ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(緊急小口資金・総合支援資金特別貸付について)

受付日 令和2年(2020)
12月1日
回答日 令和2年(2020)
12月15日
担当課 福祉推進課
 意見の内容


 これら両資金は、新型コロナ感染症の影響を受け、休業や失業で生活に困った人々のための支援資金です。
 これら両資金の貸付件数は、4~10月末で952件(2億9000万円)となり、前年度同期の30倍に上るとのことです。
 一方、「出雲市中小企業等緊急支援給付金」は、2612社に給付されています(本年9月15日まで)。新型コロナの影響で、売上高が50%以上減少した月がある事業者は、2537社もあり、この中に個人事業者も相当数含まれています。売上高が50%以上減少した月があれば、その前後の月でも30%以上減少した月もあると思いますので、個人事事業主の収入が激減していると予想され、生活に困っておられると思われます。そう考えれば、緊急小口資金、総合支援資金の申込数が、もっとあっても不思議ではありません。両資金の広報を拡充する必要があると考えます。
 市は広報だけでなく、商工振興課と連携し、商工会・商工会議所からも困ってる個人事業主等への対応をきめ細かく行っていく必要があります。そうしないと、今後、廃業、倒産が多発することになります。
 

 回答の内容


 緊急小口資金・総合支援資金の特別貸付については、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等による生活困窮者を対象に、出雲市社会福祉協議会で実施されており、市としましても広報紙やホームページで広報を行い、制度周知を図ってきたところです。
 また、新型コロナウイルス感染症に係る支援策については、個人・世帯向け支援や事業者向け支援を合わせた特集号による広報を臨時で発行し、幅広く制度周知に努めてまいりました。
 引き続き、幅広く市民の方に向けた広報をはじめ、関係各課や諸団体と連携し、きめ細やかな対応を図ってまいります。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ