ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(たかが挨拶、されど挨拶、地域活性の第一歩は挨拶から!!)

受付日 令和元年(2019)
7月10日
回答日 令和元年(2019)
7月26日
担当課 人事課
自治振興課
 意見の内容

 
 最近、町内を犬の散歩で朝歩いておりますと、知らない方々でも互いに挨拶をすると、笑顔が広がり、その一日が気持ちよく始まる気がします。朝、昼、夕に限らず、同じ地域に住む人同士が、挨拶をすることによって心の絆が生まれ始める気がします。出雲市全体で各コミセンごとに挨拶の大切さを再認識する手立てはないでしょうか?ご回答ください。それから、市役所1階にある売店でコーヒーを飲んでいて痛感したことですが、あそこの従業員さんが、大きな声であいさつしているのに、ほとんど市職員さんは、笑顔ひとつ見せず、何も挨拶も、声掛けもなく買い物をしていらっしゃいますが、公僕の態度として如何なものかと思いますが、市長さんはどうお感じでしょうか?
 

 回答の内容

 
 ご意見のとおり、挨拶を交わすことは、人と人とが心を通わせ、良好な人間関係を築くためにとても大切です。そして、そのことが、お互いを理解し合い、支え合う気持ちを生み、明るく住みよい地域づくりに繋がります。
 そのような認識のもとに、市内の各コミュニティセンターにおいては、すべての住民が進んで挨拶をするよう促すための様々な取組が行われています。また、コミュニティセンターの職員についても、接遇に関する職員研修等により、率先して明るく挨拶を行うよう意識の向上を図っています。
 今後も、それぞれのコミュニティセンターの取組を継続、充実させることで、挨拶が全ての地域に根づき、住民皆が心豊かに暮らせるコミュニティづくりに繫げたいと考えています。
また、市職員に対しては、笑顔ではっきりと挨拶するよう、職員研修などで日ごろから指導しているところです。
 これからも職場だけでなく、地域やあらゆる場面におきまして、市職員が挨拶を励行するよう指導を徹底してまいります。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ