ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(修学旅行中の児童の死亡事故に対する関係教育職員の処分について)

受付日 平成30年(2018)
1月19日
回答日 平成30年(2018)
1月30日
担当課

児童生徒支援課

 意見の内容

 
 この件について、市教育委員会は修学旅行団団長であった市内小学校校長及び被害児童の在籍校教頭・修学旅行団副団長であった市内小学校教頭に対して、服務指導上の「文書訓告」を行いました。
 また、県教育委員会は、被害児童の在籍校校長に対して、管理監督責任を問い、平成29年6月27日付けで懲戒処分である「戒告」を行いました。
 しかしながら、私たち市民が見た場合、被害児童の保護者との間で和解が成立したとはいえ、児童の死亡事故が発生した重大事実が軽視された処分であると感じます。
 また、修学旅行前に保護者から相談があっていたことを考え合わせると、軽すぎる甘い処分であると言わざるをえません。
 服務指導上の「文書訓告」は懲戒処分ではなく、注意程度のものです。
 

 回答の内容


 出雲市教育委員会が行いました修学旅行団団長であった市内小学校校長及び被害児童の在籍校教頭・修学旅行副団長であった市内小学校教頭への「文書訓告」につきましては、県教育委員会が被害児童の在籍校校長に対して行った懲戒処分などを踏まえて総合的に判断して行ったものであり、適切であったと考えています。
 

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ