ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(農地転用許可審査の透明化について)

受付日 令和2年(2020)
9月18日
回答日 令和2年(2020)
10月2日
担当課 農業委員会事務局
 意見の内容


 新聞報道によると、今9月議会に市内農業者から出ていた農地転用許可の審査の透明化を求める陳情を農林水産委員会において継続審査とすることを決定されました。
 そもそも、審査基準が明文化されておらず、市が内部運用している不透明な現状は問題があると考えます。
 ルール(基準)を明文化することで、不都合が生ずるというのは、おかしな理屈です。
 現状のように農転許可が多く、農振地域の除外も意外に容易になされているのが問題であり、大いに疑問があります。
 ルールを公表すれば、転用目的の土地取得が横行する恐れがあるとして、市は明文化に否定的な考えを示されていること自体が市民には理解・納得ができません。
 市議会はもとより、市行政においても十分な議論を尽されることが不可欠です。
 

 回答の内容


 農業委員会は、公正かつ慎重な審理を行うために、優れた識見を有する委員により構成され、個別の案件を合議制により判断しており、その判断基準を一様に明文化することは難しいと考えます。
 また、審議の透明性を確保するため、議事録の公開が義務付けられており、出雲市農業委員会においても議事録をホームページで公開してます。
 一方で、今後、市議会において今回の陳情の審査結果がでましたら、必要な対応を検討したいと考えています。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ