-6838
メールアドレス:shoukou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ