ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市長からのメッセージ【12月7日掲載】

「新型コロナウイルス感染症」市内感染症患者確認に伴う出雲市長からのメッセージ

出雲市民のみなさまへ

 12月6日・7日、島根県から、県内で156例目(市内11例目)、157例目(市内12例目)及び158例目(市内13例目)となる新型コロナウイルス感染症患者3名が確認されたとの発表がありました。
 今回発表された方のうち、157例目(市内12例目)の方は、島根県立中央病院の病棟に勤務されています。
 全国的に医療従事者及びその家族に対して、個人を特定する行動や、誹謗中傷を行う事案が発生していますが、新型コロナウイルス感染症は誰でも感染する可能性があり、こうした行動は、感染症患者の人権を守り、感染拡大を防止するために、決して許される行為ではなく、厳に慎んでいかなければなりません。
 市民のみなさまには、医療従事者の感染症患者が含まれており、不安を感じている方もあると思われますが、市としては、引き続き県と連携し、万全な体制で情報収集、感染拡大防止に努めてまいりますので、県及び市が発信する正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いします。
 

 令和2年(2020)12月7日
出雲市長  長岡 秀人
 

 

ダウンロード

ページの先頭へ