ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(野良猫の対応について)

受付日 令和2年(2020)
6月18日
回答日 令和2年(2020)
6月26日
担当課 環境政策課
 意見の内容


 先日、我が家の物置の階段の上で、野良猫が4匹子どもを産んで大変な目にあいました。洗濯物も干せなくなり、いっさい窓も戸も開けられなくなりました。ちょっとのすきを狙って入ったものと思います。猫の糞にも悩まされています。
 近所の方も大変困っておられます。野良猫は保健所では動物愛護で、引き取ってもらえません。猫のダニ、ノミは、すごいですから何とかしてください。
 犬は登録制なのに、猫はいいのか分かりません。飼い猫は必ず登録制にしてほしいです。猫も噛みつきますから。
 多頭飼いのところの指導もお願いします。
 野良猫を増やさないように、何とかなりませんか。
 

 回答の内容


 ご相談いただきました件につきましては、大変お困りのことと思います。
 ご意見いただいた猫の登録制の件ですが、犬は狂犬病予防法に基づき、市が登録の手続きをして管理していますが、猫は接種対象動物でないため、登録制とはなっていません。
 また、多頭飼いをされている方への指導は、動物愛護法に基づき、島根県出雲保健所が行っています。なお、市に相談された場合で飼主が判明している場合は、現地に行き状況を確認したうえで、直接指導することもあります。
 今回、市にご意見をいただいたことについては、出雲保健所に伝えておきます。
 なお、野良猫対策として、市では超音波で猫を近づけさせないようにする装置「ガーデンバリア」の無料貸し出しを行っておりますので、必要な場合は環境政策課にご相談ください。

 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ