ページの先頭です。
ページの本文です。

出雲市長からのメッセージ【11月26日掲載】

新型コロナウイルス感染症の感染者が市内施設で確認されたことに伴う出雲市長からのメッセージ

 出雲市民のみなさまへ

 松江市から、新型コロナウイルス感染症患者が、11月25日に1名、26日に1名確認されたとの発表がありました。
 この2名は、いずれも松江市在住で、出雲空港ビル内の事務室に勤務する方ですが、基本的には一般利用客との接触しない業務に従事されており、市内感染が拡大する可能性は低いとのことです。
 全国的には新規感染症患者が増加傾向にあり、第3波到来といわれる中ではありますが、市内においては、ここ4か月間新たな感染症患者の確認はありません。
これは、感染リスクと隣合わせの中で、日常生活の感染予防を徹底していただいた市民のみなさまのご努力と事業者のみなさまのご協力によるものです。心から感謝申しあげます。
 これから冬本番を迎え、窓を閉め切りがちになりますが、市民のみなさまにおかれましては、適切な温度を保ちながら、加湿や十分な換気にも心がけていただくとともに、引き続き、マスク着用、手洗い、3つの密を避けるなど、基本的な感染防止策の徹底をお願い申しあげます。
 また、発熱、倦怠感などの症状がある場合は、かかりつけ医療機関や出雲保健所「新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター」に電話でご相談ください。
 なお、新型コロナウイルス感染症は誰でも感染する可能性があり、感染への不安から、偏見や差別、誹謗中傷などにより、患者やその関係者を傷つけたりすることがないよう、冷静な対応を重ねてお願い申しあげます。

令和2年(2020)11月26日

出雲市長  長岡 秀人
 

 

ダウンロード

ページの先頭へ