ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市長からのメッセージ【12月6日掲載】

「新型コロナウイルス感染症」市内感染症患者確認に伴う出雲市長からのメッセージ

出雲市民のみなさまへ

 12月5日、島根県から、県内で154例目となる新型コロナウイルス感染症患者1名が確認されたとの発表がありました。この方は、出雲市在住の60歳代の女性で、市内では約4か月ぶりの10例目となります。
 現在、出雲保健所において行動履歴や濃厚接触者についての調査が進められており、今後状況により新たな患者が確認されることも想定されます。
 また、ここ数週間で松江市及び安来市においても、連続して新型コロナウイルス感染症患者が確認され、不安を感じている方もあると思われますが、市としては、一般電話相談窓口の開設時間の延長など万全な体制で県と連携し、情報収集、感染拡大防止に努めてまいります。
 市民のみなさまには、県及び市が発信する正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いするとともに、くれぐれも個人情報の詮索や誹謗中傷などの行為を行わないようお願いします。
 なお、発熱、倦怠感などの症状がある場合は、かかりつけ医療機関や出雲保健所「新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター」にご相談ください。
 市民のみなさまには、引き続き、マスクの着用、手洗い、3つの密を避けるなど基本的な感染防止策の徹底と、寒い季節ではありますが、加湿や十分な換気にも心がけていただくとともに、この新型コロナウイルス感染症が一日でも早く収束し、元気な出雲市を取り戻せるよう共にがんばりましょう。

令和2年(2020)12月6日

出雲市長  長岡 秀人
 

 

ダウンロード

ページの先頭へ