ページの先頭です。
ページの本文です。

新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別をなくそう【人権同和政策課】

 誰もが新型コロナウイルスに対する不安を抱えています。
 こんなときだからこそ、励ましと支え合いで安心して過ごせる社会を作っていきましょう。
 どんな場合でも、差別やいじめは許されません。
 感染者、濃厚接触者、医療従事者、その家族等に対する、SNSなどによる誹謗中傷や心ない書き込みなどは人権侵害にあたります。
 こうした偏見や差別は、受診をためらわせるなど、感染拡大防止を妨げます。

≪偏見や差別をなくすためには・・・≫
正しい知識を持ちましょう
 うわさ話やSNS等の無責任な情報をうのみにせず、国や県、市が発信する正確な情報に注目しましょう。

冷静な行動をしましょう
 自らの感染を防ぐよう行動するとともに、感染者を攻撃するような言動は絶対にやめましょう。

加害者にならないようにしましょう
 相手の立場に立って考え、不確かな情報を広めたり、差別的な言動に同調することはやめましょう。

感謝しましょう
 感染症の治療や拡大防止のため、また日常生活を支えるためにたくさんの人々が働いています。その人たちに感謝し、敬意をはらいましょう。

つながりを大切にしましょう
 家で過ごす機会が多くなります。家族など身近な人とのつながりを深め、安らぎの場としましょう。

相談しましょう
 困ったことがあれば一人で悩まずに、身近な人や各種の相談窓口に相談しましょう。


 法務省の人権擁護機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html

啓発チラシを作成しました。
ご自由にダウンロード・印刷して啓発にお使いください。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総務部 人権同和政策課
電話番号:0853-22-7506
FAX番号:0853-22-7502
メールアドレス:jinken@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ