ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(海岸のごみについて)

受付日 令和2年(2020)
8月31日
回答日 令和2年(2020)
9月9日
担当課 環境政策課
 意見の内容


 先日17日に稲佐の浜へ行ったときに、浜にすごくたくさんのごみがあり、とてもショックを受けました。観光の方はたくさんおられましたけど、いつもゴミがあると思っておりましたが、こんなにひどいのは初めてでした。
 それで28日に市役所のごみの係の方に電話して、ゴミ拾いをした後に、どうやって捨てたらいいか聞きました。それから稲佐の浜へ夕方、娘と二人ゴミ拾いに行きました。45リットルの袋で拾っていきました。暮れてきたときに浜の左の奥から男性がゴミ袋を70リットルのものを二つ持ってこられました。お話しすると、なんと観光客の方でした。大社町内の旅館に泊まっておられて、旅館からゴミ袋をもらわれたようです。旅館の方が後は処理してくださるということでした。先日よりもごみは少なかったですが。本当に恥ずかしくて恥ずかしくて。神様は泣いておられると思います。常日頃からきれいにしてほしいと切に思いました。
 いつもきれいな環境に出雲は特にするべきです。稲佐の浜だけの問題ではありません。天候が荒れるとまたゴミがと市役所の方は言われましたけど。汚いのは変わりありません。プラスティックのごみがたくさんあります。本当に悲しく思いました。もちろんゴミ拾いにはわたしも海に行くときはすることにします。そういう意識を皆さんが普通にもてる出雲にしてほしいと願っております。よろしくお願いいたします。
 

 回答の内容


 このたびは、わざわざ時間を割いて海岸の美化にご協力いただきましたこと、心から感謝申しあげます。
 稲佐の浜は島根県松江水産事務所が年間を通じて業者委託により管理しておりますので、今回いただきましたご意見については申し伝えます。
 一方、ボランティアの皆さんが拾われたごみの回収は市が行っていますが、稲佐の浜だけで昨年度一年間で26回、延べ2千人の方にごみ拾いを行っていただくなど、地元の皆さまのおかげで美しい海岸が保たれています。
 現在、稲佐の浜以外にも7月に発生した集中豪雨により外園海岸や、西浜海岸、キララビーチ付近などに大量のごみが漂着しており、管理者である島根県が回収に向けて準備をしているところです。
 全国からお越しいただく観光客の皆さまを気持ちよくお迎えするためにも、今後も引き続き島根県と連携を図りながら海岸美化に努めてまいります。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ