ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(国臨時交付金の執行状況について)

受付日 令和2年(2020)
9月17日
回答日 令和2年(2020)
10月1日
担当課 政策企画課
 意見の内容


 第一次国臨時交付金の本市への配分額5憶7800万円、第二次分17憶7500万円について、次のとおりおたずねします。

1.第一次分及び第二次分の執行済額は、それぞれいくらですか。

2.国臨時交付金は使途に制約がありますか。新型コロナ経済対策を目的に、市の考えで使える余地はありますか。

3.第一次及び第二次分の執行残額は、どのようにされる考えですか。
 

 回答の内容


1、3について
 国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下「臨時交付金」とします。)を活用した、新型コロナウイルス感染症対応緊急経済対策として、9月末までに約44億円を投じた事業実施を決定しています。そのうち臨時交付金は、第一次分及び第二次分を合わせて約18億円を充当しています。
 配分額との差額については、今後の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮しながら有効活用する考えです。

2について
 臨時交付金は、用地の取得費や貸付金など一部充当できない経費もありますが、新型コロナウイルス感染症への対応として効果的な対策であり、地域の実情に合わせて必要な事業であれば、原則として使途に制限はありません。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ