ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市はシトラスリボンプロジェクトに賛同しています!【人権同和政策課】

  ~ただいま、おかえりって言いあえるまちに~

みんなで広げよう

シトラスリボンプロジェクト




◆シトラスリボンプロジェクトとは


 シトラスリボンプロジェクトは、「たとえウイルスに感染しても、だれもが地域で笑顔の暮らしを取り戻せる社会にしたい」という願いから、愛媛県で始まりました。
 愛媛県の特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンを身につけて、思いやりの気持ちを表す活動です。リボンの3つの輪は、「地域」「家庭」「職場・学校」を表しています。

 人のご縁をたいせつにしてきた出雲だからこそ、それぞれの暮らしの場で、「ただいま」「おかえり」そう心から言いあえるひとの輪を、いっしょに広めませんか。
 たとえコロナ禍であっても、その後も、差別や偏見のない、みんなが心から暮らしやすい出雲市をめざしましょう! 



☘出雲市はこの活動に賛同し、ウイルスに感染しても
励ましと支え合いで安心して暮らせる社会をめざします☘

 

シトラスリボンを身につけて思いやりの輪を広げましょう

(1)シトラスカラー(柑橘をイメージした色)のリボン・紐などを準備します。リボンの色や材質はあなたの創意工夫で。

(2)その材料で「地域・家庭・職場(or学校)など」を示す「三つの輪」をつくれば、「シトラスリボン」のできあがり。


「シトラスリボンの作り方」の動画はこちら!
詳しくは「シトラスリボンプロジェクト公式ホームページ」で!
https://citrus-ribbon.com/

 

みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト
~七夕イベント~を開催しました!

 
8月6日に、出雲市役所で七夕イベントを開催しました。
参加者の皆さんがそれぞれの思いを胸に、シトラスリボンを作ったり、短冊に願いを書いたり、このコロナ禍で今の自分に何ができるのかを考えるよい機会となりました。


ただいま、おかえりって言いあえるまちに・・・
「みんなで、つくろう、みんなが心から暮らしやすいまち、出雲。」
こんな今だからこそ、私たち、ひとり一人が、できることを。
「TAKE ACTION!」

「思いやりのあるまちってどんな町だろう?」
「みんなが暮らしやすいまちって?」
「こんなまちになるといいな!」
「そのために、私たち、ひとりひとりができることってなんだろう?」



それは、小さなことかもしれません。

でも、1人の100歩より、100人の1歩。
      
 

私たちの、その小さな積み重ねで、
きっと、このまちを、もっといいまちにできる!
あなたも、一緒にできることを考えてみませんか。
たかが、1ミリ、されど、1ミリ。
 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総務部 人権同和政策課
電話番号:0853-22-7506
FAX番号:0853-22-7502
メールアドレス:jinken@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ