ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 > 食育 > 毎月19日は「食育の日」 >毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です 減塩生活のススメ

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です
減塩生活のススメ

塩分をとりすぎていませんか  ~減塩生活のススメ~

 
塩分をとりすぎることにより血液中の水分量(血液量)が増え、高血圧を引き起こします。高血圧の状態が長く続くと、心臓・脳・腎臓などの血管の壁が硬く、もろくなる動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、腎臓病など命にかかわる病気を引き起す可能性があります。減塩は生活習慣病の予防には欠かせません。

■1日の目標となる塩分摂取量は、男性7.5g、女性6.5g未満(日本人の食事摂取基準2020年版)
 平成30年国民健康・栄養調査結果によると、塩分摂取量は、男性11.0g、女性9.3gで目標量より多く摂取している状況です。

■おいしく減塩!
 塩分は、調理や食事の時のちょっとした工夫で減らすことができます。日頃から減塩を意識し実践しましょう。
 
 減塩の工夫

■野菜を積極的に食べましょう
 野菜に多く含まれるカリウムは、食塩に含まれるナトリウムの排泄を促す働きがあります。カリウムを多く含む野菜を食べましょう。1日の野菜摂取量は、350gが目安です(腎臓疾患等でカリウムの制限がある人は、主治医の指示に従いましょう)。

 野菜350gの目安
このページの
お問い合せ先
健康福祉部 健康増進課
電話番号:0853-21-6979
FAX番号:0853-21-6965
メールアドレス:kenkou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ