ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 高齢者・介護 >新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について【高齢者福祉課】

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険 >新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について【高齢者福祉課】

高齢者/介護

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について【高齢者福祉課】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入が減少し、一定の要件を満たす第1号被保険者(65歳以上)の人等は、申請により介護保険料の減免を受けることができます。
下記のとおり、対象者の要件の特例を設けました。

対象者

(1)新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った第1号被保険者
(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入の
   減少が見込まれ、次の(ア)(イ)の両方に該当する第1号被保険者
  (ア) 事業収入等のいずれかの減少見込額(保険金等により補てんされる金額を控除した額)が、
   令和元年の当該事業収入等の額の3割以上であること
  (イ) 減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下で
   あること

【新設】対象者(2)の特例として対象となるケース
 次の1又は2に該当するケースで、主たる生計維持者の新型コロナウイルス感染症による影響を受ける前後の収入を比較し、
3割以上の減少が見込まれる場合
 1 主たる生計維持者の令和2年のおもな収入の種別が、令和元年と異なる場合
 2 主たる生計維持者が令和元年の中途から就職・起業した場合
 

対象となる保険料

 令和元年度分と令和2年度分の保険料で、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限があるもの 
 

減免額

 ・対象者の(1)に該当する場合 全額免除
 ・対象者の(2)に該当する場合 対象保険料額 (A×B/C)に減免割合(d)をかけた金額を減免
   ◆対象保険料額=A×B/C
    A:当該第1号被保険者の保険料額
    B:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る
      令和元年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
    C:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額
    ※対象者の「特例により対象となるケース」の1の場合は、Bの「減少することが見込まれる事業収入等に係る
     令和元年の所得額」を「令和元年中の主たる収入に係る所得額」と読み替える。
   
   ◆減免割合=d
    ・主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額が200万円以下  :10分の10
    ・主たる生計維持者の令和元年の合計所得金額が200万円を超える:10分の8
    ※主たる生計維持者の事業の廃止や失業の場合には、合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の
     全部を免除。
 

必要書類

 ・減免申請書
 ・収入状況申告書(対象者の(2)に該当する場合のみ)
 ・
申請理由を確認できる添付書類
  ◆添付書類の例
  《対象者の(1)に該当する場合》
   ・医師の診断書等
  《対象者の(2)に該当する場合》
   ・主たる生計維持者の令和元年および2年中の収入状況が確認できる書類(収入減少の前後のもの)
    確定申告書、源泉徴収票、給与明細、会計帳簿、通帳の写し等
    (令和2年中の収入については、できるだけ直近の状況がわかるもの)
   ・事業の廃止・失業の場合:廃業届、退職証明書、離職票等

  ※申請書様式は、以下からダウンロードしてご利用いただけます。
   新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、郵送による申請にご協力ください。
   提出先 〒693-8530 出雲市今市町70 出雲市役所 高齢者福祉課

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部 高齢者福祉課
電話番号:電話番号:0853‐21‐6212
FAX番号:FAX番号:0853‐21‐6974
メールアドレス:kourei@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ