ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(公共施設のトイレに消毒液などを設置することについて)

受付日 令和2年(2020)
7月6日
回答日 令和2年(2020)
7月17日
担当課 行政改革課
交通政策課
 意見の内容


 公共施設のトイレに消毒液などを設置してほしい。
 (新型コロナウイルスの感染拡大防止のために)
 湖遊館駅、一畑口駅、愛宕山公園、平田スポーツ公園の写真を添付します。
 

 回答の内容


 本市が管理する公共施設の新型コロナウイルス感染拡大予防対策としては、施設の入り口に消毒液を設置し、利用者に手指消毒への協力をお願いするとともに、ドアノブ、手すり、道具など、利用者が触れる箇所の消毒や、休憩時間等を利用してできる限り窓を開けて換気するなど、日常的に感染拡大予防対策を行っているところです。
 トイレの手洗い場のせっけん・消毒液については、盗難のおそれや清潔な状態で保持することが困難であることなどから、無人の施設では設置していない場所もありますが、職員や指定管理者による管理が可能な場所については、せっけんまたは消毒液を用意するなどの対策を行っております。
 一方、一畑電車の各駅のトイレは、一畑電車株式会社で管理されています。各駅の消毒液の設置については、有人駅には待合室に設置してありますが、ご指摘の「湖遊館新駅」、「一畑口駅」は無人駅のため、盗難や管理上の問題から設置してありません。
 現在、一畑電車では新型コロナウイルス感染拡大防止策として、各駅及び列車内において利用者が触れる箇所の消毒や換気の実施に加え、駅員全員のマスク着用、手洗い・消毒の励行、体温測定を義務化するなどの対応もされています。
 今後も皆さんに安心してご利用いただくよう、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止に向けて取り組んでまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ