ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(受動喫煙について)

受付日 令和元年(2019)
7月8日
回答日 令和元年(2019)
7月23日
担当課 人事課
管財契約課
 意見の内容

 
 この度改正健康法増進法にて7月より市役所は敷地内禁煙になったはずであるが?未だにタバコを吸ってる市職員を見かける、しかも分煙とは程遠く何人も喫煙所で吸っていると外に副流煙があふれでている状況、入り口への通路の隣に有るため、東口から入る時は望まない受動喫煙を否応なしにさせられてる状況である。そもそも喫煙は休憩時間なのだろうかと、市役所はそんなに度々休憩時間があるのか回答を求めたいと思う。しかも喫煙所の設置場所が健康増進課の目の前とは、ブラックジョークにしか思えない状況である。
 

 回答の内容

 
 健康増進法の改正に伴い、行政機関の庁舎については、令和元年7月1日から敷地内禁煙となりましたが、条件を満たした特定屋外喫煙場所を設置することが例外として認められています。職員だけでなく、来庁者で喫煙される方もいらっしゃるため、市役所でも特定屋外喫煙場所を設けています。
 特定屋外喫煙場所の条件としては、(1)喫煙をすることができる場所が区画されている、(2)喫煙をすることができる旨を記載した標識が掲示されている、(3)施設を利用する者が通常立ち入らない場所に設置されていることとされています。市役所の特定屋外喫煙場所については、これらを全て満たしており、出雲保健所にも確認をし、了承を得ています。
 職員の喫煙については、禁煙時間を設け、職務に支障をきたさない範囲で、喫煙場所でのマナーを守って利用するよう指導しています。今後もそうした指導を徹底していきます。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ