ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > いざという時に > お知らせ >令和2年11月1日から、発熱などの症状が出た際の相談・診療・検査体制が変わります【医療介護連携課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >令和2年11月1日から、発熱などの症状が出た際の相談・診療・検査体制が変わります【医療介護連携課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >令和2年11月1日から、発熱などの症状が出た際の相談・診療・検査体制が変わります【医療介護連携課】

令和2年11月1日から、発熱などの症状が出た際の相談・診療・検査体制が変わります【医療介護連携課】

 市民の皆様へ

  今冬のインフルエンザの流行に備え、新型コロナウイルス感染症も含めた相談・診療・検査が地域で適切に提供できるよう、発熱などの症状がある患者が保健所に相談することなく、かかりつけ医などの地域で身近な医療機関に直接電話をして受診できる体制が整備されました。
 この新たな体制は、11月1日からスタートします。

1 発熱などの症状が出たときは
 
まずはかかりつけ医に電話などで相談しましょう。
           
2 相談先に迷う場合は
   かかりつけ医がいない場合や、かかりつけ医で受診できない場合、受診すべきか迷う場合には「しまね新型コロナウイ ルス感染症『健康相談コールセンター』」へ電話でご相談ください。
       『健康相談コールセンター』(出雲保健所)
      電話番号:0853-24-7017
      開設時間:全日8:30~21:00(緊急の場合はこの限りではありません)
 
 
 → 詳しくは、こちらをご覧ください(島根県ホームページ)

ダウンロード

ページの先頭へ