ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 生活困窮・生活保護 >新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業や失業により生活にお困りの方へ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業や失業により生活にお困りの方へ

   新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの方を対象に、特例貸付等の生活支援制度が実施されています。

1.緊急小口資金(特例貸付)(一時的な生活資金が必要な方【主に休業された方】)
 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の貸付を行います。 

対象者 市内に居住し、新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
貸付上限額 10万円以内(ただし、学校等の休業、個人事業主等の特例の場合は20万円以内)
貸付利率・保証人 無利子・不要
据置期間 1年以内
償還期限 2年以内
相談・申し込み先 出雲市社会福祉協議会
 緊急小口資金等の特例貸付にかかる周知動画(厚生労働省ホームページ)が作成されています。
 ※今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができるとされています。


2.総合支援資金(特例貸付)(生活の立て直しが必要な方【主に失業された方等】)
 生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。
対象者 市内に居住し、新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付上限額 単身世帯  :月額15万円以内 
2人以上世帯:月額20万円以内
貸付期間 原則3か月以内
貸付利率・保証人 無利子・不要
据置期間 1年以内
償還期限 10年以内
相談・申し込み先 出雲市社会福祉協議会
 ※今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができるとされています。

3.住居確保給付金(給付)
 休業等に伴う収入減少により、離職や廃業に至っていないが、こうした状況と同程度に状況に至り、住居を失うおそれのある方に対して、一定期間家賃相当額を支給します。 
対象者 市内に居住し、離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、離職等と同程度にある方
支給額 単身世帯:月額37,000円以内
2人世帯:月額39,000円以内
3人世帯:月額42,000円以内
支給期間 原則3か月
(求職活動を誠実に行っている場合で、支給要件に該当する場合は3か月延長可能(最大9か月)) 
支給方法 家主に対して支払い
支給要件 (収入要件)世帯収入合計額が以下を超えないこと
  単身世帯:11.5万円/月、2人世帯:15.4万円/月、3人世帯:18.2万円/月
(資産要件)世帯の預貯金の合計額が以下を超えないこと
  単身世帯:46.8万円、2人世帯:69.0万円/月、3人世帯:84.0万円/月
(活動要件)誠実かつ熱心に求職活動を行うこと など
相談・申し込み先 出雲市社会福祉協議会(23-3790)

4.「生活を支える支援策」厚生労働省
 厚生労働省により「生活を支えるための支援のご案内」リーフレットが作成されています。(ダウンロード参照)
   厚生労働省において「生活支援特設ホームページ」が開設されています。

5.市独自の支援策
 
市独自の支援策を実施しています。
   (1)生活資金支援給付金(給付)
 
(2)住居確保困難者支援給付金(給付)
 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部 福祉推進課
電話番号:0853‐21‐6962/0853‐21‐6691
FAX番号:0853‐21‐6598
メールアドレス:fukushi@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ