ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト〔パブリックコメント(意見公募)の実施時期について〕

受付日 平成29年(2017)
12月11日
回答日 平成29年(2017)
12月22日
担当課

広報情報課
政策企画課

 意見の内容


 出雲市DV対策基本計画、男女共同参画のまちづくり行動計画及び教育振興計画の策定に当たり実施されたパブリックコメントでは市民からの意見の提出期間は師走から年末年始を挟んだ1か月間となっていました。

 師走から年末年始にかけての1年で最も気ぜわしい時期と重なり、多くの市民にとって落ち着いてパブリックコメントの意見を考える気分にはならなかったと思います。
 3つの計画とも大変重要な計画であり市民の関心も高いと思われるにもかかわらず、意見の提出者はDV対策計画が3人、男女共同参画計画が5人、教育振興計画が4人と大変少ない結果となり、市には本気で市民の意見を聴く意思があったのか疑問に感じます。

 パブリックコメント制度により、市の基本的な政策等の策定に当たり、広く市民から意見を求め、これを考慮して政策等の意思決定を行うこととされています。
 出雲市には約70の中長期計画があり、計画期間の5年または10年が経過する前の計画更新の際に市民から意見を募集されますが、今後、それぞれの計画のパブリックコメントの実施に当たっては、市民が計画について落ち着いて考えることができるよう、少なくとも師走から年末年始を挟む時期は避けるべきです。
 

 回答の内容


 出雲市のパブリックコメント制度は、総合計画等の基本構想をはじめ、各分野における市政の基本方針や基本計画を定める際に、市民の市政への参加の機会を拡充することで、公正の確保と透明性の向上を目的として実施しています。
 実施に当たっては、それぞれの計画等ごとにパブリックコメントの必要性や募集期間の長短についても、その性格や内容に応じて個別に検討する必要があると考えています。
 パブリックコメントの実施時期については、市民のみなさまのライフスタイルが多様化しているなか、パブリックコメント実施にふさわしい時期についても様々なご意見があると思われるため、現時点では、一律に年末年始をパブリックコメントの募集期間から外すことは考えておりません。
 いずれにしましても、いただいたご意見を踏まえ、県や他の自治体の状況をみながらより良い制度を目指したいと考えております。
 

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ