ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(地域コミュニティの構築について)

受付日 令和元年(2019)
9月24日
回答日 令和元年(2019)
10月4日
担当課 自治振興課
 意見の内容

 
 コミセンは市が設置し、人件費や維持管理費を負担しています。それは何のためですか。
 しかし、コミセンは施設も職員もほとんで自治会(町内会)加入者を対象に仕事をしています。
 また、防災訓練も主にコミセン単位で実施されるため、町内会に加入していない人たちは防災・避難訓練が実施されていることすら知らないのが現実です。
 町内会加入率は40%台の地区が多数あります。
 「地域コミュニティの構築」ということが言われながら、半数以上の世帯がコミセンとはほとんど無関係となっている現状は、いかがなものでしょうか。
 市としては、町内会への加入を強制できないと言われていますが、ではどのようにして地域コミュニティを構築し、市民の安全・安心を確保する考えなのでしょうか。
 

 回答の内容

 
 安全安心な住民生活の確保、また、快適で暮らしやすい地域の形成は、地域住民すべての願いであり、市ではその実現に向けて様々な施策や行政サービスの提供に努めているところです。
 一方で、住民ニーズの多様化に応えるために、地域コミュニティが重要な役割を果たしており、その中心的な担い手となるのが自治会です。また、自治会のさらに広い範囲での地域活動を推進する組織が自治協会であり、自治会、自治協会それぞれの活動が、良好な地域コミュニティの維持につながっています。加えて、地域活動の拠点としての機能を持つコミュニティセンターの活用も、地域コミュニティに大きく関わっています。
 各地区自治協会においても、自治会活動に関心を持っていただけるよう、コミュニティセンターでの行事の場や小学校や幼稚園の保護者会等を通じて情報発信するなど工夫を凝らし、自治会未加入の世帯を含めて、地域活動に参加されるきっかけづくりに取り組んでいます。
 今後は、市、自治協会、コミュニティセンターそれぞれが連携を取りながら、啓発やPRなどに粘り強く取り組んでいくことで、地域コミュニティを支える自治会の充実を図っていくべきであると考えています。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ