ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お役立ち情報 > 相談窓口 > 行政相談 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 届出・手続・申請 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 生活 > 税金 > 市民税 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 障がい者福祉 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険について > 保険料のご案内 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 保険・年金 > 後期高齢者医療保険 > 後期高齢者医療保険料のご案内 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > 手当・助成 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > ひとり親家庭支援 >上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

上場株式等に係る配当所得又は株式等譲渡所得について

1.上場株式の譲渡所得や配当所得で、所得税15.315%及び住民税5%が源泉徴収されているもの
  については以下の申告方法があります。

(1)申告しない。※所得税や住民税が源泉徴収されているため

(2)総合課税の配当所得で申告する。

   配当控除(税額から一定の金額を控除)が適用になります。

   源泉徴収された住民税を税額の計算に算入します。

(3)分離課税の譲渡所得・配当所得で申告する。

   配当控除はありません。源泉徴収された住民税を税額の計算に算入します。

   上場株式の譲渡所得や配当所得について、配当所得のプラスから譲渡所得のマイナスを引いたり、マイナスを翌年以降に繰り越したりす
   ることができます。⇒詳しくは税務署にお尋ねください。

申告する場合((2)、(3)の場合)

  *住民税の納税通知書が届くまでに申告しないと住民税の税額計算に算入できません。

  *源泉徴収された住民税額を申告書に記載してください。

  確定申告書の第二表、市民税・県民税申告書の裏面に、「配当割額控除額」「株式等譲渡所得割額控除額」の記載欄があります。

 

2.所得税と住民税とで異なる課税方式を選択することができます。

 例えば、所得税は(2)、住民税は(1)とすることができます。

 申告することを選択した場合、その所得を算入することによって、扶養に取れるかどうかの判定や、国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料、その他の制度などに影響が出る場合があります。
 なお、市役所では、どうしたら有利になるかという質問にはお答えできま
せんのでご了承ください。

 

異なる課税方式を選択する場合の手続き

 確定申告書を税務署に提出するとともに、住民税の納税通知書が届くまでに、市民税・県民税申告書を出雲市役所市民税課に提出してください。

<市民税・県民税申告書の記入方法・注意事項>

 住民税では申告しない上場株式の譲渡所得や配当所得(住民税が源泉徴収されているものに限ります)がある場合、それ以外の所得と全ての控除を記載してください。

 申告書裏面「15 上場株式等の譲渡所得及び配当所得で確定申告と異なる課税方式を選択する。」に☑してください。

出雲市ホームページからダウンロードし、入力される場合、入力欄がありませんので、お手数ですが、余白に「確定申告と異なる課税方式を選択する。」と記載してください。
住民税が源泉徴収されていないものは市民税・県民税申告が必要です。


市民税・県民税申告書 ← 申告様式はこちらからダウンロードしてください。

このページの
お問い合せ先
出雲市役所市民税課
電話番号:0853-21-6898(直通)
メールアドレス:shiminzei@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ