ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(イベント誘致(AKB48総選挙)について)

受付日 平成30年(2018)
1月30日
回答日 平成30年(2018)
2月8日
担当課

文化スポーツ課

 意見の内容

 
 1年前のももクロさんコンサートの誘致を準備時間不足として断念されたみたいですから、今回の総選挙の公募はかなり難しいと思いますが、町おこしに関わる事ですので提言させて頂きます。
 6月16日土曜AKB 48総選挙があります、場所は公募制です。
 出雲ドームが立候補すればかなりの有力候補です。天候に左右されない大都市のドームは野球で難しいですよ。その他のドームで1万以上の人が入る所は数えるだけです。
 テレビ中継されます。フジテレビです。出雲駅伝もフジテレビです。
 官民挙げて、島根県に協力して頂いてもかなりの経済効果です。
 詳しくは過去のAKB 48総選挙を調べてください。特に2016年の新潟を新潟市、新潟県・JA・新潟交通その他見事なものでした。ぜひ検討を。

  

 回答の内容

 
 本市では、「本物志向と住民参加」をテーマに、芸術公演の招聘事業や自主制作事業を、年間をとおして「出雲総合芸術文化祭」として開催しています。
 今年度の招聘事業では、子ども向けのオペラ「森は生きている」や、野村万作・萬斎親子による狂言公演などを開催したほか、出雲フィルハーモニー交響楽団を中心としたコンサートや、県内外の保育所園児から高校生の吹奏楽、マーチングバンドが一堂に集う「出雲ドーム2000人の吹奏楽」をはじめとした、市民主体によるコンサートも実施したところです。
 本市の芸術文化事業の実施に当たっては、「21世紀出雲芸術文化のまちづくり条例」や、「出雲市芸術文化振興指針(第2次)」に掲げている「市民一人ひとりが身近に芸術文化に触れ、親しむことができる環境整備」や、「あらゆる世代の社会参加の促進」などを念頭に事業決定しています。
 今回ご提案いただきました「AKB総選挙」の誘致については、経済効果という一面では期待できるところもありますが、芸術文化振興施策としては、行政が主導して行う事業ではないと考えています。
 なお、主催者が発表されている開催地募集条件として、数万人収容できるスペースがあることや、数万人規模に対応できる宿泊施設があることなどが掲げられています。これに対して、出雲ドームの収容可能人数は約5,000人であることや、出雲市の宿泊施設の1日の受入可能人数も約5,000人であることを考えますと、周辺自治体の協力を得たとしても、物理的に困難です。
 今後も、多くの市民の皆さまが、芸術文化に触れる機会を創出するとともに、本市ならではの特色ある事業展開を進めていくよう努めたいと考えていますので、ご理解をお願いいたします。
 

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ