ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(市立総合医療センターの発熱外来について)

受付日 令和2年(2020)
11月26日
回答日 令和2年(2020)
12月11日
担当課 病院総務課
 意見の内容


 当医療センターに発熱外来施設を設置される計画があると思います。

1.12月補正予算案に4000万円が計上されていますが、予算が可決成立後に入札をし着工すれば、来年3月の完成予定ですか。

2.人的体制は、どうなるのでしょうか。一般外来の医師・看護師とは別にスタッフを配置されるのですか。医療スタッフの確保は可能ですか。

3.発熱外来で受診する患者は、インフルエンザとコロナの可能性があります。コロナの検査をする態勢をとられますか。予算の額からすると、PCR検査機器を導入されることが予想されますがどうでしょうか。

4.インフルエンザと新型コロナの同時流行への対応として、発熱外来の設置は不可欠ですが、そもそも公立病院として新型コロナ患者対応を当医療センターでは、どのように考えられていますか。PCR検査はするのか否か、感染者病床を確保するのか否かはどうでしょうか。

5.発熱外来施設設置までの間は、発熱外来をどう対処されますか。
 

 回答の内容


 12月1日から院内の態勢を整え、発熱外来・検査センターの運用を開始したところです。発熱外来については動線分離など感染防止対策を行っており、検査センターについてはドライブスルー方式により実施しています。
 なお、12月補正予算に必要な経費を計上しており、並行して準備を進めています。
 新型コロナウイルス感染症対策については、島根県の医療提供体制の中で求められている公立病院の役割を果たしています。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ