ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(市議会全員協議会について(1))

受付日 平成30年(2018)
2月1日
回答日 平成30年(2018)
2月14日
担当課

議会事務局、総務課、
広報情報課

 意見の内容


 平成29年度第4回出雲市議会における12月20日に開催された全員協議会は、各部長からの13件の報告の後で、まとめて6名の議員から意見・質問がありました。
 全員協議会では市政に関する最新情報を報告することとされていますが、議員だけではなく市民にとっても市政の最近の重要事項について知るうえで貴重な機会です。
 全員協議会について次のとおり改善願います。

1.各部長は説明の前に職氏名を告げること。
 半数の部長は職氏名を告げず説明されており、一般市民にとっては誰が発言されているのか分からない。

2.傍聴者への資料配布
 市長は報告事項について議員だけではなく傍聴者にも説明資料を配布すること。
 資料が全くないため一般市民にとっては口頭での説明だけでは分かりにくい。
 本会議の資料は膨大で傍聴者用に一定部数の貸出資料が用意されているが、全員協議会では概要版でも配布すべきである。

3.傍聴席の確保
 傍聴者はわずか6名であったが傍聴席はなく、通路に置かれている折りたたみイスを使用するような状況であった。3名の議員が途中で入退室されたが幅の狭い通路を塞ぐような形となり改善を要する。市民等の傍聴席を確保すべきではないか。
  

 回答の内容


 いただきましたご意見につきましては、出雲市議会事務局へ申し伝えました。
 議会事務局からは、「各部長へは、最初に発言する場合は、職氏名を述べてから発言するよう周知します。なお、2回目以降の発言については、議長が指名した後の発言となるため、職氏名を省略いたします。また、傍聴席の確保につきましては、 全員協議会は協議・調整の場であり、本会議や委員会のように「会議公開の原則」(地方自治法第115条第1項、出雲市議会基本条例第10条第1項)が適用されないため、原則公開すべきものとはされておりません。しかし、開かれた議会を目指している出雲市議会としては、限られたスペースの範囲内で柔軟に対応し、傍聴を認めています。傍聴される方にはご不便をおかけしますが、全員協議会室のスペースの問題もあり、十分な傍聴席を確保する事は難しいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと思います。」との報告がありました。
 なお、傍聴者への資料配付につきましては、本会議資料と同様に、次年度から傍聴者用に一定部数の貸出資料を用意する方向で、関係部局と協議します。全員協議会の資料につきましては、協議会終了後、速やかに市ホームページに掲載しております。
   

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ